売れる!集まる!セールスレターコピーライティング代行・代筆|HeartsN
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

コピーライティング上達には読書はNG?

本日は、コピーライティング上達には読書はNG?と言ったお話です。

コピーライティングと読書の関係

僕は、一切と言ってしまいますと言い過ぎですが、「基本的に読書はしない」ようにしています。

ここでいう読書とは、小説などのフィクションものではなく、ビジネス書や哲学書などの類です。

こういう類の本は、良いも悪いも影響を受けてしまいますので、「自分自身の本当の経験から来る答え」が出せなくなるんですよね・・・あと、本来持っている資質やセンスも

なので僕は、「読書はしない方が良い。気になる本があれば目次だけ読んで下さい。それだけでほとんどの本の内容は理解出来ます。目次を見て、どうしても気になる項目だけ読むようにして下さい。」とお伝えしております。

セールスコピーにおいての勝負は、8割がたヘッドコピーで決まります。

ヘッドコピーで8割決まる

それが魅力的で上手く訴求できていれば、セールスコピーの50%あたりまでは読んでくれるはずです。

ですので、目次だけで十分に勉強になりますし、目次の期待値を上回る本文なんてそんなにないと思うので、読むだけ時間の無駄です。

僕は、たまに本屋に行きますが、気になるタイトルの本を見つけると、目次だけを見て妄想します。

「こういう所から導入して行き、こんな展開になり、最後、こんな感じで締めるんだろうなぁ」なんて。変態の妄想癖かもしれません(汗)

セールスコピーってのは、何か(商品やサービス)を売るための文章なんですね。

本でいう所の「タイトル」であり「目次」、「帯」部分なんですよ。

こんな経験ないですか?

タイトルや目次だけ見て「おっ面白そうじゃん!」って買って帰って読んでみたら騙された・・・みたいな。その本は、セールスコピーとしては大成功なわけですね。

セールスコピーライターが学ぶのは、タイトルや目次だけで良いんです。

それを彩るレター箇所は、前回お伝えした「話術」で身に付けていくべきだと僕は考えます。

続く・・・

売れる!集まる!
セールスレターコピーライティング代行・代筆なら当社にお任せ下さい!
ご相談、お見積りは無料!まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)