兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

DMの意味と使い方をマスターしよう!

DMには以下のような意味があります。

1. ダイレクトメール(Direct Mail)

ダイレクトメールとは、既存顧客や見込み顧客などに対して送られるはがきやカタログ、FAXや電子メールなどのこと、もしくはそれらを用いたマーケティング手法のことです。

中でも電子メールを用いたダイレクトメールは送信に時間もお金もかからず、複数の人に同じ内容のメールを大量に送れるという点ではとても優れています。しかし、その場合は必ず特定電子メール法という法律で決められているルールを遵守した上で送らなければなりません。

特定電子メール法とは

特定電子メール法の正式名称は「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」で、迷惑メールを規制するために作られた法律です。広告や宣伝を目的としたメール(特定電子メール)は原則としてこの法律の対象となり、違反した場合は1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金(法人は3000万円以下の罰金)が課されます。国内の事業者が海外の事業者に送信を委託した場合でも法律の対象となります。

なお、取引の連絡を案内するだけで広告や宣伝がない内容のメール(契約関係を通知するメールなど)や、単なる時候の挨拶のメールは対象になりません。

オプトインの取得

オプトインの取得は特定電子メール法の中でももっとも重要なルールの一つです。オプトインとは簡単に言えば、特定電子メールを送る際に、相手から許可を得ることです。特定電子メール法では、対象のメールは必ずオプトインを取得した上で、つまり相手の許可を得た上で送らなければならない、というわけです。

同意を取得する方法はいくつもありますが、最もポピュラーなものは、問い合わせ用のメールフォームに「案内を受け取る・受け取らない」というラジオボタンを作り、「案内を受け取る」をチェックした人にだけメールを送る、というものです。

同意を取得する際には極端に小さな文字は使わない、メールの頻度が多い場合はそのことを事前に通達しておく、などのガイドラインが総務省により定められています。また、あとで同意した・していないで揉めるのを避けるため、事業者は同意した記録を一定期間保存しなければいけないとされています。

オプトイン取得の例外

原則として特定電子メール法の対象であるメールはすべて空いての許可を得た上で送信しなければなりませんが、受信者が以下の条件を満たす場合はオプトインを取得せずともメールを送っても良いということになっています。

  • 自ら送信者に対して電子メールアドレスの通知をした者。
  • すでに取引関係にある者。
  • ウェブサイトなどでメールアドレスを公表している団体、もしくは営業をしている個人(特定電子メールの受け取りを拒否すると明確に表示胃している場合は不可)。

オプトアウトの導線設置

オプトアウトとは、特定電子メールの受信を停止する手続きのことです。送信者は受信者に対して、いつでも今まで受信していたメールの送信を拒否できるように、オプトアウトの手続きをするための導線をメール本文内に用意して置かなければなりません。

多くの送信者は、特定電子メールの下部に配信停止URL(クリックするだけで自動的に配信が停止されるURL)を記載しているようです。

送信者の氏名もしくは名称の記載

責任の所在を明らかにするために、特定電子メールを送る際には、送信者の氏名もしくは名称を本文内に記載することが定められています。

なお、住所や苦情受付用のメールアドレスURLなどは本文に記載してもいいですが、本文のリンク先のウェブページに記載するだけでもOKです。

罰則について

最後に、罰則について詳しく説明します。送信者情報を偽って送信した場合は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金(法人の場合は3000万円以下の罰金)が課されます。

「架空電子メールアドレスあて送信受」「信拒否者への送信」「表示義務違反」「同意のない者への送信」のいずれかの場合は、総務大臣及び内閣総理大臣による命令が下され、それに従わない場合は1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金(法人の場合は3000万円以下の罰金)が課されます。

同意の記録義務に違反した場合は、総務大臣及び内閣総理大臣による命令が下され、それに従わない場合は1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金(法人の場合も100万円以下の罰金)が課されます。

また、送信者情報を偽った電子メールを送信した場合、電気通信事業者(通信インフラの提供者)は送信を拒否することができます。

 

2. ダイレクトメッセージ(Direct Message)

ダイレクトメッセージとは、TwitterやFacebookなどのSNSに搭載されている機能の一つで、特定の利用者にのみ見えるメッセージが送信できる機能のことです。SNSによっては「メッセージ」「プライベートメッセージ(PM)」などと言う名称で呼ばれていることもありますが、サービスの中身は同じです。

通常、SNSに投稿した記事は全世界に公開されます。SNSによっては公開範囲をフォロワーや友達に限定することも可能ですが、それでも複数人に記事が公開されることには代わりありません。しかし、ダイレクトメッセージ機能を使えば、他のユーザーには気づかれることなく、特定のユーザーだけにメッセージを送ることができます。いわばSNSを介した電子メールのようなものです。

メッセージは通常、送信ボタンを押すと同時に相手方に届きます。2人だけが参加できるチャットのように利用することもできるため、便利です。ただし2人間同士でのやり取りになるため、大多数での意見交換をするのには不向きです。

なお、ダイレクトメッセージが送れる相手の範囲はSNSによって違います。例えばTwitterの場合は2015年4月頃まではフォロワーにしか遅れませんでしたが、現在は誰にでも送ることができるようになっています。知らない人間からのDMを受け取りたくない場合は、設定を変更すれば受け取り範囲を自身のフォロワーだけに限定することもできます。

3. ダイレクトマーケティング(direct marketing)

ダイレクトマーケティングとは、企業のマーケティング手法の一つです。メディアや事業者などを通さずに、企業が直接顧客に働きかける手法の総称です。前述のダイレクトメールもその一つですし、ウェブサイトを通じた情報提供もダイレクトマーケティングに含まれます。

かつては企業が顧客、特に消費者と直接遣り取りをするのは難しいとされており、マスメディアや販売代理店の力を借りるのが当たり前とされてきましたが、最近は情報通信技術の発達により、ダイレクトマーケティングの重要性は増して来ています。一方でただ単に闇雲に顧客に働きかけても鬱陶しがられるだけに終わるため注意が必要です。

 

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)