兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

101キーボード・104キーボード・106キーボード・109キーボードの意味と使い方をマスターしよう!

101キーボード・104キーボード・106キーボード・109はいずれもWindowsを搭載したパソコン向けのキーボードの一つです。キーの数がそれぞれ101、104、106・109個あるため、このような名前がつけられています。

キーボードの種類

101キーボード

101キーボードは1980年台にIBMが開発したもので、他のキーボードのキー配列の基礎となったものです。英語圏向けのキーボードであり、日本で見られることは殆どありません。

104キーボード

104キーボードは101キーボードをもとに考案されたもので、101キーボードに「Windowsキー」2つ、「アプリケーションキー(メニューキー)」が追加されたものです。英語圏向けのキーボードですが、日本で広がることになった106キーボード・109キーボードの基礎にもなっています。

106キーボード

106キーボードは101キーボードの配列を基礎にしたもので、101キーボードに「半角/全角」「カタカナ/ひらがな」「変換」「無変換」「@(゛)」の5つのキーが追加されたものです。日本語圏向けのキーボードの中では最も基本的なものです。

109キーボード

109キーボードは106キーボードに「Windowsキー」2つ、「アプリケーションキー(メニューキー)」が追加されたものです。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)