兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

コンピュータリテラシーの意味と使い方をマスターしよう!

コンピュータリテラシー

 

コンピュータリテラシーとは、コンピュータを使いこなすことができる技術や知識のことをいいます。かつては専門的で高度な知識、プログラミングに関する知識などを指していましたが、コンピュータを操作するハードルが下がった現代においては日常生活の中でコンピュータをある程度操作でき、目的を達成するための能力のことを言うようになりました。

また、コンピュータネットワーク上から必要な情報を取得し、その真偽を確かめる能力を特に「情報リテラシー」と言います。コンピュータリテラシーと情報リテラシーとは一部異なる部分もありますが、重なっている部分もあります。

 

コンピュータリテラシーは情報リテラシーの一部である

基本的にコンピュータリテラシーは情報リテラシーの一部分であるといえます。情報を上手に扱える人はたいていの場合コンピュータの扱い方もうまいものです。適切な情報リテラシーを身につけることが、高度にIT化された社会の中で快適に生きていくコツといえます。

 

情報リテラシーはいかにして身に着けることができるか

情報リテラシーはいかにして身に着けることができるか

 

現代社会では、ある程度の知識があればコンピュータを通じて膨大な情報を得ることができます。しかし、その得られる情報が常に正しいとは限りません。インターネットはデマや嘘であふれかえっています。もちろん、書籍やテレビ、ラジオなどにもデマや嘘があります。こうした玉石混交の情報の中から自分にとって有用な情報を取捨選択し、いらない情報をきちんと切り捨てられる能力を情報リテラシーといいます。情報リテラシーは一朝一夕で身につくようなものではなく、それなりの経験と知識が必要になります。

自身の情報リテラシーに不安があるという場合は、資格試験などの受験を考えてみるといいでしょう。たとえば、情報利活用能力を総合的に評価する試験である「J検」は、勉強していくだけで自然と情報リテラシーを身に着けることが可能です。あいまいに語られがちな情報リテラシーを体系づけて順番に習得していくことができるため、コンピュータ初心者にとっては特に理解しやすいものとなっています。

J検は1級から3級にまで分けられています。試験時間は3級が45分、2級と1級が60分です。合格点は3級が70点、2級と1級が65点です(いずれも100点満点)。合格者には合格証が交付されます。

もちろん、J検以外にも情報リテラシーを身に着ける方法はたくさんあります。自分に合ったテキストを選んで、最低限の知識を身に着けておきましょう。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)