兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

Netscape Navigatorの意味と使い方をマスターしよう!

Netscape Navigatorとは、1990年台にアメリカのネットスケープ・コミュニケーションズ社が開発したウェブブラウザソフトのことです。

今では当たり前となっているJavaScriptを初めて実装したウェブブラウザでもあり、一時期は高いシェアを誇っていました。

現在は開発が終了しています。

繁栄と衰退

世界初のウェブブラウザ「WorldWideWeb」が公開されたのは1991年2月のこと。

その後幾つかのブラウザが相次いで発表されましたが、いずれも画像とテキストを一緒に見ることが出来ないという欠点がありました。

1993年にはイリノイ大学のスーパーコンピュータ応用研究所(NCSA)が、世界初のインライン画像を表示できるブラウザ「Mosaic」を発表。

その高性能さからたちまちウェブブラウザソフトの代名詞になるほどのシェアを獲得します。

その後、NCSAでMosaicの開発に携わっていたマーク・アンドリーセン氏らは独立してモザイク・コミュニケーションズ社を設立(のちにネットスケープ・コミュニケーションズに社名変更)。

1994年「Netscape Navigator」を公開

当初は有料で配布されていたにも関わらず、その革命的な高性能さが話題となり、一時期は9割近いシェアを獲得しました。

しかし、1995年にMicrosoft社が自社のOSである「Windows」を搭載したパソコンに「Internet Explorer」をプレインストールして販売開始すると、徐々に牙城が崩れ始めます。

当初はNetscape Navigatorのほうが機能や安定性で優れていたのですが、新しいバージョンがリリースされるにつれて徐々に立場は逆転。

Internet Explorerは無料で、インストール作業が不要ということもあり、ついにはNetscape Navigatorを抜き去ります。

1998年にはNetscape Navigatorも無料になるのですが、Internet Explorerの爆発的な普及を止めることは出来ず、ネットスケープ・コミュニケーションズ社はAOL社に買収されます。

しかし、それでもなおInternet Explorerの優勢は変わらず、むしろ差は開いていきます。

同年にはオープンソースソフトウェアとして無償で公開され、関連資産はモジラ財団に引き継がれました。

2003年6月にはNetScape7.1がリリースされるものの。それでもシェアは回復せず、ついには日本法人が撤退します。

一方、文字ら財団は新ブラウザ「Firefox」を公開。当時シェア率が95%を超えていたInternet Explorerに勝負を挑みます。

牙城を崩すとまでは行かなかったものの、徐々にシェアを食いとっていきます。

開発の停止とFirefoxへの移行推奨

一方、NetScapeは2008年2月20日に最終バージョンNetScape9.0.0.6がリリース。

開発の停止とFirefoxへの移行推奨がなされ、NetScape Navigaterはその歴史に終止符を打ちました。

ちなみに、その後Internet Explorerは拡張性の乏しさや動作の重さなどが不評で徐々にシェアを減らしており、日本でも世界でも後発のGoogle Chromeにシェアトップの座を明け渡しています。

一方、NetScapeの流れを汲むFirefoxは日本でも世界でもGoogle ChromeとInternet Explorerに次ぐ3位のシェアがあり、一定の地位を保っています。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)