兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

5大装置の意味と使い方をマスターしよう!

5大装置とは、コンピュータのハードウェアを構成する5つの装置のことです。具体的には制御装置、演算装置、記憶装置、入力装置、出力装置の5つを指します。

1. 制御装置

制御装置とは、他の装置を制御するための装置です。現代のコンピュータにおいては、CPUが制御装置と演算装置を兼ねていることがほとんどです。

2. 演算装置

演算装置とは、算術演算や論理演算などの演算をするための装置です。演算を行う回路、演算結果を保存するアキュムレータ、正負や桁上りを管理するフラグレジスタなどで構成されています。現代のコンピュータにおいては、CPUが制御装置と演算装置を兼ねていることがほとんどです。

3. 記憶装置

記憶装置とは、プログラムや作成したデータなどを保存するための装置です。記憶装置はさらに一時的にデータを記録するための主記憶装置と、永続的にデータを記録するための補助記憶装置に分類できます。現代のコンピュータにおいては、前者はメモリ(DRAM)、後者はハードディスクやSSDなどが採用されることが多いです。

4. 入力装置

入力装置とは、必要なデータを外部から入力するための装置です。マウスやキーボード、ペンタブレット、スキャナ、マイク、カメラなどが該当します。

5. 出力装置

出力装置とは、コンピュータ内部のデータを人間にもわかるように出力するための装置です。プリンタ、ディスプレイ、スピーカーなどが該当します。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)