兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

自然検索の意味と使い方をマスターしよう! 

自然検索SEO

自然検索とは、検索エンジンで検索を行ったときに表示される結果のうち、広告枠を除いた部分のことをいいます。オーガニック検索、ナチュラル検索と呼ばれることもあります。Googleなどの検索エンジンでは、広告の表示順位は入札単価によって決まりますが、自然検索の表示順位はその検索エンジンのアルゴリズムによって決定されます。適切なSEO対策を行うことにより、自然検索で上位表示されます。

アルゴリズムとは?

アルゴリズムとは、日常的な言葉に訳せば「計算の方法」です。SEO対策におけるアルゴリズムとは、検索エンジンが自然検索でウェブページをランキング付けする際に用いられるランキングアルゴリズムを指すことがほとんどです。

Googleのアルゴリズムは細かな調整が何度も行われているほか、年に数回程度大規模なアップデートが行われることもあります。アップデートのおかげで上位表示されるようになったサイトもあれば、逆に今までは上位に表示されていたのにいきなり消えてしまうサイトもあります。

アルゴリズムを完ぺきに把握し、それに沿ったウェブサイト作りを行うことができれば最高です。しかし、Googleのアルゴリズムは非常に複雑であり、それを完ぺきに把握するのは不可能と言っても過言ではありません。アルゴリズムに組み込まれている変数は非常に多いです。アルゴリズムの有意なデータを回収するために心血を注ぐぐらいなら、誰でも行える基本的なSEO対策を行ったほうが結果として有益です。

自然検索で上位表示されるコツは?

良質なコンテンツ

では、具体的に自然検索で上位に表示されるためには何をすればいいのでしょうか。やるべきことはたくさんありますが、上位表示をキープするためには良質なコンテンツを作るのが一番の近道です。従来有効とされてきたスパムまがいのSEO対策は、いまではほとんど検索エンジンに見抜かれてしまうので、やらないほうが賢明です。最悪の場合圏外に飛ばされ、いくら検索しても全く出てこないということもあり得ます。

さて、良質なコンテンツを作るうえでは、キーワードの選定が非常に重要です。キーワードの選定に便利なのがキーワードツールです。

キーワードツールの使い方

キーワードツール

まずは作りたいウェブサイトのテーマを考えましょう。たとえば、アフィリエイト系のブログを書きたいのならば「稼ぐ」「アフィリエイト」「情報商材」「売れる」などがテーマになるかと思います。このキーワードをキーワードツールに入力すると、そのキーワードの月間検索数と競合の多さ、それと関係の深い複合キーワードなどを探すことができます。

たとえば、キーワードツールで「稼ぐ」と検索すると、月間ボリュームが6600、競合性が「高」と表示されます。「稼ぐ」というキーワードは月間で6600回検索されており、競合サイトが強力だという意味です。

月間検索数が6600しかないというのはちょっと寂しいです。また、できれば競合性は低いに越したことはありません。たくさん検索されても、ライバルサイトが強いと上位表示は難しいですからね。そこで「稼ぐ」に代わるキーワードを考えてみたいと思います。

今度はキーワードツールで「副業」と検索してみます。すると月間検索ボリュームは74000、競合性は「高」と表示されました。競合性が高いのは同じですが、月間検索ボリュームはこちらのほうが10倍以上高いです。おおくのPV(ページビュー)を呼び込むためには、こちらのワードのほうが有利であることがわかります。

続いて別のワードも調べてみましょう。「情報商材」というワードは月間検索ボリュームが3600、競合性は「低」です。月間検索数はそれほど多くありませんが、競合サイトが弱いので比較的簡単に自然検索時に上位表示させることが可能だとわかります。このようにいろいろとキーワードを調べて、有用そうなものが見つかったらそれで記事を書いていきます。

ポイントは月間検索ボリュームが多く、なおかつ競合性が低いワードを選ぶことです。一般的に月間検索ボリュームが多いワードはもうすでにみんなが記事を書いているため競合性が高くなりがちですが、探せば両方の条件を満たすワードはきっと見つかるはずです。根気よく探していきましょう。

使えそうなワードが見つかったら、次にそのキーワードと関連性のあるキーワードを探していきましょう。Googleキーワード(キーワードツールとは別物)を使って関連性のあるキーワードを探します。たとえが、Googleキーワードで「副業」と検索すると、「副業 ランキング」「副業 アルバイト」「副業 確定申告」「副業 女性」「副業 バイト」などのキーワードの組み合わせが見つかります。このキーワードの組み合わせで検索している人が多いということです。

キーワードの組み合わせがわかったら、いよいよ記事を書いていきます。たとえば、「副業 アルバイト」という自然検索からのPVを期待したい場合は「副業でアルバイトをしている人はどれくらいいるの?」などというタイトルで記事を書くといいでしょう。これがSEO対策の基本です。

記事タイトルの決め方

タイトルの決め方

もちろん、ただ漫然とキーワードを組み合わせればいいというわけではありません。検索したユーザーに「クリックしたい!」と思わせなければいけません。では、思わずクリックしたくなる魅力的なタイトルとはどんなものなのでしょうか。

これという正解はないのですが、タイトルには以下の要素を組み込むといいといわれています。

  • 利益
  • 具体性
  • 簡便性
  • 対象を限定するフレーズ
  • 有名人や権威

まず「利益」について。人というのは現金なもので、自分の利益にならないことにはとんと興味を示しません。そんな人たちに記事を読んでもらうためには、「この記事は読んだほうが得だ」と思わせる必要があります。では、利益とはいったい何なのでしょうか。

お金が儲かる

もっともわかりやすい利益は金銭的利益、つまりは儲け話です。儲け話に全く興味がないという人はほとんどいません。社会人はむやみに普段から「金、金」ということはありませんが、それは周りの目を気にしているだけで、みんな本当はお金が大好きです。

儲け話には人が集まってきます。ちょっと考えれば明らかに胡散臭い投資や情報商材にいまだに騙される人が後を絶たないのもそのためです。もちろん、あなたがこれから作るWEBサイトではこのような危ないものを売り込んではいけません。健全な、法的にOKな儲け話を提供する必要があります。

続いて「具体性」について。人はあいまいで抽象的なものを提示されると胡散臭いと感じてしまいます。たとえば、記事のタイトルが「TOEICで800点取る方法」だと、あまり魅力的には見えません。しかし、「英語が苦手な私が1日30分の勉強を1か月続けただけで、TOEICの点数が200点アップしました!」というタイトルだと魅力的に見えます。具体的にどのような努力をどれだけすることにより、どの程度の見返りが見込めるかがきちんと説明されているからです。

これは何も勉強に限った話ではありません。たとえば儲け話でもただ単に「100万円儲ける方法」と書くよりは「1日1回、30分のブログ更新を3か月続けるだけで月100万円稼ぐブログが出来上がります」のほうが具体的で魅力的です。

次に「簡便性」について。人は基本的に努力を嫌います。得られる結果が同じならば、そこに至るまでの過程が楽ちんなほうを選びます。それを踏まえたうえで以下の二つの記事タイトルをご覧になってください。

  • A「1日2時間のウォーキングとカロリー制限をして1年で体重を15kg落とす方法」
  • B「無理な運動も食事制限もなし!好きなだけ食べて1年で体重を15kg落とす方法」

どちらも得られる結果は同じ(1年で15kg落とす)ですが、明らかにBのタイトルのほうが魅力的に見えます。Bのほうが努力もいらず、楽をしながら利益(痩せること)を得ることができるからです。そもそも1日2時間もウォーキングした上にカロリー制限まですれば痩せるのは当たり前の話であり、目新しさがありません。それに対して無理な運動も食事制限もないのに痩せられるというのは画期的で人目を惹きます。

「対象を限定するフレーズ」というのはちょっとわかりづらいかもしれません。少し考えると、対象は絞らずに広く呼びかけたほうがいろいろな人にクリックしてもらえそうなものですが、現実はそうではありません。誰にでもクリックしてもらえそうな万人受けする記事タイトルは、実は誰の心もがっちりとつかめません。それよりは多少読む人を限定して、特定の人にだけ強く訴えたほうが魅力的です。それを踏まえたうえで以下の二つの記事タイトルをご覧ください。

  • 「誰でも1か月で英検2級に合格する方法」
  • 「大学に通いながら1か月で英検2級に合格する方法」

後者は読む人を大学に通っている人に限定することにより、特定の人(大学生)を強く引き付けています。それに対して前者は誰に向けての記事なのかよくわかりません。最初からすべての人に向けて記事を発信するのは無理と割り切り、特定の層に強く訴えたほうがタイトルとしては効果的です。ただし、あまりにも対象を絞りすぎるのもいけません。

「有名人や権威」というのは、要するに「すでに社会的な影響力がある人の虎の威を借りる」ということです。テレビ通販などで「歌手の××も愛用している!」「○○教授がおすすめしている!」というフレーズがよく使われるのは、有名人やその道の権威の発言や行動に影響力があることを見越しているためです。

記事の書き方

記事の書き方

記事の書き方には決まったルールはありませんが、何かを売りたいと考えている場合は「AISAS」の法則を覚えておいたほうがいいでしょう。AISASは電通が提唱した購買行動プロセスを説明するモデルの一つで、インターネットの世界における購買行動を示すものです。

  • Attention(知らせる)
  • Interest(興味を持たせる)
  • Search(検索させる)
  • Action(行動させる、買わせる)
  • Share(共有させる)

という流れで商品を買ってもらい、なおかつその情報を共有してもらうことによって商品の認知度を高めます。何か商品を売ることを目的とした記事を書く場合は、この流れをしっかりと把握しておきましょう。特に現代において大切なのはShareです。食べログやAmazonのレビューなどで情報を共有したがる人は少なくありません。彼らにいい口コミを書いてもらえば、自然と商品は売れていくはずです。

また、記事タイトルに使ったキーワードは文章内にも出現させたほうがいいでしょう。適度に文章内にキーワードが使われていると、自然検索で上位表示されやすいといわれています。キーワード比率については大体2~6%程度が適切です。あまりキーワード比率を高め過ぎると、キーワードを羅列しただけのスパムサイトだという判定を受けてしまうこともあるのでほどほどにしましょう。

キーワード比率の確認についてはキーワード出現頻度解析ツールをお使いください。キーワード比率が高すぎたり低すぎたりする場合は、削ったり足したりして適切なキーワード比率になるように各自で調整してみてください。

文法やフレーズの使い方ですが、これははっきり言って気にする必要はありません。ウェブ上の文章は文学ではないからです。それよりも読んでいる人の利益になることを重視するべきです。

時には常識外れの話をすることも大切です。当たり前のことしか書いていないサイトなんて、まったく面白くありません。

また、ウェブ上の文章は一般的には結論から書いたほうがよいと言われていますが、これは絶対ではありません。物語性がある文章を読ませるのにいきなり結論から書いてあると覚めてしまいますよね。走れメロスの冒頭でいきなり「メロスは友人の処刑に間に合った」と書いてあったら台無しです。

記事が書けたらどんどん公開していきましょう。自然検索で上位表示されるには、更新頻度の高さも重要です。もちろん質にはこだわる必要がありますが、同程度の質なら量が多いサイトのほうが検索エンジンには高く評価されます。複数のサイトに記事を分散させるよりは、一つのサイトにまとめて投稿したほうが結果的に多くのPVを集めることができるでしょう。ただし、一つのサイトしか持たないというのはリスクが高いので、別のテーマで数個のサイトを持っておいたほうが安心かもしれません。

サイトの運営方針

また、ドメインは長く使われていたもののほうが上位表示されやすい傾向があります。長く使われているドメインは外部リンクも多いです。外部リンクの多さは自然検索の順位によい影響を与えます。ただし、自作自演の作為的なリンクで上位表示を維持させることは避けましょう。スパム行為と判定されることがあります。

なお、中古ドメインを購入して使う場合は、「過去の運営履歴」を調べておく事をオススメします。その中古ドメインが過去に検索エンジンからスパム判定を受けていた場合、その評価が取得後も続いている可能性があります。過去に何らかの問題を起こしたドメインを取得し、そのまま使ってしまうのは大変危険です。ドメインの過去履歴はhttp://archive.org/web/web.phpで検索できます。

また、記事は一度書いたら終わりではなく、必要に応じて手直しする必要があります。しかし、そのままではどこを手直しすればいいのかわかりません。Googleアナリティクスなどのアクセス解析を導入すれば、どのページの直帰率が高いとか、滞在時間が長いとかが一目でわかります。直帰率が高かったり、滞在時間が短かったりするページは、タイトルや内容を変更してもいいでしょう。あまりに変更しすぎるのはよくありませんが。

自然検索で上位表示されるために

繰り返しになりますが、自然検索で上位表示されるためには記事を読む人に利益を与える必要があります。他人に利益を与えることによって、あなたにも利益が転がり込んでくると言うことを理解しましょう。

SEO対策コンサルティングならHeartsNにお任せ下さい!
業種や地域に合わせた繊細な提案を致します。
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)