兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

IPアドレスの意味と使い方をマスターしよう!

IPアドレスとは、インターネットやローカルエリアネットワーク(LAN)などのネットワークに接続されたコンピュータに割り当てられる識別番号(数字の羅列)のことです。

あるネットワークにつながっているコンピュータは、すべて違うIPアドレスを持ち、重複することはありません。

逆に言えば、違うネットワーク(家庭内LANと企業内LANなど)でIPアドレスが重複することはありえます。

グローバルIPアドレスとローカルIPアドレス

IPアドレスの中でも、インターネットに直接接続されているコンピュータに割り当てられるIPアドレスをグローバルIPアドレスと言います。

それに対して、LANなどに接続されているコンピュータに割り当てられるIPアドレスをローカルIPアドレス、もしくはプライベートIPアドレスと言います。

例えば、家庭内で数台のパソコンを結んでLANを作り、更にその各パソコンからインターネットにアクセスできるようにするとします。

この場合、グローバルIPアドレス代わり与えられるのはインターネットと直接接続するルーターのみです。

各パソコンはインターネットに直接接続しているわけではないので、ローカルIPアドレスが割り当てられます。

動的IPアドレスと固定IPアドレス

グローバルIPアドレスには、動的IPアドレスと固定IPアドレスがあります。

動的IPアドレスとは、接続するたびに変化するIPアドレスです。

インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)は複数のグローバルIPアドレスを保有しており、ユーザーがインターネットに接続しようとした場合、その時点で余っているグローバルIPアドレスを割り当てます。

そのため、直前まで他人が使っていたグローバルIPアドレスを使う、ということもよくあります。

一方、固定IPアドレスは切断と再接続を繰り返しても、毎回同じIPアドレスが割り当てられます。

動的IPアドレスのメリットは、予めインターネットに接続する機器にユーザーがIPアドレスを割り当てる必要が無いため、機器の管理が簡単になることが挙げられます。

また、限りあるグローバルIPアドレスを効率的に使えるという面でも優れています。

一方で、再接続のたびに違うグローバルIPアドレスが割り当てられるため、サーバーを公開することができなくなってしまいます。

一方、固定IPアドレスならばサーバーの公開はもちろん、リモートアクセス(遠く離れたコンピュータに外部から接続する技術)やウェブカメラへのアクセスもできます。

しかし、その分費用がかかります。

インターネットに接続してインターネットサーフィンや動画視聴などを楽しみたいだけならば、動的IPアドレスでも全く問題はありません。

IPアドレスの構造(IPv4とIPv6)

IP(情報伝達の方式)にはIPv4とIPv6の2種類があります。

現在世界的に主流なのはIPv4で、IPアドレスは32ビットの2進数で表します。

しかし、1と0がズラッと並んでいるだけでは理解しづらいため、通常は8ビットごとに「.」で区切り、それを10進数に直した形で表します。

例えば、

「11000000101010000000000011111111」

というIPv4アドレスは、

「192.168.0.255」

と変換された状態で表記されます。

この方式を採用した場合、全部で2の32乗、つまり約43億個のグローバルIPアドレスが生成できることになります。

先進国の一部の人間のみがインターネットを利用する場合はこれでも良かったのですが、途上国にもインターネットが普及すると次第にIPアドレスの不足が問題視され始めます。

そのために実用化されたのがIPv6という新しい仕組みです。

IPv6の場合、IPアドレスは128ビットの2進数で表します。

やはり1戸0が大量に並ぶだけでは理解しづらいため、通常は16ビットごとに「.」で区切り、それを10進数に直した形で表します。

この方式を採用した場合、全部で2の128乗、つまり340兆の1兆倍のさらに1兆倍のグローバルIPアドレスが生成できることになります。

仮に現在の全人類(約73億人)が、それぞれ1兆個の端末をグローバルIPアドレスでインターネットに接続したとしても、全体の0.000000000000001%も使っていない計算になります。

つまり、事実上無制限にグローバルIPアドレスを生成できるわけです。

IPアドレスとドメイン名

IPアドレスと関係が深いものに、ドメイン名というものがあります。

ドメイン名とは簡単に言えば、IPアドレスを人間がわかりやすい形に変換した文字列です。

前述の通り、IPアドレスは1と0の羅列をドットで区切って10進数に直したものです。

これはコンピュータにとっては理解しやすいものですが、人間にとっては理解しづらいものです。

しかし、ドメイン名は人間にとって意味のある単語から構成されていることが多いので、覚えやすいです。IPアドレスとドメインの変換を行うのが、DNSというシステムです。

 

 

 

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)