兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

カーソルの意味と使い方をマスターしよう!

カーソルの意味と使い方

カーソルとは、コンピュータの画面上で入力する位置を示しているマークのことです。一般的には矢印のカタチをしていますが、状況に応じてほかのカタチになることもあります。

マウスカーソルの矢印がまっすぐでないわけ

通常、マウスカーソルは少し傾いた矢印のカタチをしています。この矢印、何で少し傾いているか皆さんはご存知ですか?特に理由はないようにも思えますが、実はこの矢印の傾きにも明確なわけがあるのです。

現在使われているマウスやマウスカーソルを開発したのは、アメリカの発明家であるダグラス・エンゲルバート氏です。当時開発されたマウスはすでに現在のものとほとんど同じ形をしていたのですが、マウスカーソルは現在のものと違って矢印がまっすぐ上のほうを向いていました。

そしてそれから5年後、エンゲルバート氏の発明をもとにゼロックスのパロアルト研究所でコンピュータ試作機が開発されます。このコンピュータでは斜めの矢印が使われることになりました。

理由は、当時のディスプレイは解像度が低かったためです。当時のディスプレイの解像度では、まっすぐ上を向いた矢印を表現することが事実上できなかったため、より描写が容易な斜めの矢印が採用されたのです。

斜めの矢印はまっすぐの矢印と比べて文字との判別が用意で、表示も簡単だったことから、ほかのコンピュータでも広く採用されるに至りました。

そしてそれから時は流れて2015年。現在のコンピュータのディスプレイの解像度が飛躍的に向上しましたが、いまだにカーソルのカタチは斜めになったままです。

現代の技術ならまっすぐな矢印をカーソルにすることは難しいことではないのかもしれませんが、特に変える必要もないということで斜めの矢印が採用され続けているようです。

マウスカーソルのカタチは変更できるの?

カーソルの変更

 

マウスカーソルのカタチは通常、上記のとおり斜めの矢印ですが、この形を変更することも可能です。ここではWindows8/8.1でマウスカーソルのカタチを変える方法を説明したいと思います。

まずはパソコンを立ち上げ、デスクトップを表示させます。次にチャームを表示させて、設定から「個人用設定」を選択します。Windows8.1の場合は設定から「パーソナル設定」をクリックします。

個人設定(パーソナル設定)が表示されたら、画面左にある「マウスポインタ―の変更」をクリックします。するとマウスのプロパティが表示されるので、「ポインター」タブをクリックし、デザインボックスの中から任意のデザインを選択し、OKを選んでください。これだけで用意された素材の中から自由にマウスカーソルの形状を変更することができます。

この方法では決められたデザインに従って歯科変更できませんが、各状況別のマウスカーソルを個別に変更することもできます。カスタマイズから該当する状況を選んで、参照ボタンからマウスカーソルを選んでください。

マウスカーソル素材のダウンロード

さらに個性的なマウスカーソルを使いたい場合は、すでに配布されている素材をダウンロードするといいでしょう。「マウスカーソル 素材」で検索すると、いろいろなサイトがヒットします。素材をダウンロードして、C:\Windows\Cursorsに保存しておいてください。

マウスカーソルの調子がおかしい時

マウスカーソルの調子がおかしい時

マウスカーソルが勝手に移動するときには、以下のことを確かめてみましょう。

NXパッド(タッチパッド)に触れていないか確認する

本人にそのつもりはなくても、NXパッドに触れてしまっているとマウスカーソルが勝手に飛んでしまいます。特にキーボードでの入力中は誤ってNXパッドに触ってしまいやすいので、十分な注意が必要です。ついついNXパッドを触ってしまうという場合は、あらかじめNXパッドの感度を下げておいたほうがいいでしょう(パソコンによってはNXパッドの感度が調整できないことがあります)。

NXパッドの感度を調整するには、まずコントロールパネルを開きます。次に一覧表示の中から「ハードウェアとサウンド」を開き、「マウス」をクリックします。

Alps NXパッドを使っている場合、「NX PAD」タブをクリックし、NXパッドの画像をクリックします。するとNX PADが表示されるので、左側の一覧表示の中からポインティングをクリックして、タッチ感度を調整します。

Synaptics NXパッドを使っている場合、デバイス設定の中の「設定」をクリックします。その中から「デバイス設定:Synaptics ClickPad」の「SmartSense」をダブルクリックし、つまみを左右に調整して感度を調整してください。

Elan NXパッドを使っている場合、「NXパッド」タブをクリックし、「オプション」をクリックしてください。すると「Elan Smart-Pad」が表示されるので、追加タブをクリックし「感度」をクリックしてつまみを調整してください。

 マウスパッドが傾いていないか確認する

マウスパッドに凹凸があると、何もしていないのにマウスが滑り落ちて勝手にカーソルが動いてしまうことがあります。ベッドの上など、凹凸がある部分でマウスを操作している場合は注意が必要です。

Num Lockがオフになっていないか確認する

Num LockキーはパソコンのテンキーをONにするためのものです。Num Lockがオンになっている最中にテンキーを押すと、数字を入力することができます。しかし、このNum Lockがオフになっているときにテンキーを押すと、マウスカーソルが上下左右に動いてしまいます。

このような時は、Num Lockランプを確認してみてください。ランプの位置はパソコンによって様々ですので、ランプの場所がわからないという場合は説明書を読んでみましょう。ランプが消えている場合はNum Lockがオフになっていますので、もう一度Num Lockキーを押してください。

キーボードやマウスが故障していないか確認する

キーボードやマウスが故障していると、マウスカーソルが突然予期していない動きをすることがあります。また、キーボードの間に何かが挟まっていたりする場合も、マウスカーソルがおかしな動きをすることがあります。

ウイルスに感染していないか確認する

上記の原因が当てはまらないときは、何らかのウイルスに感染している可能性があります。すぐにパソコンをLANから切り離したうえで、ウイルスチェックを行いましょう。

マウスカーソルが動かないとき

マウスカーソルが動かないとき

マウスカーソルが動かなくなってしまった場合は、以下のことを確認してみてください。

マウスが故障していないか確認する

マウスが故障していれば、当然マウスカーソルは動きません。ほかのパソコンに接続するなどして、そのマウスが使えるものなのか確認してみましょう。マウスが故障していた場合は、新しいものに取り換えましょう。

マウスパッドに問題がないか確認する

レーザー式マウス、光学式マウスは、斜めの場所や表面に凹凸のある場所では正しく動作しないことがあります。また、光沢がある面の上や、鏡やガラスなどの上でも正しく動作しないことがあります。マウスは単色の光沢のない面の上で操作することをお勧めします。

パソコンを再起動する

パソコンが一時的に不安定になっている場合、マウスに問題がなくてもマウスカーソルが動かなくなってしまうことがあります。その場合は、パソコンを再起動することにより、再びマウスが動くようになります。マウスが動かない状態でパソコンを再起動するためには、キーボード入力でコマンドを入力する必要があります。Windowsパソコンの場合は、キーボードの「Ctrl」「Shift」「Delete」を一緒に押すことによって、パソコンの電源を切ることができます。

周辺機器やアプリケーションの影響がないか確認する

新しいアプリケーションをダウンロードしたり、新しい周辺機器を接続したりした直後は、その影響でマウスが正常に動作しないことがあります。その場合はそのアプリケーションをアンインストールしたり、あるいは周辺機器をいったん外すなどしてからマウスカーソルが動くかどうかを確認してください。

それによってマウスカーソルが正常に動くようになった場合、アプリケーションや周辺機器に何らかの問題がある可能性が大です。アプリケーションや周辺機器の説明書をよく読み、それでも原因がわからない場合は公式に問い合わせるといいでしょう。

接続を確認する

ワイヤレスマウスの場合

ワイヤレスマウスをお使いの場合、環境によってはマウスポインタが正常に動作しなくなることがあります。まずはワイヤレスマウスの電源スイッチを確認してみましょう。電源がOFFになっている場合は、ONにしてください。ONになっている場合は一度OFFにして、数十秒ほど待ってから再び電源をONにしてください。これだけで正常に戻ることもあります。

また、ワイヤレスマウスは電池で動くため、電池が切れると動かなくなります。電池が切れていなくても接触が悪かったりすると正しく動きません。電池の残量を確認し、残りが少なくなってきている場合は新しい電池に取り換えてください。その際には正しい向きに電池を入れなおしてください。

また、ノートパソコンは機内モードがオンになっていると、ワイヤレスマウスを使うことができません。機内モードとは飛行機や病院でパソコンを使うためのモードで、その最中はすべてのワイヤレス通信ができなくなります。機内モードはキーボードのファンクションキー(Fnキー)とF2キーを同時に押すことによってオンオフを切り替えることができます。

また、パソコンがフリーズするとワイヤレスマウスからの入力ができなくなることがあります。その場合はいったん強制終了し、再起動をすると元の状態に戻ります。強制終了する場合はキーボードの「Ctrl」キーと「Shift」キーと「Delete」キーを同時に押せばOKです。

有線マウスの場合

有線マウスの場合、ケーブルが正しく接続されていないとマウスカーソルが正しく動きません。一見正常につながっているように見えてもつながっていないこともあります。動作がおかしくなったときはとりあえず一度ケーブルを抜いて、もう一度差し込んでみてください。それだけで正常な動作に戻ることもあります。光学式マウスの場合、正しく接続されていればマウスの裏面が光るので、それが目印になります。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)