兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

アットマークの意味と使い方をマスターしよう!

@マーク

アットマークとは「@」のことです。一般的には単価を表す記号ですが、インターネットの世界においては電子メールアドレスのユーザ名とドメイン名を区切るために使われます。

一般的なアットマークの意味

前述のとおり、単価を表す際に使われます。たとえば「りんご@90円」は、りんごの単価が90円であることを示しています。語源には諸説あり、中でも有力なのはギリシャの水量の単位@からきているというものです。

インターネットの世界におけるアットマークの意味

ユーザ名とドメイン名を区切るのに使われます。

ユーザ名とはコンピューターやシステムなどにログインする際に、認証を受けるための文字列のことです。一般的にユーザ名の部分は各ユーザが指定することができます。

一方、ドメイン名とは簡単に言えばインターネット上の住所のようなものです。インターネット上のコンピューターにはすべて、IPアドレスという数字が割り振られています。IPアドレスはたとえば「123.45.67.890」のように表記されます。コンピューターどうしの通信はIPアドレスを通じて行われます。

しかし、IPアドレスは数字の羅列なので人間にとっては覚えにくいものです。そのため、通常われわれはその数字を簡単なアルファベットや数字に変換したドメイン名を指定します。人間がドメイン名を指定すると、コンピューターはそれをIPアドレスに変換します。ドメイン名とIPアドレスの変換を行うサーバをDNSサーバといいます。

例えば
「suzuki@example.co.jp」というメールアドレスがあったとしましょう。この場合、「suzuki」の部分がユーザ名、「example.co.jp」の部分がドメイン名に当たります。

ユーザ名については基本的に早い者勝ちとなっています。同じメールアドレスが二つあると問題ですからね。

ドメイン名は「.」で区切られています。jpの部分を第1ドメイン名、coの部分を第2ドメイン名、exampleの部分を第3ドメイン名といいます。
  • 第1ドメイン名は国を表すもので、jpはjapanの略です。参考までにオランダはnl、ポルトガルはpt、南アフリカはzaです。
  • 第2ドメインは組織の種類に当たります。coは企業、acは大学など、goは日本の政府機関を表します。
  • 第3ドメイン名はそれぞれの組織を表します。

もし@マークがないとこのメールアドレスは「suzukiexample@co.jp」となってしまい、どこまでがユーザ名でどこからが第3ドメイン名なのかわかりません。@にはユーザ名とドメイン名を区別する効果があります。

迷惑メール防止とアットマーク

自身のウェブサイトやブログ、ツイッターなどでメールアドレスを公開している人は少なくありません。そしえそういった人の多くは「abcde★xxxxx.ne.jp」「abcde△xxxxx.ne.jp」のように、@の部分を別の記号に置き換えています。これはそのままメールアドレスを読み取られて迷惑メールを送られるのを防ぐための処置です。人相手には効果がありませんが、メールアドレスを自動で回収するロボット対策にはなります。

まあ、メールフォームを設置すればさらに安全なのですが……。

そのほか、アットマークの意味

普通の文章の中で、その人の所属する団体や企業を表すのに@が使われることがあります。たとえば「高橋洋子@株式会社××」「福永正一郎@財団法人○○」「東出昭光@◇◇高等学校」といった感じです。

ツイッターなどでは自身の居場所を示す際に@が使われることがあります。

たとえば、「昼食中@中野」「野球観戦なう@ナゴヤドーム」といった感じです。おそらく英語の「at」からきているものと思われます。また、ここからさらに派生して、その人の状態を示すのに@が使われることもあります。たとえば「山田@勉強中」「石井@転職活動中」「ひろし@6月いっぱいまでツイ減(ツイートを減らすこと)」といった感じです。

また、オンラインで対戦ができるゲーム「ポケモンバトルレボリューション」では、プレイヤー名の前に@を付ける人がいます。

これは2ちゃんねるが発祥のローカルルールで、「この対戦動画をニコニコ動画やYouTubeなどの動画サイトにあげてもかまいませんよ」という意思表示です。

また、ニコニコ生放送やUsteramなどの放送配信サイトでは「@5分」「@3分」などとコメントが打たれることがあります。

これは放送時間が残り5分や3分であることを放送主に知らせるものです。放送主がしゃべりやゲームに夢中になっていて放送時間が残り少ないことに気が付いてなさそうなときに使います。

また、パソコン通信の時代には「@」が「なるほど」の意味でつかわれていたこともあります。

理由は@がなるとに似ていたためです。なると→なるほど、と解釈されたわけですね。
このようにアットマークには様々な意味がありますが、濫用しすぎると意味が通じなくなってしまうこともあるので気を付けましょう。

只今、インターネットサービス無料相談会実施中です。

アイデアを形にしたい、効果的なWEBサイトを作りたい、マーケティングで悩んでいる・・・など、どんな些細な事でも構いません。気軽にご相談下さいませ。


【関連ページはこちら】

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)