兵庫県西宮市の最強集客&売り上げアップ実現のランディングページ(LP)制作|HeartsN
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

僕なら寿司屋のランディングページ制作(LP制作)ならこう作る

日本の伝統的な料理である寿司。それを主体に取り扱う寿司屋は現在でも人気があり、チェーン店も展開されています。

しかしチェーン店が展開されているということはそちらに客が取られているということも意味するのです。もしこれから寿司屋を始めようと考える場合それらを相手に集客をしなければいけません。

そんな時代なので寿司屋でもランディングページ制作、LP制作をするのは重要です。

制作の目的は

他の飲食店と同じように寿司屋のランディングページ制作、LP制作は

「認知してもらい、訪問してもらう」

ことが目的です。

認知、訪問してもらうには寿司屋の場所を始めとしてこだわり、メニューの利点を詰め込まなくてはいけません。寿司屋によってはテイクアウト、通販で寿司の提供をしているところもあるでしょう。

どんな客に訪問してもらいたいか

寿司は特定の層に好き、というものがなく老若男女問いません。それ故にどの年齢層にも対応できるランディングページ制作、LP制作をしようとするところもあるでしょう。実際に幅広く訪問してもらいたいのであれば、それも間違ってはいません。

しかし売り上げアップを考える場合は単に「色々な人」と曖昧にするよりも

「このような立場の人に来てもらいたい」

とした方がいいこともあります。

子供・家族をターゲットに

例えば子供が好きなメニューを扱っている場合は子供をメインターゲットにできるので、子供が訪問したくなるメニューをアピールしていく、といった具合です。子供が来るということは家族連れがターゲットになるので、そのような家族が来ても安心とされるアピールをするのがいいかもしれません。

デート先として

他にも男女のデート先として来てもらいたいと考え、メニューだけでなくスポットとして最適と感じてもらえる店の雰囲気をアピールするのもいいでしょう。

お酒が好きな方をターゲットに

良い酒を取り扱っている場合は酒が好きな方をターゲットにできます。

しかし一方で酒好きとなれば酒にはうるさくなる可能性が高いので、ランディングページでは酒に対する情報をふんだんに掲載する必要があるのです。

 

メインの寿司はどうするか

寿司屋の顔は当然寿司です。寿司に関する情報をランディングページに掲載しない寿司屋はまずないでしょう。

「寿司があるのは当たり前なので、そこまで情報がなくてもいい」という考えは集客された客を逃すことになり、売れるものも売れなくなってしまいます。

一言で寿司といっても寿司のネタは様々です。

そうなるとその寿司のネタはどのような物を使っているのか

がアピールするポイントになるでしょう。

魚介類であれば「○○で獲れた」といった具合です。しかし本当に「○○で獲れた」で完結していると「だからどう凄いのか?」と客に感じ取られてしまいます。そのため「○○で獲れた、だからこの魚介類は○○で美味しい」というように付け加えるといいでしょう。

>寿司の美味しさを決めるのはネタだけでなくご飯、シャリも同様です。

ネタと違い、シャリはどのような種類の寿司でも使うことになります。それは寿司を食べに来たのであれば誰の口にも入るということです。自分の寿司屋が扱っているシャリはどう凄いのか、使っている米から製造法も含めてアピールするようにしましょう。

サイドメニューのアピール

最近では寿司屋といっても、全て寿司で勝負しているというわけではありません。現に回転寿司等の場合、子供は寿司よりもデザートとして流れてくるプリン等が好きということもあるのです。

寿司屋なのに寿司が一番ではないというのは何とも言えませんが、それでも特定のメニューを目当てに客が訪問してくれているのは変わりありません。

実際にそれが売れることで寿司屋としての売り上げアップに繋がることもあるのです。

チェーン店によっては寿司以外のサイドメニューを寿司よりもアピールしているということがあります。最もこうした背景には「寿司だけではやっていけない」という時代の流れもあるのでしょう。

寿司以外のサイドメニューを取り扱っている場合はそれもランディングページでアピールするといいでしょう。寿司屋の主役は寿司ですが、だからとサイドメニューのアピールに手を抜くとそれは店自体の手抜きを疑われることになります。サイドメニューでも「これは○○で作っているので他にも負けない」というようにアピールしていくといいです。

一方でサイドメニューばかりのアピールになると「寿司の方は大丈夫なのか」と集客された訪問客を不安にさせてしまいます。サイドメニューは寿司のついでにアピールする存在です。偏りすぎて主役をおざなりにしないよう気をつけましょう。

寿司のコース

寿司屋といえば寿司を単体で出すのではなく、コースとして出すのが定番になっています。

このコースは寿司屋として大きなアピールポイントになる存在です。

コースの詳細に関してランディングページに記載しておくといいでしょう。もちろん記載するためにランディングページ制作、LP制作をする前にコースの詳細に関する情報の整理を忘れないようにしておいた方がいいです。

価格、セットとなる寿司ネタ、時期による変化と情報は様々なものとなります。時間帯や季節による変化は「この時に来ればこうしたものが食べられる」というアピールにすることができるのです。

掲載する画像について

他の飲食店と同じように画像はメニュー、特に寿司屋なので寿司を掲載することになります。単体で掲載するか、まな板に乗せてセットのを掲載するかは寿司屋次第です。

しかし実際に寿司の画像を掲載する場合は、全体像が見えるようにするといいでしょう。例えば寿司を真上から写してしまうとネタにシャリが隠れてしまいます。そうなるとシャリのアピールを文章でしていたとしても「本当にアピールできる代物なのか」と集客で来た客にいらない不安を抱かせてしまうのです。

基本的に寿司は横から写すことになります。そうすればネタもシャリも見せることができ、両方を魅せることができるのです。

魚介類をネタとして利用することで、その魚介類を画像として掲載するのもいいでしょう。魚の姿そのままであれば新鮮さを、切り身であれば美味しさをアピールすることができます。

もちろんどちらも見せ方によっては逆効果となるので、変な写り方をしないようにしましょう。

雰囲気を気にする場合は店内の様子を掲載するといいです。こちらも限られた部分を見せるより、全体を見せれば開放的で雰囲気を感じ取りやすくなります。

住所と連絡先も忘れずに

他の飲食店と同じように、訪問先が分からなければ集客で訪問した客も行きようがありません。住所だけでなく地図も掲載して誘導するようにしましょう。

予約や何か質問を受け付けるための連絡先も掲載しておいた方がいいです。もちろん営業時間と定休日も忘れないようにしましょう。

WEBサービスソリューションに関するご相談なら
まずは気軽にお問い合せ下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)