兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

LANの意味と使い方をマスターしよう!

LANとは、企業内や家庭内などの限られた範囲にあるネットワークのことです。

ネットワークとはコンピュータやプリンタなどの複数の端末を繋ぎ合わせた一つの塊のことです。

LANとインターネットの違い

LANもインターネットも、複数の端末と繋ぎ合わせたネットワークであるという点では同じものです。

しかし、LANはある企業や家庭に所属している人にしか使えないのに対して、インターネットは誰でも利用できるという違いがあります。

LANは閉じたネットワーク、インターネットは開いたネットワークなのです。

また、LANにはネットワークを管理する人がいて、その人がユーザの利用権限やネットワークの設定、通信ルールの決定などを行いますが、インターネットにはそれに該当する人はいません。

有線LANと無線LANの違い

LANは大きく有線LANと無線LANに分けることができます。

有線LANとは光ファイバーや動線などを用いた通信ケーブルで機器同士を接続したもので、無線LANは電波などの無線通信で機器同士を接続したものです。

有線LANの規格の中でも最も有名なものがEthernetで、無線LANの規格の中でも最も有名なものがWi-fiです。

有線LANのメリットとしては、通信が安定しやすいことがあげられます。

無線LANは障害物の影響を受けることがありますが、有線LANにはそれがありません。

通信速度自体も早く、大容量のデータを送受信するのに向いています。

一方でケーブルで端末同士を接続するため、端末が増えるとケーブルがごちゃごちゃするというデメリットもあります。

無線LANのメリットとしては、ケーブルが必要ない事が挙げられます。

増設や移設も簡単に行なえますし、少し離れた部屋においてある端末でも接続できます。

一方で通信がやや不安定になりやすく、セキュリティ面に不安があると言ったデメリットもあります。

結局は土地らも一長一短ですが、家庭内レベルでは無線LANのほうが広く利用されているようです。

 

 

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)