兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

キャッシュの意味と使い方をマスターしよう!

キャッシュの意味と使い方をマスターしよう!

キャッシュとは、よく利用するデータを特定の記憶装置に保存しておくことにより、データ処理のスピードを高めることです。よく間違われることですが、この場合のキャッシュの綴りは「cache」です。「cash」ではありませんので気を付けましょう。

 

ハードディスクとメモリの違い

一般的なコンピューターの内部にはハードディスクメモリ、二つの記憶装置があります。ハードディスクは長期的に大容量のデータを保存しておくのに向いていますが、データ処理に少し時間がかかるという欠点があります。一方、メモリはあまり大きなデータを保存するのには向いていませんが、データ処理が早いという長所があります。

 

ハードディスクドライブとキャッシュメモリ

近年のハードディスクドライブにはたいていの場合キャッシュメモリがついています。つまり、ハードディスク内にキャッシュメモリというメモリがあるというわけですね。なぜハードディスクにキャッシュを付けるのかというと、データ処理を高速化するためです。本来ハードディスク内部に保存するはずのデータを、一時的にキャッシュメモリに書き込むことにより、高速なデータ処理が可能になります。

 

インターネットとキャッシュ

インターネットにおけるキャッシュとは、一度見たホームページの内容をパソコン内に一時的に保存する仕組みです。そのホームページを再び表示しようとした場合、パソコン内にあるデータが表示されるので、いちいちホームページをダウンロードする必要がなく、表示にかかる時間が節約できるという特徴があります。

インターネットの回線が低速だった時代にはキャッシュという機能は大変便利なものでしたが、現代においてはあまり意味のない機能と化しています。それどころか、キャッシュがたまってくるとかえってブラウザの表示が遅くなることすらあります。もはやありがたみのある機能でもなくなってしまいましたので、キャッシュファイルが不必要になった場合はその都度消去するようにしましょう。

 

キャッシュを消去する方法(インターネットエクスプローラーの場合)

まずはデスクトップ上にインターネットエクスプローラーを表示させて、ブラウザの右上にある歯車ボタンをクリックします。次に表示された一覧の中から、「セーフティ」を選択し、その中から閲覧履歴の削除をクリックします。

すると閲覧の履歴の削除が表示されるので、その中から「インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」にチェックを入れて削除をクリックしてください。削除処理が終わると「選択された閲覧の履歴が削除されました。」と表示されます。

キャッシュを消去する方法(インターネットエクスプローラーの場合)

 

キャッシュを消去する方法(Firefoxの場合)

まずはデスクトップ上にFirefoxを表示させて、ブラウザの右上にあるメニューボタンをクリックします。次にその中から「オプション」を選択し、表示された一覧の中から「プライバシー」をクリックします。

次にその中から「履歴」の「最近の履歴を消去」をクリックし、消したい履歴を選んでクリックすればOKです。

キャッシュを消去する方法(Firefoxの場合)

 

キャッシュを消去する方法(Google chromeの場合)

まずはデスクトップ上にGoogle chromeを表示させて、ブラウザの右上にあるメニューボタンをクリックします。次にその中から「ツール」を選択し、「閲覧履歴を消去」をクリックします。すると「閲覧歴データを消去する」と表示されますので、その中の「キャッシュ」にチェックを入れて、「閲覧履歴データを消去する」をクリックすればOKです。

キャッシュを消去する方法(Google chromeの場合)

 

キャッシュとクッキーの違い

キャッシュクッキーは似ていますが、根本的に全く異なる機能です。キャッシュは前述のとおり、一度見たホームページのデータをパソコン内に保存することにより、次回以降の表示スピードを上げる仕組みです。

それに対してクッキーは、ウェブブラウザに蓄積される情報のことです。たとえば、クッキーを有効にしていると、一度入力したIDやパスワードなどが保存されます。そのため、2回目以降はいちいちIDやパスワードを入力しないでもログインができるようになります。

ブラウザの動きが重くなっている場合は、キャッシュをクリアすることによって動作が快適に戻る可能性がありますが、一度見たページを再び表示するのには時間がかかるようになります。一方、クッキーを削除すると、ウェブブラウザに入力した個人情報が削除され、安全性が高まりますが、その代わり再び入力するのが面倒です。

キャッシュをクリアするのはブラウザが重くなってきたとき、クッキーを削除するのは公共のパソコンを使ったときと覚えておくといいでしょう。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)