サイトマップの重要性|HeartsN
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

サイトマップの重要性

サイトマップとは、WEBサイトの訪問者や検索エンジンのクローラーに、WEBサイトの全体ページの情報を伝える「ナビゲーション」となります。

サイトマップ

サイトマップの種類

サイトマップは、訪問者用とクローラー用の2種類設置する必要があり、多くのWEBサイトでは、このサイトマップを軽視している傾向が見られ、多くのWEBサイトにはクローラー用サイトマップの設置が存在しないのが実情です。つまり、SEO対策を施していない事を意味します。例えば、当社なら下記の様に設置しています。

訪問者用:https://heartsn.com/sitemap/
クローラー用:https://heartsn.com/sitemap.xml

訪問者用サイトマップ(htmlサイトマップ)

訪問者用に関しては、この↑ように別ページを用意するのも1つですし、アップル社のように最下段(ビッグフッター)に配置するのも効果的と考えます。ちなみに当社も設置しています。

アップル社:http://www.apple.com/jp/imac/

クローラー用サイトマップ(xmlサイトマップ)

クローラー用サイトマップは、Googleが提供しているWEBツールにて、サイトマップを登録するとより効果的ですので、必ず、登録するようにして下さい。※サービス内容によっては登録できない場合もあるようです。

googleWebマスターツール http://www.google.com/webmasters/sitemaps/?hl=ja

このサイトマップ(訪問者用)に関しては、「本当に訪問者にとってサイトマップは必要か?」と、その必要性について様々な意見が飛び交っています。確かにサイトマップを見ている人はほとんどいませんね。

サイトマップの将来性

ナビゲーションと言う意味合いでは、最近は、「メガドロップダウンメニュー (Mega Dropdown Menu)」や「ビッグフッター (Big Footer)」といった新しいスタイルのナビゲーションも登場しています。サイト全体を俯瞰しながら、目的の情報にリンクすることができるという意味では、これらがサイトマップの機能を果たしていますね。

また、「メガドロップダウンメニュー」や「ビッグフッター」を採用すると、サイト内のどのページにいても、サイトの全体像) をつかむことが可能になるので、従来のようにサイトマップページを設ける必要もなく、ナビゲーションとしては実用的ですので、もしかすると今後は、「メガドロップダウンメニュー」や「ビッグフッター」がサイトマップとしては有効となり、SEO対策的にも評価される時代になるのかもしれません。

一度、当社のSEO対策に触れてみませんか?

11月17日中にお問い合わせ頂ければ
初期費用完全無料で施策させて頂きます。

SEO対策コンサルティングならHeartsNにお任せ下さい!
業種や地域に合わせた繊細な提案を致します。
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)