兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

ハッカーの意味と使い方をマスターしよう!

ハッカーとは、コンピュータについて高度な知識や技術などを持ち合わせている人のことです。また、システムの内部に不正に侵入し、いたずらをしたり情報を盗んだりする人のことをハッカーということもあります。
 

 

ハッカーの語源と意味の変遷

 
インターネットの黎明期では、セキュリティホールを突破して侵入し、そのことを相手に知らせることによって注意を呼びかけるハッカーが少なからず存在していました。こうしたハッカーの互助的な精神は尊敬の対象とされたこともあり、システム構築者が、システムに穴がないことを確かめるためにハッカーを雇うことも少なくありませんでした。
 
しかし、その一方で優れた技術を情報の詐取やいたずらなどの悪事に使う人間も多く、いつしかそうした人間もハッカーと呼ばれるようになりました。最近はむしろこうした悪意のある人間をハッカーと呼ぶことが多いようですが、これは本来誤用です。
 
こうした傾向に対抗するため、最近は悪意あるコンピュータマニアをクラッカーと予備、ハッカーとは区別すべきであるという運動も起き始めているようですが、定着するには至っていません。
 

ハッカーとその類義語

 

ハッカー

 
前述のとおり、コンピュータについて高度な知識や技術を持ち合わせている人のことです。ネットワーク、プログラミング、ソフトウェアなど、幅広い分野に精通しているハッカーがいます。ハッカーの中でも善意ある人々(企業を守るためにその知識や技術を使う人)をホワイトハッカー、悪意を持ってクラッキングを行うハッカーをブラックハッカーと読んで区別することもあります。
 

クラッカー

 
コンピュータについて高度な知識や技術を併せ持ち、それを不正に利用する人たちのことです。概ねブラックハッカーと同じ意味合いを持ちます。
 

ワナビ

 
パソコンについて詳しく、不正行為に対してもある程度精通しているものの、ハッカーには遠く及ばない知識や技術の持ち主の総称です。元は、「ハッカーになりたがる馬鹿」(”I wanna be a hacker”)から。いわゆる蔑称であるため、積極的に使うべきではありません。
 

ニュービー

 
コンピュータに興味のある素人のことです。その後もずっとニュービーのままで居続けたり、中途半端にワナビになったり、きちんと勉強してハッカーになったりします。
 

世界のハッカーと日本のハッカー

 

 
世界の国口の中でも特にアメリカはハッカーを積極的に雇用しています。政府はもとより、高いセキュリティ性が要求される金融機関、あるいは製造業などでの採用が活発化しています。
 
それに比べて日本はいわゆる正義のハッカーが不足しているとされていましたが、2015年に政府はホワイトハッカーの登用拡充に乗り出しました。従来数人程度だったホワイトハッカーの数を大幅に増やし、待遇も改善したうえで将来は数十人程度とする以降を固めています。大規模なサイバー攻撃が懸念される2020年の東京五輪に向けての対応です。
 

日本一有名なハッカー・下村努

 
正義のハッカーが不足していると言われている日本ですが、その数少ない正義のハッカーの中でも特に有名なのが下村努さんです(現在はアメリカ国籍)。下村さんは1964年生まれのコンピュータセキュリティの専門家で、当時は日本国籍の持ち主でありながらアメリカの有名企業、空軍、果ては連邦捜査局からも協力を求められたことがあり、FBIが追っていた全米指名手配の史上最悪のクラッカーとして有名なケビン・ミトニックの居場所を突き止めたことで一躍有名となりました。
 
ちなみに、その後ミトニックは正義のハッカーに転身しており、現在は企業のセキュリティを行うコンサルティング会社を設立し、企業を守る存在として活躍しています。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)