SEO外部対策(被リンク対策)の重要性|HeartsN
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

SEO外部対策(被リンク対策)の重要性

当ページでは、SEO対策における外部対策(被リンク対策)の重要性についてお話しします。重要性が理解出来れば、どのようにして外部対策を講じていけば良いのかも自ずと見えてくるはずです。本文中では、外部対策の根本的な間違いについてもお話ししております。

SEO外部対策とは・・・

SEO外部対策

WEBサイト内の充実を内部対策と言いますが、その逆で外部からWEBサイトの評価を高めるための施策を外部対策と言います。つまり簡単に言いますと、「運営するWEBサイトに他サイトからのリンクを集める対策」となります。外部SEO、被リンク対策、外部リンク対策、バックリンク対策など呼び方は様々ですが、全て「リンクを張ってもらう」と言う意味合いです。

SEO外部対策の意味合いとして・・・

外部からリンクされると言う事は、多くの方から評価されている」と言った意味合いがあり、「周りからの評価=WEBサイトの評価」として、SEO対策には外部対策が重要とされています。しかしながら、それを逆手にとって多くのリンクを受ければ受けるほど良いと無駄にリンクだけを稼ぐWEBサイトが増えて来ましたので、被リンクがSEO対策として有効とされていたのは、一昔前の事です。むやみに被リンクを受けるとスパムリンクと判断されてしまい順位が大幅に下がる場合があります。

そんな危険なリスクを冒すわけにはいきませんので、最近のSEO対策は、ノーリンクSEOと言い、被リンクを一切受けずにWEBサイトの充実を計りながらドメインパワーを付けて行く施策へと変わって行っております。そのような事をコンテンツSEOと呼びます。つまり、WEBサイト内に関連ページを増やして行き、WEBサイト自体に力を付るという事です。

WEBサイトのコンテンツ充実

SEOの前提として、「いかにユーザーにとって役立つ有益な情報が掲載されているか?」が基本とされており、それを「検索エンジン(クローラー)に分かりやすいように構成されているか?」が上位表示される際のポイントになります。

ですので、SEO対策を行う上で一番重要なのは、「WEBサイトの充実」です。

しかしながら、それだけでは100%の評価が出来ないわけです。やはり何事でも判断する上での材料は「評判」ですね。すごく親切で優しい人がいたとします。でも、周りからの評判が最悪なら、その人は、実際には良い人でも「悪い人」と評価されてしまいます。WEBサイトの評価も人を評価する判断基準を取るわけです。「周りからの評価=WEBサイトの評価」、つまり有効な被リンク数です。

すみません・・・後半のアンダーライン部分はウソです。

では、SEOから見て「有効な被リンク」とは、どんな被リンクを指すのでしょうか?

結論から言いますと、世に広まっている考え方を基本とするならば、有効な被リンクなど存在しません。また、少し言い過ぎになりますが、無効な被リンクも存在しません。つまり被リンクは、上位表示させる為の施策ではないと言う事になります。

被リンクの有効性

それが証拠に実際に被リンクをほとんど受けていないサイトが上位表示されていたり、数多く受けているサイトが上位表示されていないケースが数多く見受けられます。そもそも、SEO外部対策における被リンクの意味合いが間違った形で世の中に広まってしまったのではないかと思います。結論から申し上げますと、被リンクが重要な理由は、「周りからの評価=WEBサイトの評価」などではなく、被リンクはクローラーの巡回を促すから重要なわけです。

「サイトA」にあなたのWEBサイトの紹介(リンク)があったとします。検索エンジンのクローラーが「サイトA」を巡回しました。クローラーは、「サイトA」を経由し、あなたのWEBサイトを巡回します。その繰り返しでクローラーは、ありとあらゆるサイトを巡回して回ります。

クローラーの巡回

検索上位に表示される為には、まず、WEBサイトの情報を検索エンジンにインデックスされる必要があります。そして、良質なページの情報が適切にインデックスされていなければいけませんね。また、適切にインデックスされる為には可能な限り頻繁にクローラーに巡回してもらわなければ、ページの更新や充実などもGoogleに知って貰えないわけです。定期的に評価してもらえないわけです。クローラーが頻繁に巡回してくれるようになると、コンテンツがユーザーの観点から見ても、SEOの観点から見ても良質に作られていれば、検索順位はすぐに上がります。逆にいくら頻繁にクローラーが回って来てもコンテンツの質が低いと検索順位は上がりません。上がるどころか下がる場合もあります。

これが外部対策の意味合いであり、被リンクの必要性なわけです。

これらを「周りからの評価=WEBサイトの評価」と、多くのSEO業者が誤った形で捉えてしまい、無駄に被リンクだけを増やす事をしてしまった事で「むやみに被リンクを受けているサイト」がペナルティを受けるようになってしまったのです。ですので、被リンクは、ナチュラルリンクとクローラー巡回用に1~2個程度あれば十分なわけです。クローラー巡回用被リンクをご希望の方は、当サイトのNewsTopic内でコンテンツ記事(最低2,000文字保証)を掲載しますので、気軽にお問い合せ下さい。

一度、当社のSEO対策に触れてみませんか?

9月24日中にお問い合わせ頂ければ
初期費用完全無料で施策させて頂きます。

SEO対策コンサルティングならHeartsNにお任せ下さい!
業種や地域に合わせた繊細な提案を致します。
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)