兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

ADSLの意味と使い方をマスターしよう!

ADSLとは、かつて広く普及していた電話回線を使った高速通信システムのことです。ADSLとは【Asymmetric Digital Subscriber Line】(非対称デジタル加入者線)の略で、上りと下りでは通信速度が異なるという特徴があります。

ADSLの通信の仕組み

ADSLは家庭に設置されている電話用の回線を使ってデータ通信を行うシステムです。データ通信には通話には使われない高い周波数帯を使用するので、データ通信と通話を同時に行うことが可能です。

電話回線はアナログ信号を伝えるものですが、データ通信はデジタル信号で行われます。そのため、アナログ信号とデジタル信号を変換するモデムという装置が必要になります。また、通話用の周波数帯とデータ通信用の周波数帯を分けるスプリッタという装置も必要になります(通話をしない場合はスプリッタは不要です)。スプリッタが内蔵されているモデムを使えば必要な設置スペースを省略できます。

ADSLの上りと下り

上りとは簡単に言えば、自分のパソコンからインターネットに向けたデータ通信、下りはインターネットから自分のパソコンに向けたデータ通信です。例えば、自分のパソコンのハードディスクに保存されている画像を画像掲示板に貼る場合は上り、ウェブサイト上の画像を自分のハードディスクに保存する場合は下りに該当します。

ADSLでは上りは遅く、下りは早く設定されています。一般ユーザーは下りのほうを圧倒的に多く使用するからです。

ADSLのメリットとデメリット

メリット 既存の電話回線を使って通信ができる

光回線のように専用回線を通す必要が無いため、手間もかからず費用も安くて済みます。毎月の料金も光回線と比べるとやや安めに設定されていることが多く、経済的です。

デメリット 光回線と比べるとやや遅い

ADSLも光回線も理論値(ベストな状態で実現可能な速度)が達成できることは殆どありませんが、実測平均速度は明らかに光回線のほうが速いです。ただし、これはADSLが遅いというよりも、光回線が極端に速いといったほうが適切かもしれません。一度光回線の速さに慣れるとADSLがまどろっこしく感じられるかもしれませんが、ADSLしか使っておらず、特に不満を覚えていない場合はそのままにしておいても問題ないでしょう。

また、ADSLはNTTの基地局からの距離が遠いと、通信速度が遅くなります。基地局とはNTTが日本各地に設置している装置置き場で、NTT東日本もしくは西日本のウェブサイトから検索できます。基地局からの距離が1km以内ならば概ね快適に利用できますが、2km以上だと速度が遅くなることが多いです。

ADSLの未来

NTTは現在、ADSLサービスの廃止に向けて動いています

2016年6月30日をもってサービスの新規募集を停止しており、総務省も固定電話網を2025年までにIP通信網に置き換える方針を発表。アナログ電話回線が廃止され、それに伴いADSLのサービスも使えなくなる可能性が高まっています。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)