兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

カードスロットの意味と使い方をマスターしよう!

カードスロットの意味と使い方をマスターしよう!

カードスロットとは、PCカードの差込口のことです。

PCカードとは?

PCカードとは、ノートパソコン向けの拡張カードの規格の一つです。日本とアメリカが強調して規格統一を行ったものであり、ノートパソコンのほか、一部のデスクトップパソコンでも採用されています。

現在最も広く使われているのは、薄型のType IIと呼ばれるもので、フラッシュメモリ、モデムカード、SCSIインターフェイスといった、ありとあらゆる拡張用のインターフェイスとして用いられています。

PCカードでできること

PCカードとは?

PCカードを利用することにより、無線LAN子機が搭載されていないパソコンでも無線通信ができるようになったり、ワンセグ視聴が可能になったり、USB端子を増設したりすることができます。もともとノートパソコンに搭載されていない機能を追加することができるため、パソコンを自分好みにカスタマイズしたいと考える人が良く使うようです。

PCカードの規格

PCカードにはTypeI(3.3mm)、TypeII(5mm)、TypeIII(10.5mm)の3種類があります。パソコンの種類ごとに使えるTypeが決まっています。TypeIは最も薄く、おもにSRAMカードやリニアフラッシュメモリなどに使われます。現在ではあまり見かけなくなったTypeです。

TypeIIはATAフラッシュメモリカードなどに使われます。現在最も広く普及しています。TypeIIIはATA HDDカードに主に使われます。マイクロドライブの登場後はあまり使われなくなりました。

PCカードスロットの場所は?

一般的にはノートパソコンの側面にPCカードスロットがあります。パソコンの種類ごとに使えるTypeは決まっていますが、TypeII対応のスロットはTypeIのスロットも同時に扱えることが多いようです。また、TypeIII対応のスロットはTypeIやTypeIIが使えることも多いようです。大きなノートパソコンではTypeIIIのスロットが用意されていることも多いですが、小型のモバイルPCなどの場合はTypeIIのカードスロットが一つしかないということもあります。通販などでノートパソコンを購入する場合は、事前に使用を確認しておいたほうがいいでしょう。

カードスロットはどんなパソコンにもあるの?

カードスロットはノートパソコン向けのものですが、すべてのノートパソコンにカードスロットがあるわけではありません。

また、カードスロットが搭載されているパソコンでも、その数はまちまちです。カードスロットが搭載されていないパソコンや、その数が少ないパソコンは、USB接続などによってカードスロットを増設することも可能です。

PCカードアダプタとは?

PCカードよりもさらに小さいカード型の機器をPCカードスロットに接続するためのアダプタをPCカードアダプタといいます。また、カードスロットのないパソコンに接続し、PCカードを使えるようにする周辺機器もPCカードアダプタといいます。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)