兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

2036年問題の意味と使い方をマスターしよう!

2036年問題は、一部のコンピュータやソフトウェアが2036年以降の日付を正しく扱えないのではないかとする問題のことです。

インターネットに接続されているコンピュータは、NTPというプロトコルによって時間を同期しています。NTPは世界標準時で1900年1月1日午前0時0分0秒を「0」、同日午前0時0分1秒を「1」、午前0時0分2秒を「2」……と言った感じで扱っています。

この値は32ビットの2進数で表されるため、最大値は42億9496万7295となります。世界標準時で2036年2月6日6時28分15秒にはこの数値に達することになりますが、これをすぎるとコンピュータが誤作動するのではないか、と言われています。どのような誤作動が発生するかは、明らかになっていません。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)