SEO内部対策の重要性|HeartsN
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

SEO内部対策の重要性

SEO内部対策の重要性

検索エンジンの仕組み

Yahoo!やGoogleなどが使用している検索エンジンは「クローラー」と呼ばれるロボットを使用して、インターネット上のリンクをたどって巡回させ、ページ情報を収集していきます。収集したページ情報の中から下記内容をチェックします。

  • 検索キーワードに対する有益な関連情報(テキスト情報)がどのくらい含まれているか?
  • キーワードの位置はどこか、キーワードの文字は強調されているか?
  • いつ更新されたか?
  • まめに更新されているか?
  • どんなページからリンクが張られているか?

など、大きく分けると5つの項目で判断してページに順位を付け、検索結果に表示する仕組みになっています。

テキスト文しか収集できない「クローラー」を意識する

テキスト文しか収集できない「クローラー」を意識する

クローラー」はロボットですから、基本的に画像やflashなどの内容を読み取る事ができません。その為、「クローラー」はテキスト文に含まれたキーワードの質や量の統一性や関連性を考えて収集しています。これがアルゴリズムに関わる部分となります。

例えば
「スィーツ」の通信販売を行っているWEBサイトであれば、「扱うスィーツの種類」、「扱うスィーツの歴史」、「扱うスィーツへの拘り」「扱うスィーツに合うドリンク」・・・など「スィーツ」というキーワードの関連情報をWEBサイトに掲載し、WEBサイトの充実をしてまいります。その情報量と質を向上させることにより、「このWEBサイトは、スィーツに関連する優良サイト」と「クローラー」は評価します。見えないお客様に何を伝えたいか?何か知りたいと思っているか?顧客を想像しながらWEBサイトを制作する事が重要です。

内部対策の優先順位

SEOの内部対策は、様々な視点で対策を講じる必要性があり、様々な要因が挙げられますが、残念ながら全ての対策が有効とは限りません。例えば、「スィーツ」というキーワードをページ内に入力していても、ページタイトルに「スィーツ」というキーワードや関連情報が記載されていなければ、残念ながら効果は低くなってしまいます。
その事を考慮し、検索エンジンがWEBサイトのどの部分に関連キーワードが入っているかを示す意味でも有効なHTMLタグというものが存在します。最低限、これらを抑えておく必要性があります。

SEO対策の重要HTMLタグ一覧

タイトルタグ <title>キーワード</title>
見出しタグ <h1>キーワード</h1>
<h2>キーワード</h2>
<h3>キーワード</h3>
<h4>キーワード</h4>
<h5>キーワード</h5>など
メタタグ <meta name=”description” content=”キーワード” />
強調タグ <strong>キーワード</strong>
<em>キーワード</em>など
画像タグ <img src=”画像URL” alt=”画像説明文” />

これらをきちんと入れる事によって、「このWEBページには何が書かれているのか?」をクローラーに示す事が出来ます。

一度、当社のSEO対策に触れてみませんか?

11月17日中にお問い合わせ頂ければ
初期費用完全無料で施策させて頂きます。

SEO対策コンサルティングならHeartsNにお任せ下さい!
業種や地域に合わせた繊細な提案を致します。
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)