兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

インフィード広告の意味と使い方をマスターしよう!

ツイートのインフィード広告例

インフィード広告とは、コンテンツとコンテンツの間に表示される、「コンテンツにとこけこむ自然な広告」のことです。

トーン&マナーを掲載先のデザインや機能に合わせるのが特徴です。広告を「広告っぽくないもの」のように見せることで閲覧者の心理的な壁を取り除きます。

メディアが本来表示するもの(ツイートや記事など)に体裁を合わせた広告を「ネイティブ広告」といいます。インフィード広告がなからずしもネイティブ広告というわけではありませんが、最近は両者を同じ意味で使う人も多いようです。

例えば
最近のツイッターではタイムラインの中にそれとなく広告が混じっています。「え、そんなもの見たことないよ」という方は、タイムラインを表示してよーく確認してみてください。フォローしている人のつぶやきに交じって、企業などの広告が入っているはずです。広告はタイムラインの中に埋め込まれているため、気を付けて見ていないと見逃してしまうかもしれません。反面、タイムラインの中に埋め込まれているため広告っぽさがなく、自然と広告を見てもらうことが可能です。

インフィード広告誕生の経緯とメリット

現在、インターネット上で主流な広告の形式はバナー広告や検索連動型広告(リスティング広告)です。こうした広告はネット広告というものが有名になる前は興味を持ってもらいやすかったのですが、最近はネットユーザーのネット広告に対するスルースキルが上がっており、そうした一般的な広告は見向きもされなくなりつつあります。

そこで誕生したのがインフィード広告です。

インフィード広告は一見そのウェブサイトの記事やほかの人のツイートのように見えるので、ついついクリックしたくなってしまうものです。ウェブサイトに溶け込みやすいタイプの広告なので普段意識することはあまりないかもしれませんが、現在は多くのウェブサイトがインフィード広告を採用しています。たとえば、現在はスマートフォン版のYahoo!JAPANトップページにもインフィード広告が設置されています。そのほか、facebookやツイッターなどでもインフィード広告が採用されています。

インフィード広告のデメリット

一見そのウェブサイトのコンテンツのように見えることがインフィード広告の最大のメリットですが、それはそのままデメリットにもなります。せっかく面白そうな記事だからとクリックしたのに突然広告が表示されたら閲覧者は「騙された!」という気分になりますよね。不快感を持たれるような広告はかえってユーザー離れを招いてしまう可能性があるので注意が必要です。ステルスマーケティング扱いされないように、しっかりと広告だとわかる表記をすることが大切です。

また、インフィード広告はそのデザインを出稿先の媒体に合わせる必要があります。

ニュースサイトに出稿するならばいかにもニュース記事っぽい感じにしなければなりませんし、ツイッターに出稿するならば普通のつぶやきっぽく見せる必要があります。従来の広告は多数の媒体で使いまわすことができましたが、インフィード広告の場合はそれができません。出稿にかかるコストや時間は、より多くなると思って間違いないでしょう。

インフィード広告の将来性

メリットもデメリットもあるインフィード広告ですが、ほかの広告形式と比べると広告っぽさがないというのはやはり大きなメリットといえます。これからはバナー広告や検索連動型広告といったいかにも広告の匂いがするものにとって代わる可能性も高いです。

最近はYahoo!JAPANやfacebookといった有名なサイトはもちろん、もっと小さなサイトでもインフィード広告の募集を行っていますので、気になった方はいろいろと探してみてくださいね。

只今、インターネットサービス無料相談会実施中です。

アイデアを形にしたい、効果的なWEBサイトを作りたい、マーケティングで悩んでいる・・・など、どんな些細な事でも構いません。気軽にご相談下さいませ。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)