兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

ベストエフォートの意味と使い方をマスターしよう!

ベストエフォートとは、提供するサービスの品質について明確に保証をせず、状況に応じて最大限の努力をする形態のことです。現代においては、インターネットの通信速度の実効速度について使われることがほとんどです。
 

インターネットの通信速度は保証されていない

 

 
インターネット回線事業者のウェブサイトを見ると「最大で1Gbps」と言った表記を目にします。1Gbpsと聞くとずいぶん早いように思えますが、そのウェブページをよく見るとどこかに「この速度は技術規格上の最大値であり、実効速度ではありません。利用環境や回線混雑状況次第で速度が低下することがあります」という表記があるはずです。要するにうまく行けば1Gbpsの速度が出ることもありますが、利用環境次第でそれよりもずっと遅くなる可能性もありますよ、ということです(実際に1Gbpsが出ることはほとんどありません。すべての環境が理想的に整っていれば出ないこともないですが、そのような幸運が起こることはめったに無いでしょう)。
 
このように、できるだけ速度が早くなるように努力はするけど、最低速度について保証していないサービスをベストエフォート型といいます。回線の種類(光、ケーブルテレビ、ADSLなど)にかかわらず、基本的に一般の人が使えるインターネット回線はベストエフォートだと思ったほうが良いでしょう。速度が保証されていないとはいえ実際には十分な速度が出ることがほとんどですし、費用の割には安価だからです。
 
一方、最低限の品質が保証されているサービスをギャランティといいます。企業が本社と支社の間に引くような専用線はギャランティで提供されていることが多いです。専用線は文字通り専用の線なので、混雑によって速度が低下することはありません。その代わり金額が高価なので、個人や小さなオフィスが契約するには負担が大きすぎます。そのため、大企業の専用回線以外ではあまり採用されることがないようです。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)