売れる!集まる!セールスレターコピーライティング代行・代筆|HeartsN
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

コピーライティングに国語力や写経は必要か?

本日は、コピーライティングを行う上で国語力や写経が必要か?と言ったお話です。

国語力・写経は必要?

セールスコピーライターにとって、セールスライティングスキルを上げるには、国語力のアップや写経が必要とされていますが、それは本当なのでしょうか?

多くの指導者の方は、コピーライティングを行うには、国語力や写経が必要とおっしゃります。

もちろんこれは、他人の意見を否定するものではなく、あくまでも僕が意識しているもので、僕の経験上での話ですので、参考にして頂き、ご自身の答えに結び付けて頂ければ幸いです。

まず、国語力については・・・

ウソ!

と意識しています。

「認識」ではなく「意識」です。

最近、セールスコピーライティングの件で、色々とご相談を頂くのですが、みなさん共通して、根本的に間違っている事があるんですよね。

文章が上手い=国語力がある

と思われていて、

「魅力的な文章を書くには、国語力をアップする必要があるので、読書をする必要がある」

なんて思われているんですよね。

それ、誤解ですよ。

国語力は、文章や言葉を理解する能力をアップさせますが、セールスコピーライティングそのもののスキルはアップしません・・・(汗)

つまり読書は、

読解力

を高める為に必要なだけですね。

さらに言いますと、セールスコピーライティングに必要なボキャブラリーも豊富にはなりません・・・

では、写経についてはどうでしょう?

セールスレターの写経について

それもウソ!と僕は断言しております。

間違ったティーチャー気どりの人が

「セールスレターを上達させるには、売れているセールスレターを写経すべし!」

みたいに言う人もいますが、これは大間違いで信用してはダメです。確かに写経すると、意味や流れは把握出来ますが、上達はしません・・・

時間の無駄です。

そんなの真に受けてやっていたら、腱鞘炎になります(笑)。現実問題として、セールスライティングは文章力ではないので、「書く」だけでは上手くなりません・・・汗

コピーライティングを上達させるには、

「話術」

を鍛える事です。

相手を納得させる話術

ここで言う「納得」とは、理解させるなどの表面的な部分ではなく、感情の部分です。

  • 相手を笑わせる
  • 相手を泣かせる
  • 相手を怒らせる

為の話を文章にして、実際に声に出して喋ってみる事です。

声に出して話す

実際に声に出して喋る事で、自分の作った文章に無駄がある事に気付きます。

感情が入りますので、句読点の打ち方も変わります。
単なる文章では不必要と思われる「繰り返しの文章」を入れるポイントにも気付きます。

セールスコピーは、文章でなく、お手紙です。

セールスレターは大切な人へ書く手紙のように

手紙は、文字ではなく、話です。
(今、感覚的な話をしています)
ですので、文字に感情やリズムが加わらなければ「話」となりませんので、喋ってみる必要性があるのです。

一度、ご自分で書いた文章を相手(ターゲット)に話しかけるように声を出して読んでみて下さい。

10回読めば、何かに気付き始めます。

次回は、「読書してはいけない理由」についてお話したいと思います。

売れる!集まる!
セールスレターコピーライティング代行・代筆なら当社にお任せ下さい!
ご相談、お見積りは無料!まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)