兵庫県西宮市の最強集客&売り上げアップ実現のランディングページ(LP)制作|HeartsN
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

売れるLP制作に必要な5つの条件とは?

ランディングページを制作する際には、誰しもユーザーの反応が良く、売れるものを作りたいものです。それでは売れるランディングページの条件とはなんでしょうか?今回は売れるLP制作の条件を5つにまとめて紹介していきます。

条件1.小さくテストを繰り返す

売れるLPは、一度の制作で簡単に作れるものではありません。ユーザーの心に響くものを作るためには、何回もテストを繰り返しながら最適なものを作り上げていく必要があります。

その際のポイントは、小さくテストを繰り返すということです。いきなり大きな費用をかけて作成するのではなく、最初はできるだけコストを抑えてテストを繰り返すことが良いでしょう。

何度もテストし、試行錯誤と改善を繰り返すことで、売れるランディングページが出来上がっていきます。一番良いのは、ユーザーに直接聞いて情報を集めることです。どこが良くて、どこが悪いのか?なぜ購入しなかったのか?を聞き出し改善をしていけば、自然と売れるLPができていくでしょう。

すべての答えはユーザーが持っている、ということをしっかりと認識することが大切です。

条件2.総合的に考える。

ランディングページは市場リサーチ、広告、Webマーケティング、コピーライティング、webデザイン等、様々な知識やスキルが必要とされます。

自社にそれらのリソースがない場合は、外注を上手く活用しながら総合的に考える必要があります。特にLP制作の要である、Webマーケティング、コピーライティングは特に重視していく必要があるといえるでしょう。

いざ作成する時になって人材を探すのでは、時間がかかってしまいます。日頃から、自社にマッチした人材を探しておくことに時間や費用を投資すべきでしょう。

条件3.いきなりセールスはしない

ユーザーはいきなりセールスされることを嫌がります。よって売れるLPとは、いきなりセールスをするのではなく、ユーザーの認知と信頼を勝ち取るために、教育型コンテンツにする必要があります。

ユーザーに対して、価値ある情報を提供し、ユーザーの感情に訴えかけながら、自社の商品やサービスを自然な形で購入してもらえるように、構成を考える必要があるのです。

構成の順番を考える

売れるLPは構成がよく考えられています。どれが正解というのはありませんが、すでに成果の出ているものには特徴があります。

一例としては次の流れです。「キャッチコピー→興味、関心付け→問題提起→共感→納得、信頼→商品説明→効果、実績証明→クロージング」の流れです。売れないLPは、最初の方でいきなりセールスをしてしまうケースがよくあります。

これでは、余程のリピーターではない限り、ユーザーはすぐにページを離れてしまいます。先ずユーザーの役に立つ、悩みを解決することのできる価値を先に提供することが重要なのです。

ランディングページではフロントエンドを

LPでいきなり高額商品をセールスすると、上手くいかない場合があります。もし閲覧者が初めてサイトを訪れるユーザーであれば、無料サンプルや無料資料請求、低価格のフロントエンド商品のオファーをしていきましょう。

フロントエンド商品で効果を実感してもらい、その後高額のバックエンド商品につなげる方が、結果的には成果が出るケースが多いと言えます。

その際も、低価格だからといって低品質なフロントエンドでは結果を出すことはできません。低価格だからこそ、最高の品質を先に持ってこなくてはいけません。

もし無料オファーだったとしても、ユーザーに「こんなにすごいものを無料でもらっていいの!?」と、驚きと感動を与えるものを先に提供することがポイントなのです。

条件4.商品への不安を取り除く

ユーザーが商品やサービスに関心を持ってくると、次は「本当に大丈夫かな?」「品質や効果は大丈夫かな?」と、アクションを起こす前に不安を感じ始めます。

そこで、その不安を取り除くような文章や画像、顧客の声などを載せることが大切です。販売数や商品の実績などを掲載することも有効でしょう。

ユーザーは、商品を直接手にとって見ることができないので、まるでユーザーが商品に触れて、五感で細部までイメージできるくらいに商品の内容や情報を具体的にすると、そのあとの行動が取りやすくなります。

さらに、ユーザーが商品を使用した後、どんな結果が得られるのか?も、まるで実際に体験したかのように、細部にわたって五感に訴えかける表現をしていきましょう。

条件5.Q&Aを工夫する

Q&Aは、ユーザーの不安を取り除いたり、信頼感を高めアクションを起こさせるためにはとても有効です。ありきたりなQ&Aばかりではなく、具体的にユーザーが聞きたい内容にも、しっかりと答えていきましょう。

特に、支払いや決済方法の説明などは、具体的に触れた方が良いでしょう。その際は、簡単にシンプルに記載すると、ユーザーがイメージしやすく、行動を起こしやすくなります。

例えば、

  1. 以下のお申込みボタンをクリックして、お名前とメールアドレスを記入してください。
  2. すると、すぐにメールアドレスにお支払い情報と決済方法に関してのご連絡がいきます。
  3. 決済手続き後、24時間以内に、商品がご自宅に配送されます。

などわかりやすく、3ステップくらいで記載しておけば、ユーザーがイメージしやすくなります。

まとめ

売れるLP制作の条件は、一度でできるものではなく、何度も小さくテストを繰り返し、ユーザーに直接聞きながら作成すると良いものができます。

そして、マーケティングやデザイン、コピーライティングや広告など、様々な観点から良い人材を日頃から準備しておく必要があります。

すぐに高額商品をオファーするのではなく、無料もしくは低価格のフロントエンドをオファーし、ユーザーの不安を解消するようなQ&Aも充実させる必要があるといえるでしょう。

常にユーザーを第一に考慮して制作することが、売れるLPの条件であることは言うまでもありません。

集客に強い売り上げアップWEB制作、ホームページ制作なら当社にお任せ下さい!ご相談、お見積りは無料!まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)