兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

ゲートウェイの意味と使い方をマスターしよう!

ゲートウェイとは、以下の二つの意味を持ちます。

  1. ネットワークやシステムにおいて、異なったプロトコルを持つデータの相互通信を可能にする仕組み、もしくはその機器のこと。
  2. パソコンメーカーのエイサーの扱っているブランド名。

 

1の意味

LAN

ゲートウェイとは、異なったプロトコルを持つデータの相互通信を可能にする仕組みや機器です。もう少し簡単に言うと、異なるネットワークを接続する機器のことです。

近年、ネットワークは大規模化、複雑化しています。たとえば一つの企業を例にとっても、その企業の本社内のLAN、支社のLAN、各支店のLANといったような複数のLANが相互に接続されています。このような異なるネットワークを相互に接続するのがゲートウェイです。

また、インターネットにアクセスする際にデータが通る出入り口をデフォルトゲートウェイといいます。現在の仕組みにおいては、主にブロードバンドルータがデフォルトゲートウェイの役割を果たしています。日常レベルの会話においては、デフォルトゲートウェイ=ブロードバンドルータと解釈してしまっても特に問題ないかと思います。

 

ブロードバンドルータとは

ブロードバンドルータとは

では、具体的にデフォルトゲートウェイ=ブロードバンドルータとは何をするための機械なのでしょうか。ルータとは、ネットワーク上のデータをほかのネットワークに中継するための機器のことをいいます。ブロードバンドルータとはその中でも光回線などの高速な回線でインターネットを接続する際に使用するルータのことです。

ブロードバンドルータを使えば、1つの回線で複数のパソコンを同時にインターネットに接続することができるようになります。また、ブロードバンドルータを使用することにより、ファイアウォールの恩恵を受けられるため、セキュリティが向上します。

 

2の意味

ゲートウェイはエイサーのパソコンブランド

ゲートウェイはエイサーのパソコンブランドです。ゲートウェイそのものの興りは1985年のことでした。はじめは小さな企業でしたがその後次第に勢力を伸ばし、1995年に日本に進出します。高性能で低価格、充実したサポートを売りに日本はもとより世界のパソコン市場を席巻しかけたのですが、2000年ごろからアメリカ本社の経営が急に傾き始めます。2001年ごろから急激に事業を縮小し、日本からも撤退していってしまいました。

その後はアメリカ国内での販売に力を入れるものの以前の勢いは全く見られずに低迷。2009年にゲートウェイがエイサーに買収され、現在はそのブランド名のみが残っています。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)