兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

IP電話の意味と使い方をマスターしよう!

IP電話とは、インターネットで使われている技術(IP)を利用した電話です。

固定電話とIP電話の違い

固定電話とはいわゆる電話で、電話回線を使って通話を行うものです。
一方、IP電話はインターネット回線を使って通話を行うもので、電話番号は通常050から始まります。
固定電話からIP電話、あるいはIP電話から固定電話に電話をかけることも可能です。

固定電話とIP電話の最大の違いはコストです。
IP電話は固定電話と比べて初期費用、通話料金のいずれもかなり低めに設定されています。

特に通話料金は提携プロバイダ間ならば無料になるため、電話料金を気にすることなく電話を楽しむことができます。

無料にならない場合でも、全国どこにかけても7.5円~8.5円/3分と非常に安いです。

一方、IP電話はインターネット回線を利用したものなので時々通話が不安定になることがあります。

特に高速道路や電話のガード下、トンネルの中などは電話がかかりにくくなる可能性が高いです。自宅で無線LAN接続する場合はほとんど気にならないレベルです。

また、IP電話は一部の電話番号にかけられないという弱点もあります。例えばフリーダイヤル(0120)、緊急電話番号(119、110)などにはかけられません。

IP電話の利用方法

固定電話を使ってIP電話を利用する場合は、プロバイダと契約を結びます。

電話機は固定電話として使えるものならば機種を問わず使えます。

スマートフォンを使ってIP電話を利用する場合は、アプリをインストールします。

 

 

 

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)