兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

コメントの意味と使い方をマスターしよう!

コメントとは、評論、脚注、批評といったような意味を持つ英単語です。

ITの世界においては、主に以下のような意味を持ちます。

  1. プログラミング言語などにおいて、ソースコードの中に挿入される注釈のこと
  2. ブログやWikiなどの記事に投稿される感想や指摘などのこと
  3. Excelの機能の一つ

 

1.プログラミング言語などにおいて、ソースコードの中に挿入される注釈の意味

プログラミング言語などにおいて、ソースコードの中に挿入される注釈の意味

プログラミングにおけるコメントとは、ソースコードのうち、人間のために挿入された注釈や覚書のことです。ソースコードとは人間が記述したコンピュータプログラムのことです。どのような言語を用いるとしても、別の人がそのソースコードを読んだり、あるいは同じ人であっても時間がたってからソースコードを読んだりする場合は、その意図が十分に読み取れないことがあります。ソースコードの中にコメントを挿入しておけば、そのような意識の齟齬をなくすことができます。通常、ソースコードは半角英数字で記述しますが、コメントについては全角ひらがな、カタカナ、漢字を使うこともできることが多いです。

ソースコードとコメントは連動しています。ソースコードを書き換えた場合は、それに合わせてコメントも書き換えないと、結果として嘘のコメントが発生してしまうことになります。ソースコードとコメントの書き換えは一緒に行いましょう。

ソースコードの中にコメントを埋め込むことは、プログラムを組むうえでとても大切なことですが、コメントを無駄に増やすことはソースコードを読みづらくさせることにもつながります。あくまでもほどほどに、を心掛けたほうがいいでしょう。

 

2.ブログやWikiなどの記事に投稿される感想や指摘などの意味

ブログやWikiなどの記事に投稿される感想や指摘などの意味

ブログやWikiなどのウェブサイトの記事に対してつける感想、意見などをコメントということがあります。たとえば、yahoo!ブログでは、記事への感想や意見をコメントとして投稿できます。投稿の手順はとても簡単で、記事本文の下にあるコメント入力欄にコメントを挿入して、「投稿」ボタンを押すだけです。

コメントを送るときのルールは特にありませんが、マナーとして受け取った相手が不愉快になるような文章を送るのは避けたほうがいいでしょう。ブログ主が間違ったことを言っていると思われる場合でも、指摘はなるべく丁寧な言葉づかいで行いましょう。たとえ指摘の内容が完璧に正しかったとしても、言葉遣いが横柄な感じだと受け入れにくいものです。また、コメント欄で自身のサイトの宣伝をしたりするのはやめましょう。嫌がらせととられる可能性があります。

コメントを送る際の注意点

コメントを送る際の注意点

コメント本文の他に「名前」「メールアドレス」「URL」などを記入する欄がある場合は注意が必要です。名前欄については、当然本名を書く必要はありません。インターネット上でむやみに個人情報を公開するのは大変危険です。名前欄は空白のままにするか、ハンドルネームなどを記入するようにしましょう(ブログサービスによっては名前欄が空白のままではコメントできないことがあります)。

メールアドレス欄やURL欄については通常、特に何も書く必要はありません。メールアドレス欄に自身のメールアドレスを記入してしまうと、他の人にメールアドレスが見えてしまうことがあります。それでスパムメールがたくさん来ることになったら困るので、メールアドレスは記入しないほうが吉です。

URLは自分のサイトを持っている場合は記入してもよいでしょう。ただし、あまりにそのことを強調しすぎると、単にコメント欄で自分のサイトを宣伝しているだけになってしまいますのでほどほどに。相互リンクを申し出たい場合は一度目のコメントでいきなりお願いするのではなく、ブログ主とそれなりに交流を重ねてから切り出すようにしましょう。

コメントを受け取った際には、なるべく返信するようにしましょう。コメントがあなたの間違いを指摘するものであって場合は真摯に受け止め、記事の訂正を行いましょう。コメントの指摘のほうが間違っている場合は、きちんとソースを示したうえで反論するのもいいですが、相手が面倒な人間だと感じた場合は無視したほうがうまくいくこともあります。このあたりのインターネット上での人との付き合い方は非常に難しいものなので、少しづつ慣れていくしかありません。

他人からコメントをもらうのが嫌だという場合は、コメント欄を閉鎖することもできます。コメント欄を閉鎖する方法については、それぞれのブログサービスのQ&Aを確認してみてください。

なお、コメントが普段の数倍~数十倍もつき、そのほとんどが批判意見であるというような現象を「炎上」といいます。反社会的な意見・行動をつい軽い気持ちでブログに書き込んでしまうと、その後炎上が起こる可能性があります。炎上してからコメント欄を閉鎖しても、あまり意味はありません。インターネット上で誹謗中傷されるだけならまだいいほうで、時にはリアルの個人情報が流出してしまう可能性があります。そのような事態を招かないためにも、ブログやWikiに書き込む前にはきちんと内容のチェックを行うようにしましょう。

コメントスパムとは

ブログやWikiのコメント欄に、記事本文とは関係ない広告文をたくさん投稿する行為をコメントスパムといいます。スパムメールのブログ版のようなものです。こうした書き込みは通常、ロボットプログラムによって行われていますので、コメントに対してやめてくださいと返信しても無駄です。

多くのブログサービスでは、コメントスパム対策が用意されています。コメント欄に特定のワードを投稿することを禁止する機能(コメントスパムにはたいていの場合リンクが張られているので、「http」を禁止ワードにするのが多くの場合有効です)や特定のIPアドレスからの記入を拒否する機能などをうまく組み合わせて、コメントスパムを排除していきましょう。それでも投稿されてしまった場合はコメントスパムを速やかに削除して下さい。

 

3.Excelの機能の一つとしてのコメントの意味

Excelの機能の一つとしてのコメントの意味

Excelにはコメントという機能があります。Excelにおけるコメントとはワークシート上のセルに注釈を追加できる機能です。セルに注釈を追加すれば、そのワークシートが何のために作られたものなのか理解しやすくなります。他者とExcelファイルを共有する際にはとても便利な機能です。

コメントを追加した後で、そのテキストや書式設定を変更することができます。また、コメントの移動、サイズの変更、コピーや切り取り、表示と非常時の切り替えをすることができます。ブック内のコメントを一斉に確認したり、コメントに表示される既定の名前を変更することも可能です。不要になったコメントは削除することも可能です。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)