兵庫県西宮市の最強集客&売り上げアップ実現のランディングページ(LP)制作|HeartsN
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

僕なら美容院のランディングページ制作(LP制作)ならこう作る

経営していない人には分かりませんが美容院の廃業率は結構高い数値を記録しています。それだけ多くの美容院が生まれ、消えていったということです。このことを考えると生き残りたければ本気で集客を考えなければいけません。

その集客として利用できるのがランディングページという存在です。

しかし売れるようにする、売り上げアップを目的にしたいのであれば適当に制作しても集客はできません。売れるようにしたいのであれば、ランディングページ制作、LP制作も相応の努力をする必要があります。

1. 制作の目的は

美容院でランディングページ制作、LP制作をする目的は当然集客のためです。

しかし店舗の大きさによっては一方でスタッフ不足に悩まされているというケースもあると思います。その場合は集客だけでなくランディングページを通じて求人募集し、スタッフを集める目的もあるのです。

他にも美容院によっては美容に関するアイテムを販売しているところも少なくないでしょう。そうしたところは商品の宣伝場にもなり、売れるようにしたり売り上げアップへ繋げることもできるのです。

2. ターゲットについて

美容院はどのような年齢層も利用する施設です。そのためターゲットを考える必要はないかという考えもあります。実際にターゲットを絞らない方が様々な客が来て、結果的に売り上げアップに繋がるということもあるのです。

しかし一方でターゲットを絞らずにいると、どっちつかずとなって結局誰の心にも響かないランディングページができてしまう可能性もあります。

ランディングページ制作、LP制作の目的は集客なので、それができないと制作する意味がありません。ターゲットを絞り込むとその分集客で知り、訪問する客も減ってしまいます。

しかし絞り込めばランディングページ制作、LP制作だけでなく美容院の雰囲気作りもそれに合わせて絞ることができるのです。そうすればリピーターを制作して結果的に売れるようになったり、売り上げアップを狙うことが可能となります。

ターゲットの絞込みはランディングページ制作、LP制作よりも美容院を開業する前にしておくべきことです。自分がどのような美容院にしたいのかを考えて、そこからターゲットを絞りランディングページ制作、LP制作をしていきましょう。

3. 競合相手を考える

冒頭で書いたように美容院は多く生まれて消えていきました。多く生まれるということはその分ライバルが多く存在するということです。ランディングページ制作、LP制作をするのであればこのライバルにどう立ち向かうかがポイントとなります。

どうすればいいかは当然そのライバルがどのようなランディングページ制作、LP制作をして集客しているかを参考にしましょう。

ここで被ってしまうと後進であるこちらの方が印象を薄くしてしまい、集客の効果に期待できなくなってしまいます。参考にするのはもちろん、ライバルと被らないように差別化をする必要があるのです。

4. 技術を見せよう

始めて美容院を訪れた方は「この美容院はしっかりやってくれるだろうか」という不安を持っていることが多いです。実際に施術も何も見たことがない美容院であれば、そのような不安を持つことは当然といえます。そしてそれは客足を遠のけてしまう原因にもなり、逆に対策ができれば集客できる可能性も高くなるのです。

 技術を動画で見せる

不安を払拭し集客したいのであればランディングページに施術をしている動画を掲載するといいでしょう。

動画であれば施術を動きで見せることができ、実際に「ここの美容院はこのようにしている」とアピールすることができます。その上で施術を「魅せる」ことができれば、客の意欲も出てきて足を運んでくれる可能性が高くなるのです。

しかし一方で動画はページに負荷を与える存在で、あまり多く載せるとその分アクセスに影響が出てしまいます。全て掲載するのが容量の問題で難しい場合は、代表的なのを掲載するといいでしょう。ちなみに動画は自動再生をするように設定できますが、しないようにしましょう。

一度に複数の動画を自動再生すると、それこそ負担を大きくかけてしまいページが重くなってしまうのです。それだけでなく集客で来た訪問者の環境にも負担を与え、結果的にランディングページの印象を悪いものにしてしまいます。

5. 施術したことによる髪型を見せる

技術だけでなく施術した後にはどう髪型が変わったか、という実例を見せるのも効果的です。その際には訪問してくれた客、もしくはモデルの方に頼んで掲載させてもらうといいでしょう。

ここで女性を主体に写真を掲載した場合は「女性向け」の美容院というアピールをすることもできます。逆に男性の髪型を多く掲載すれば男性向けの美容院とアピールできるので、男性をターゲットにする方はそうするといいでしょう。

6. ページのデザインについて

美容院は名の通り、美容のために訪問する施設です。そこを考えればランディングページもそれらしくデザインを飾り付けるようにしなければいけません。

しかし一方でやり過ぎると見難くなってしまい、ランディングページとしての機能を損なってしまいます。見やすい文章にすることを前提にして、そこから文章が被らないように飾り付けをしていくといいでしょう。文章も単なるフォントではなく独自のフォントを利用するとよりデザイン性が強まります。

それと見やすいというのはパソコンで見ただけでなく、スマートフォンで見てもそう思えるようにしましょう。今の時代スマートフォンを所持している方は多く、美容院の情報もスマートフォンで見る人が多いです。スマートフォンで見ておかしな表示になってしまえば、それだけでマイナスイメージが付いてしまいます。

そのことを考えるとパソコンで確認するより先にスマートフォンで優先して確認した方がいいかもしれません。

7. キャンペーンについて

人というものは期間限定、時期限定といった限定という言葉に弱いことが多いです。そのためランディングページ制作、LP制作をする際には何かしら限定をしたサービスのキャンペーンを掲載するとより集客しやすくなります。

伝えられなければ意味がないのでキャンペーンは大きく掲載するといいでしょう。

しかしランディングページ制作、LP制作とは少し話が外れますがキャンペーンは無理をしてやると美容院の負担が大きくなる存在でもあります。それが原因となって廃業してしまう危険性もあるので、見栄を張って大きなキャンペーンをするより身の丈に合ったキャンペーンをした方がいいです。

集客に強い売り上げアップWEB制作、ホームページ制作なら当社にお任せ下さい!ご相談、お見積りは無料!まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)