兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

eコマースの意味と使い方をマスターしよう!

eコマースとはコンピュータネットワークを通じて、ECサイトと呼ばれるウェブサイトで商品を売買することです。消費者の立場から見た場合はネットショッピングと呼ばれることもあります。正式名称は電子商取引で、取引に関するルールは特定商取引法や景品表示法、著作権法と言った様々な法律で規定されています。

eコマースは大きく、「企業間取引」「企業と消費者の取引」「消費者同士の取引」に分けられます。

「販売者」から見たeコマースのメリットとデメリット

メリット

販売者から見たeコマースの一番メリットは、簡単に全国を販売エリアにできることです。通常、店舗を出して全国展開するには多額の費用と多大な手間がかかりますが、オンライン上にECサイトを出店するのは非常に簡単でお金もほとんどかかりません。

また、ECサイトはアクセス解析(どんなユーザーがどんな時間にどのウェブページを閲覧したのかなどの分析)ができるため、サイトの問題点、改善点を発見しやすいというメリットもあります。

デメリット

一方、デメリットとしては、全国と競合しなければならないことがあげられます。販売エリアは大きくなりますが、その分競争相手も多くなってしまいます。また、店舗による販売と比べると買い手が有利になりやすいため、価格競争に巻き込まれる可能性が高まります。

「顧客」から見たeコマースのメリットとデメリット

メリット

顧客から見たeコマースの一番のメリットは、好きなタイミングで買い物ができることです。ECサイトは通常24時間運営なので、夜間でも、土日や祝日でも、年末年始やGWでも、好きな時に買い物ができます。また、お店まで足を運ぶ必要が無いので、外出が難しい高齢者や病気持ちの人でも利用できます。

eコマースは価格競争が起こりやすく、それ故店舗よりも安価で商品を変えることも珍しくありません。

デメリット

デメリットは相手が見えない取引のために、慣れていない人はどうしても不安を覚えやすいことです。実際にeコマースでトラブルに巻き込まれる頻度はそれほど高くないのですが、こればかりは経験して慣れていくしかありません。

また、eコマースで商品を購入する場合、原則として商品の配送料は顧客が支払うことになります。商品本体の価格が安くても、送料を含めると却って割高になってしまうということも十分ありえるので注意が必要です。

ECサイトの出店方法

eコマースに参戦するには、オンラインモールを利用する方法と、独自サイトを構築する方法があります。実店舗で例えれば、前者はイオンやららぽーとといった商業施設のテナントに入るようなもので、後者は自分で独立した小規模な店舗を作ってそこで商売をするようなものです。

オンラインモールのメリットとデメリット

オンラインモールとは具体的いえば楽天市場やAmazonマーケットプレイス、Yahoo!ショッピングなどのことです。こうした既存のオンラインモールに対して費用を払って出店させてもらい、そこで商品の販売を行います。

メリット

この用法のメリットは、集客が簡単なことです。何しろ楽天市場やAmazonマーケットプレイスは放って置いても毎日沢山の人が集まるのですから、独自サイトのように集客に必死になる必要はありません。また、オンラインモールが豊富な決算手段を用意してくれますので、顧客を逃しにくいのもポイントです。

デメリット

一方、デメリットは費用がかかることです。一般的なオンラインモールの場合、初期費用に相当する出店料、固定費用に相当する月額利用料、そして売上に対する一定のロイヤリティーを支払う事になります。出店料と月額利用料は売上、ひいては利益が出なくても取られるため、出典はしたものの赤字になる、ということも十分考えられます。

また、オンラインモールで買い物をする顧客は「楽天市場で買い物をしている」「Amazonマーケットプレイスで買い物をしている」という意識を持ちやすいため、ブランド力がつかない(個別のショップ名を覚えてもらいづらい)という欠点もあります。

また、顧客の情報はオンラインモール側に集められるため、顧客情報を活かした囲い込みやセールなどがしづらい面があります。

独自サイトのメリットとデメリット

メリット

独自サイトの一番のメリットは、オンラインモールの利用料金がないので利益を拡大しやすいことです。仮にオンラインモールに出店しても独自サイトを築いても売上が同じだというのならば、独自サイトを築いたほうが得だということになります。

また、独自サイトでは顧客の情報が手元に残るため、その顧客の特性にあった囲い込み戦略によってリピーターを増やすことができます。

デメリット

一方、デメリットとしては、独自にサイトを作成、運用する必要が有ることです。サイトの作成・運用ノウハウがないと、導線がわかりづらいサイトが出来上がってしまったり、いつまでたっても検索エンジンで上位表示されずアクセスが集まらなかったり、ということが起きてしまいます。かと言ってそれらの作業を外部に委託すると高額な費用がかかり、オンラインモールに出店するよりも高く付いてしまいかねません。

eコマースに関する法律

eコマースは通常の対面での取引とはまた異なるものであるため、特定商取引法を始めとする様々な法律で顧客が保護されています。

特定商取引法のポイントは誇大広告の禁止と電子メールによる広告の制限です。誇大広告とは実態にあっていない性能や効能を記述したり、商品の原産地を偽ったりすることです。このような行為は特定商取引法に反するものとみなされ、刑罰の対象となります。

景品表示法では、商品に過大な景品をつけることが禁止されています。例えば、商品購入者にもれなく景品を与える場合、もしくは先着何名かに景品を与える場合、その景品の価格は商品単価が1000円未満なら100円まで、1000円以上の場合は商品単価の10分の1までと制限されています。

著作権法では、他のサイトや写真、文章などを無断でECサイトに使用してはいけないとされています。ただし、他人の著作物を引用することは認められています。引用にあたっては自分の著作物が主、引用部分が従であり、なおかつ引用部分と本文を明確に区別する必要があります。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)