兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

バックリンクの意味と使い方をマスターしよう!

バックリンクとは、あるウェブサイト、もしくはウェブページに貼られているリンクのことです。バックリンクは被リンクということもあります。逆に、あるウェブサイト、もしくはウェブページから貼られているリンクは発リンクということがあります。
 

 

被リンクはSEO上有利に働くが、ただ増やせば良いわけではない

 
世界を代表する検索エンジンの一つであるGoogleは、「良質なウェブページに紹介されているウェブページは、良質なウェブページであるに違いない」という考えを持っています。良質なウェブページに紹介されているウェブページ、つまりは良質なウェブページからの被リンクが有るウェブページはGoogleに高く評価され、検索順位が上がるというわけですね。検索順位を上げるための様々な取り組みをSEOと言いますが、被リンクを増やすことは現代においても非常に効果的とされています。
 
以前はこうしたGoogleの仕組みを悪用し、全く内容に関連性のないウェブサイトと大量に相互リンクを結んだり、あるいは自作自演で被リンクを増やしたりするという手段がよく取られていました。
 
2010年頃まではこうした低質なSEOもそれなりに効果があったのですが、最近はGoogle側もこうした手法をだいぶ見破れるようになってきました。Googleはこうしたユーザーの利益にならないSEOをブラックハットSEOと呼び、良質なSEOであるホワイトハットSEOとは明確に区別しています。
 
もしブラックハットSEOを行っていると判断された場合、ウェブサイトの検索順位が下がったり、あるいは検索から弾かれたりしてしまう恐れがあります。人為的に低質な被リンクを増やすのではなく、自然発生的に高質な被リンクを増やすことが大切です。
 

被リンクを獲得する方法

 
被リンクを獲得する方法はとても簡単です。利用者にとって有益なコンテンツを作って行けば良いのです。人間は有益なコンテンツを見れば人に教えたくなるからです。有益なコンテンツを作り続けることができれば、いずれは色々なサイトからの被リンクを貰うことが出来るでしょう。
 
とはいえ、何の宣伝もしなければ最初の利用者が獲得できません。良質な被リンクを獲得するには有益なコンテンツ作りが必要不可欠ですが、それだけでは足りません。
 
例えば、最近はSNSで被リンクで最初の利用者を獲得する人が少なくありません。まず、なんらかのSNSアカウント(おすすめはTwitter)を用意します。次に、運営しているウェブサイトに興味がありそうな人(プロフィール検索をすれば大体わかります)のアカウントを探しだして、フォローします。
 
すると、そのうちの何割かはフォローを返してくれるはずです。そして、頃合いを見計らってSNS上でウェブサイトの更新を報告し、その記事へのリンクを張ります。すると、フォロワーの何割かはそのリンクをクリックしてくれます。記事を見た人の何割かはその内容に満足し、自身の持っているウェブサイトやSNSアカウントからリンクを貼ってくれます。
 
最初はなかなかアクセスは増えないでしょうが、いい記事を作り続けることができればそのうちアクセスが増えていくはずです。多くのアクセスが集まればそれだけ被リンクの数も増えます。すでに良質なウェブサイトを運営している人からリンクを貼ってもらえれば非常に有効です。
 

被リンクの数と質

 

 
被リンクの数が500個あるウェブサイトAと被リンクの数が150個のウェブサイトBがあるとします。一見、ウェブサイトAのほうが高く評価されそうですが、一概にそうとも言えません。被リンクは数だけでなく質も重要だからです。
 
例えば、良質なウェブサイト、つまり現時点で十分にアクセスが集まっており、検索でも上位に表示されるようなウェブサイトからのリンクは、そうでないウェブサイトからのリンクと比べて高く評価される傾向にあります。もしウェブサイトAの被リンク元は個人が経営しているような小さなサイトばかりで、ウェブサイトBの被リンク元はYahoo!やGoogle、あるいはソニーなどの大企業のウェブサイトばかりだとしたら……当然、ウェブサイトBほうが高く評価されます。
 
良質なウェブサイトからリンクを貰うには、良質なウェブサイトが紹介したくなるような記事を作り続けることが最も大切ですが、それ以外にも裏技的な手法がいくつかあります。例えば、ブログの場合はブログランキングサイトに登録するのがおすすめです。ブログランキングサイトとは、様々なブログにランキングを付けて、紹介するサイトです。ブログを持っている人ならば基本的に誰でも登録することができます。登録すると、そのブログランキングサイトから自身のウェブサイトにリンクが貼られます。
 
大手のブログランキングサイトはいわゆる「良質なウェブページ」に含まれます。こうしたサービスに登録することにより、自然にリンクを獲得することができます。ただし、短い期間にあまりに多くのブログランキングサイトに登録すると、不自然なSEOであるとみなされることがあります。登録は少しずつ、できれば1日1サイトずつ行うようにしましょう。
 
また、アンカーテキスト(リンクの文字列)とリンク先の内容もチェックされます。例えば、リンクの文字列が「Yahoo!」となっているのに、リンクをクリックしたらgoogleに飛ばされたら殆どの人は「騙された!」と感じるはずです。ユーザーにとっても不利益なこうした騙し行為には、検索エンジンも否定的です。
 
中にはそのことを悪用して、ライバルサイトに全く関係ないアンカーテキストでリンクを貼り、蹴落とそうとしてくる業者もいます。他人が自分のサイトにどういったアンカーテキストでリンクを張っているか全て確認するのは難しいですが、もし自分のウェブサイトに不自然な被リンクが貼られた場合は、Googleの提供している「リンクの否認」ツールを使うと、リンクを無効化することができます。
 

被リンク数をチェックしてみよう

 
被リンク数はウェブ上のサービスを用いることで、簡単にチェックすることができます。今回はhanasakigani.jpのサービスを利用してみましょう。サービスの利用方法はとても簡単で、リンク先のウェブページの「サイトURL」テキストボックスに次サイトのURLを貼り付けて「Check!」ボタンを押すだけです。
 
このサービスでは自分が運営していないウェブサイトの火リンクもチェックすることができるので、ライバルサイトの実力を測るのに役立ちます。超大手企業のウェブサイトともなると、被リンク数が1万を超えることも珍しくありません(Yahoo!JAPANの被リンク数は300万以上!)が、まずは被リンク100件を目指して頑張りましょう。
 

SEO対策コンサルティングならHeartsNにお任せ下さい!
業種や地域に合わせた繊細な提案を致します。
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)