兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

インバウンドリンクの意味と使い方をマスターしよう!

インバウンドリンクとは、あるウェブサイトやウェブページが、ほかのウェブサイトやウェブページからリンクされること、あるいはリンクそのもののことをいいます。被リンク、バックリンクということもあります。

SEO外部対策

インバウンドリンクを増やすことはSEO対策につながる反面、ペナルティになる場合もあるので細心の注意が必要です。

インバウンドリンクを増やすことの意味

現代の検索エンジン(google)はインバウンドリンクの質と量を重視する傾向にあります。インバウンドリンクが少ないウェブサイトと多いウェブサイトでは、後者のほうが価値の高いウェブサイトであると判断されます。

ただし、インバウンドリンクが多ければ多いほどいいのかというと必ずしもそうとは言えません。質の低いウェブサイトからのインバウンドリンクは意味がないどころか、スパム扱いされてペナルティを受ける可能性もあるからです。大切なのは質の高いウェブサイトからインバウンドリンクをもらうことです。

では、そもそも質の高いウェブサイトとはどういったもののことを指すのでしょうか。

質の高いウェブサイトとは簡単に言えば、多くのユーザーが利用しており、ほかの質の高いウェブサイトからたくさんのインバウンドリンクをもらっているウェブサイトのことです。多くのユーザーが利用しているということは、それだけそのウェブサイトが高く評価されている証です。また、質の高いウェブサイトから多くのインバウンドリンクをもらっているウェブサイトは、質が高い可能性が高いです。「優秀な人から紹介された人はやはり優秀である可能性が高い」のと同じ理屈です。

良いコンテンツのイメージ

高品質なウェブサイトからたくさんインバウンドリンクをもらうことにより、検索エンジンからの評価は確実に高まります。検索エンジンからの評価が高まれば多くの人が集まるようになり、検索エンジンからの評価がさらに高まるという正のサイクルに乗れる可能性が高いです。どんどんインバウンドリンクをもらい、ウェブサイトの価値を高めていきましょう……といいたいところですが、前述のとおり低品質なウェブサイトからのインバウンドリンクはウェブサイトの価値を下げます。場合によってはペナルティを受ける可能性もあります。

少し前までは低品質なウェブサイトからのインバウンドリンクも検索エンジンに評価されたものですが、今はもうそんな時代じゃありません。では、いったいどんなインバウンドリンクがペナルティの対象となるのでしょうか?

ペナルティになるインバウンドリンクの条件

Googleは順位を上げるために被リンクをお金で買ったり、リンクサイトに登録したりすることを禁じています。たとえば、数年前まではSEO対策に必須といわれていたディレクトリ登録(検索エンジンから高い評価を受けているカテゴリーに登録し、半永久的に紹介リンクをもらうサービス)は現代では時代遅れ、むしろペナルティを食らいやすい危険なものとして考えられています。また、相互リンクのみを目的としたリンク集ページもマイナスの効果が表れてしまいますのでやってはいけません。もちろん、相互リンクを全くやってはいけないというわけではありません。相互リンクのみを目的とすることがまずいのです。

また、ワードサラダもペナルティの対象となります。

ワードサラダとはプログラムを使って作った文章のことです。こうした文章は文法こそ正しいものの、その内容が支離滅裂なので人間が見れば一発で分かります。

しかし、検索エンジンは機械なのでその文章のどこがおかしいのかを判断することはできません。そのため、以前はプログラムで文章を大量に作成し、その文章を使ってリンクページを作成することが流行っていました。低コストで短時間に大量のインバウンドリンクが獲得できるため重宝されていましたが、googleがこれを見逃すはずもありません。今ではそうしたウェブサイトはほとんど駆逐されてしまいました。

今でもいくつかのワードサラダのインバウンドリンクが上位に表示されることはありますが、リスクに対してリターンがあまりにも小さすぎるので、避けたほうがいいでしょう。

もう一つ問題となるリンクは、リンク元のアンカーテキストがすべて同じ場合です。

アンカーテキストとはリンクのテキスト部分のことです。HTMLでで囲まれている部分のことといえばわかりやすいかもしれません。自然発生的に発生したリンクならば通常、アンカーテキストはばらけるはずです。特定のウェブサイトに向けたアンカーテキストがすべて同じだと、googleに何か作為的なものがあると判断されてしまいます。

もしペナルティを受けてしまった場合はどうするの?

Googleからペナルティを受けたら

検索順位が大幅に落ちてしまったり、そもそも検索エンジンに全く引っかからなくなったりした場合の対処法は大きく分けて二つ。そのウェブサイトを放棄するか、ペナルティ解除を目指すかです。

検索エンジンに全く引っかからなくなってしまった場合はかなりの重症ですので、そのウェブサイトは放棄したほうがいいかもしれません。しかし、検索順位が少し下がる程度のペナルティは、ウェブサイトを改善することで解除される可能性が高いです。その場合は以下の2手順を踏むことにより、ペナルティを解除していきます。

  • 不自然なリンクを解除する
  • 不自然なリンクを取り外したとgoogleに報告し、再審査をお願いする

まずは不自然なリンクを解除します。過去にSEO対策会社にインバウンドリンクを増やしてほしいと依頼したことがある場合は、そのインバウンドリンクをすべて外してください。そうした過去がないのにもかかわらずペナルティを受けた場合は、被リンクチェックで被リンクを確認して、不自然なリンクを探しましょう。

不自然なリンクが見つかったら、サイト運営者にインバウンドリンクを削除してもらいます。ただし、相手にもいろいろと都合があるので、必ずインバウンドリンクを削除してもらえるとは限りません。その場合はリンク否認ツールを使います。

リンク否認ツールはgoogleウェブマスター上の機能の一つで、否認したいリンクをまとめて指定することができる便利なものです。ただし、あまり濫用しすぎるとサイトパワーを落とす可能性もあるので注意が必要です。できる限り相手にインバウンドリンクを削除してもらうようにすることが大切です。

このようにして不自然なインバウンドリンクを取り除いたら、googleに対して再審査のリクエストを行います。再審査のリクエストはウェブマスターツールから行えます。送信してから数日以内にそれを受領した連絡が届き、さらに1週間程度たつと結果が届きます。ペナルティが解除されるかされないかはその時までわかりません。

一度でうまくいかなかった場合は二度三度と挑戦してみるのもいいですが、何度やってもダメだという場合は諦めて新しいウェブサイトを作ったほうがいいこともあります。

優良なインバウンドリンクを増やす方法

粗悪なインバウンドリンクの排除の仕方はこのくらいにして、ここからは優良なインバウンドリンクの増やし方を学んでいきたいと思います。

面白いコンテンツ

良質なインバウンドリンクをたくさんもらうための一番のポイントはやはり、良質なコンテンツを作ることです。良質なコンテンツとは言いかえれば、思わず人に教えたくなる、面白くてためになるコンテンツのことです。ただ面白いだけではなく、そこにオリジナリティがあれば最高です。良質なコンテンツがインバウンドリンクを生まないこともありますが、長い目で見ればやはり良質なコンテンツ作りにかなうSEO対策はありません。

また、コンテンツの質だけにこだわってはいけません。量も十分なものにしましょう。いくら面白いウェブサイトでも、更新が年に1回しかないのでは見向きもされません。適切な更新ペースはウェブサイトの種類によっても異なりますが、最低でも月1回、できれば週1回は更新するようにしたいものです。テキストはなるべく長く(無意味に伸ばすのはよくありませんが)、画像も豊富に使ってください。

ランキングサイトを利用するのも手です。ブログランキングやにほんブログ村といったウェブサイトに登録すれば、そのウェブサイトから被リンクを得ることができます。ブログランキングもにほんブログ村も多くの良質なインバウンドリンクを持つ優良サイトであり、こうしたウェブサイトからインバウンドリンクをもらうのは有益です。また、ブログランキングサイトで上位になれば、そこからの流入も期待できます。

ソーシャルブックマークを使ってもいいでしょう。ソーシャルブックマークとははてなブックマークやなどに代表される、オンラインに自分のブックマークを公開するサービスです。はてなブックマークもやはり良質なインバウンドリンクを持つ優良サイトであり、こうしたウェブサイトからインバウンドリンクをもらうのは有益です。ただし、一つのソーシャルブックマークサイトからあまりにもたくさんのインバウンドリンクをもらいすぎるのは危険です。一つのオンラインブックマークからもらうインバウンドリンクの数は2,3個にとどめておくといいでしょう。

ソーシャルブックマークは拡散効果もあるので、ブックマークが増えればアクセスアップも期待できます。広告を出すのも有力な方法です。アフィリエイトの広告主になることで、一気に名前を売り込めます。

このような方法により、良質なインバウンドリンクをどんどん増やしていきましょう。

インバウンドリンクの未来

インバウンドリンクの有効性は中長期的には低下すると考えられています。インバウンドリンクがSEOで重視される理由は「ほかの信頼できるウェブサイトから紹介されているウェブサイトはやはり信頼できる」と考えられているためです。

しかし、将来googleがウェブサイトのコンテンツをもっと正確に測る技術を開発する可能性は決して低くありません。そうなればインバウンドリンクの質や量でウェブサイトの価値を図るなどといったことはしなくても済みます。純粋にそのウェブサイトの価値だけを図ればいいのですから。

とはいえこうした未来が来るのはもう少し先のことです。少なくとも短期的には、インバウンドリンクの質と量でウェブサイトの価値を判断する時代が続きそうです。

只今、インターネットサービス無料相談会実施中です。

アイデアを形にしたい、効果的なWEBサイトを作りたい、マーケティングで悩んでいる・・・など、どんな些細な事でも構いません。気軽にご相談下さいませ。

SEO対策コンサルティングならHeartsNにお任せ下さい!
業種や地域に合わせた繊細な提案を致します。
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)