兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

ギャランティの意味と使い方をマスターしよう!

ギャランティとは、サービスの最低品質を保証している通信ネットワーク、あるいは通信サービスのことです。性能が保証されていないサービスはベストエフォートといいます。

ベストエフォートとギャランティ

 

ベストエフォートとは

通信ネットワークは、利用している人数などによって通信速度が変わってきます。同時に利用している人が少ない時は、規格上の上限値に近い速度で通信が可能になりますが、5人、10人、20人とネットワークを利用する人が増えてくると、それだけ通信速度が下がります。

回線を利用する側としては、なるべくいつでも規格上の上限値に近い速度で通信を行いたいところですが、かといって一つの回線を一人で独占するとなるとお金がかかります。回線を共有して使えば、通信速度は下がるものの、それだけ1人当たりのコスト負担が下がります。そのため多くのネットワーク事業者は、混雑に対しては対応しようと努力はするものの、最低品質は保証しない形でサービスを提供しています。ベストの状況ならばカタログに書いてある速度に近い速度が出せるけど、そうでなくても諦めてね、というのがベストエフォートです。

通常の回線サービスはたいていの場合ベストエフォート型です。

たとえば

パンフレットや商品紹介説明ページに「1Gbps」と書いてあったとしても、それは「うまくいけば1Gbps出ることがあります」というだけで、「1Gbpsを保証している」というわけではありません。

 

ギャランティとは

さて、このようなサービスに対して、最低限の品質を保証するサービスをギャランティといいます。たとえば、特定の企業同士を結ぶ専用回線はギャランティ型であることが多いです。専用回線とは、ADSLやCATV、光回線などの共用回線とは違い、契約者が独占的に利用できる回線のことです。ほかの人と共用することがないため通信速度の低下が起こらず、そのため最低限の品質を保証することが可能になっています。専用回線は、拠点と拠点を1つの回線で結ぶ、極めてシンプルな接続方法です。特定の目的にしか利用しない回線をわざわざ引くためコストは割高ですが、前述の最低限の品質が確保されているといった特徴の他に、安全性が極めて高いというメリットもあります。

 

専用回線とVPNの違い

専用回線とVPNの違い

VPNとはバーチャル・プライベート・ネットワークのことです。共用回線をあたかも専用回線であるかのように使用して、安全にデータを送信する技術のことです。主に企業間同士のデータのやり取りに使われるという点では専用回線と変わりありませんが、共用回線を利用するという点では、専用回線とは全くの別物です。共用回線を利用するとなると改ざんやデータの盗み見などを心配されるかもしれませんが、VPNにはトンネリングや暗号化という技術が使われているため、その危険性はほぼ0です。

VPNは共用回線を利用するので専用回線と比べて安価であり、それでいて高いセキュリティが特徴です。VPNにはベストエフォートタイプのものもあれば、ギャランティタイプのものもあります。いつでも一定以上の速度で通信をしたいときには、ギャランティタイプのものを選ぶといいでしょう。

 

専用回線とVPNの使い分け

専用回線は拠点同士を1対1でつなぐ接続形式ですが、VPNは複数の拠点を中継網を介して接続することができます。専用回線は距離が長くなるにしたがってコストが高くなりますが、VPNは距離に依存しない料金体系になっています。一方で信頼性や安定性という点では、専用回線のほうが勝っています。重要な通信は専用回線、それほどでもない通信はVPNを使うといった使い分けが大切になります。安定した通信が求められる企業の基幹回線においては、ギャランティ型を使ったほうがいいでしょう。

 

インターネットはベストエフォート型?ギャランティ型?

インターネットは基地局の都合によって速度低下やサービス中断が発生するため、ギャランティ型ではなくベストエフォート型に分類できます。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)