兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

キロの意味と使い方をマスターしよう!

キロの意味と使い方をマスターしよう!

キロとは、単位の大きさを表す接頭辞です。基本単位の10の3乗倍(1000倍)であり、国際単位系(SI)の一つとして定められています。

 

SI接頭辞とは

SI接頭辞とは

SI接頭辞とは、国際単位系においてつかわれる接頭辞のことです。SI接頭語、接頭語ということもあります。少し小難しい言い方になってしまいましたが、要するに単位の前に着けるアルファベットがSI接頭辞です。

たとえば、今回この記事で紹介しているキロは、基本となる単位を10の3乗倍にするSI接頭辞です。1000グラム=1キログラムですし、1000バイト=1キロバイトです。このほか、10の6乗倍にするSI接頭辞をメガ、10の9乗倍にするSI接頭辞をギガ、10の12乗倍にするSI接頭辞をテラといいます。

SI接頭辞を使うと、とても大きい数字やとても小さい数字を簡単に表せるようになります。伝統的な単位系のように、大きさによって別の単位を覚える必要もなく、ただ機械的にSI接頭辞を付けるだけで、とても大きい数字やとても小さい数字を表現することができます。

 

キロとキビ

コンピュータで数字を扱う際には、10の累乗より2の累乗のほうが都合がいいことがあります。そのため、情報量扱う場合にはキロを10の3乗(1000倍)ではなく2の10乗(1024倍)として扱うことがあります。

IEC(国際電気標準会議)は、そのような場合にはキロではなくキビという接頭辞を使うように勧告していますが、あまり根付いているとは言えません。我々一般ユーザーにとってはキビもキロも似たようなものなので、1キロ≒1キビと覚えてしまっても問題ないでしょう。

 

キロバイトとは

1キロバイトは1000バイト、もしくは1024バイトです。テキストファイルや小さめの画像ファイルなどは通常、数キロバイト~数百キロバイトの大きさになります。1000キロバイトもしくは1024キロバイトを1メガバイトといいます。

 

キロバイト毎秒(KB/s)とは

キロバイト毎秒(KB/s)は、通信速度を表す単位の一つです。通信速度とは、通信回線が1秒あたりにどれだけのデータを送受信できるかを表すものです。通信速度が大きければ大きいほどデータのやり取りに時間がかからなくなり、快適に通信を行うことができるようになります。

 

キロビット毎秒(kbps)とは

キロビット毎秒(kbps)は、通信速度を表す単位の一つです。1キロバイト毎秒は8キロビット毎秒です。通常、通信速度を表す際にはキロビット毎秒が使われます。同じ要領で、1メガバイト毎秒は8メガビット毎秒、1ギガバイト毎秒は8メガビット毎秒になります。ダイヤルアップ接続時代の通信速度はアナログモデムで最大56キロビット毎秒、ISDNでも128キロビット毎秒だったのですが、近年は1ギガビット毎秒を超える高速回線も登場し始めています。ただし、通信速度は時間帯などにも影響を受けることがあります。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)