売れる!集まる!セールスレターコピーライティング代行・代筆|HeartsN
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

コピーライティングを急速に上達する為に変な癖を付けてみる

本日は、セールスコピーライティングを急速に上達する為のテクニックの1つをお伝えします。

コピー ライティングを 上達する為の 変な癖

先日、このような内容を書きました。

「国語力は、文章や言葉を理解する能力をアップさせますが、セールスレターのコピーライティングを上達させるには、話術を鍛える事です。」
と。

「じゃぁ話術って、どうやって鍛えるの?」って話になりますが、表情とかね、目線とかね、区切りとかね、スピードとかね、そんな1つ1つが重要なんですが、これは見せ方や耳触りなどの話で、ここでは噺家さんを目指す指導をしているわけではないので、セールスコピーライティングを上達させる最初の1歩としては必要ありません。

もちろん、ゆくゆくは必要になります。

まずですが、「わざわざ表現方法を変えてみる」事だと思うのです。

例えば
3日を72時間に変換する。

例えば、今日から“3日”と言う表現は一切使わずに“72時間”に置き換えるなどです。

どんな感じで使うかと言いますと、「3日以内に返事します」を「72時間以内に返事します」に変えるだけで、相手が受ける印象や影響、自分の発想なども変わって来ます。

「思考を変えれば習慣が変わる、習慣が変われば生活が変わる。生活が変われば人生が変わる。」

僕の大好きな言葉にこんな言葉がありますが、その手前に「表現を変えれば思考が変わる」ってのもあると思うのです。

これは簡単な例なので、3を72に変える以外にも色々とあると思います。

「昨日」って表現を「10時間前」とか、単純に「明日」と表現すれば良い所を「10時間後の正午」とか、そこまで変な言い回しにしなくても「明日の正午過ぎ」と具体的な時間帯を付け加えるだけでも変わって来ます。

ルー大柴さんみたいに所々に英語を入れたりするのも良いかもしれません。

ルー大柴さんは、あの表現を取り入れる事で先輩に対しても低姿勢をしなくてもOKみたいなキャラが確立できたと思うのです。

ちなみに最近の僕は、今までメールやセールスレターを書く際、自分自身の事を「私」と表現していたのですが、1年ほど前から「」と表現するようにしました。

その事でどう変わったかと言いますと、「より断定的な表現が出来るようになり」「意思表示もしやすくなり」「相手に対して良い意味で感情の句読点を打てている」ようになったと思っています。
さらにこれを「自分」と表現する事で「硬派」なイメージになると思います。

勝ち負けを表現する時でもそうです。

  • 「あなたの勝ちです」
  • 「私の負けです」

これ同じ意味なんですけどね、どっちを主人公にするかで自分への影響と相手への影響も変わって来ます

例を挙げるときりがありませんが、どのように表現方法を変えるかは自分自身で考えて頂き、1か月で良いので、わざわざ表現を変えてみて下さい。

僕は、変な癖を付けてみる事がセールスレターのコピーライティングの急速な上達方法の1つでもあると考えます。

売れる!集まる!
セールスレターコピーライティング代行・代筆なら当社にお任せ下さい!
ご相談、お見積りは無料!まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)