兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

コンテンツ課金の意味と使い方をマスターしよう!

コンテンツ課金とは、インターネット上におけるサービスに対する課金方法の一つです。コンテンツの一つ一つにあらかじめ料金を設定しておき、それぞれのコンテンツを購入するたびに代金を支払う方式です。

 

コンテンツ課金方式と会員形式

コンテンツ課金方式と会員形式

 

コンテンツ課金方式と対になる概念に、会員料金形式があります。会員料金形式とは、月額・年額などの利用料金があらかじめ決められており、料金を支払うことでその期間中はサービスが使い放題になる形式のことです。たとえば、ニコニコ動画は月額540円を支払うことによって、同サイト内のサービスが使い放題になる会員料金形式です。また、huluは月額933円を支払うことによって、動画1万本余りが見放題になる会員料金方式です。

それに対して、動画が1本いくらで買えるようなサービスをコンテンツ課金といいます。たとえば、iTunesは1曲200円~250円程度で買うことができるコンテンツ課金方式を取っています。また、ひかりTVのように、コンテンツ課金方式と会員料金形式の中から好きな方を選べるサービスもあります。

 

コンテンツ課金方式のメリットとデメリット

コンテンツ課金方式のメリットとデメリット

 

コンテンツ課金方式の一番のメリットは、利用者が欲しいサービスだけを購入できるということです。世の中には月額料金を支払うことによって何万本もの動画が見放題になるサービスもたくさんありますが、実際に何万本もの動画を見ることはありません。会員料金形式は、言ってみれば「利用しないコンテンツに対してもお金を払っているシステム」ということができます。それに対して、コンテンツ課金方式は「利用するコンテンツにしかお金を払わないシステム」と言い換えることができます。

しかし、毎月たくさんのコンテンツを利用する場合は、会員料金形式のほうがお得になる場合もあります。たとえば、月額1000円で見放題、バラで購入する場合は1本300円という動画配信サイトがあるとします。この場合、1か月あたりに見る動画の本数が3本以下ならば、バラで購入する(コンテンツ課金方式を選ぶ)方がお得です。しかし、1か月あたりに見る動画の本数が4本以上になる場合は、月額1000円の見放題サービスを利用する(会員料金形式を選ぶ)方がお得になります。サービスをちょっとしか利用しない場合はコンテンツ課金方式が、たくさん利用する場合は会員料金形式のほうがメリットが大きいといえます。

また、コンテンツ課金方式のデメリットとして、課金が青天井になることが上げられます。特にソーシャルゲームでは課金額が無制限に上がりやすいため、強い自制心が必要になります。

 

廃課金とは

ソーシャルゲームはMMPRPGなどにおいて、有料で購入できるアイテムに多額の課金をすることを「廃課金」といいます。なお、課金を全く行わないことを「無課金」といい、少しだけ課金を行うことを「微課金」、結構な額を費やすことを「重課金」といいます。廃課金は重課金をも超えた状態であり、明確な定義はありませんが、世の中にはソーシャルゲームに総額で100万円以上も課金している人もいます。

ソーシャルゲームというのは非常によくできており、個人の欲望というものを非常にうまく喚起していきます。一度課金してゲーム内で強くなったとしても、さらに強いアイテムが登場すればそちらになびいてしまうものです。課金がさらなる課金を呼び、どんどんお金を吸い取られていくわけですね。

個人が自分の収入でいくら課金してもその人の勝手ですが、やめたいと思っているのに課金がやめられない、日常生活に支障が出始めているというケースもあります。上限金額や1日当たりのプレイ時間を決めて、課金しすぎないように気を付けましょう。

 

世の中に存在する様々なコンテンツ課金サービス

コンテンツ課金サービスと聞いてパッと思いつくのは動画や音楽などですが、実はそれ以外にも様々なタイプのものがあります。ここではちょっと珍しいコンテンツ課金サービスをいくつか紹介したいと思います。

 

Cyta(サイタ)

Cyta(サイタ)

サイタは趣味や習い事などのレッスンを、都合に合わせて利用できるスクールサービスです。趣味の技能をさらに伸ばすだけでなく、特殊な資格を習得したり、仕事に必要なスキルを獲得することができます。レッスンは原則として1対1、レッスン時間は60分となっています。

料金は入会金8000円+従量課金制となっています。1か月間だけのお試し利用などもあり、気軽にレッスンが受けやすい環境が整っています。

 

Wedingday

Wedingday

結婚式や二次会で使えるウェブ招待状を作成できるサービスです。無料でアカウント登録をして、日時や場所などのあらかじめ用意されたフォームに必要事項を入力していくだけで、誰でも簡単に招待状を作成することができます。HTMLやCSSなどの高度な知識は一切必要ありません。作成した招待状はメールで送信することができるので、送受信履歴もしっかりと残ります。

招待状を受け取った招待客は、メールに添付されているURLのウェブ上で出欠の届け出を行います。従来は大量の紙を使って行っていた手続きがすべてオンラインで終了する、画期的なシステムです。無料でも使えますが、4980円の課金をすることによってすべての機能が使えるようになります。

 

openLogi

openLogi

物流をアウトソーシングできるサービスです。必要な時に必要な量だけ配送依頼をできるのでとても便利です。通販業者はもちろん、個人でオークション痩せ撮りを行っている人にとってもうれしいサービスです。海外発送にも対応しており、EMS(国際スピード郵便)を通じて世界120か国に商品を発送することができます。

操作は簡単で、画面上で国名や宛先などを入力していくだけです。高度な知識は一切に必要ありません。料金体系は入庫料15円/個、保管料0.2円(1日)/個~、配送料220円~/個ととってもリーズナブルです。

 

世の中に存在する様々なビジネスモデル

コンテンツ課金方式は数あるビジネスモデルの一つにしかすぎません。世の中にはこれ以外にも様々まなビジネスモデルが存在します。

 

一律課金方式

ひとつの品に対して一つの価格を設定するというものです。すべてのビジネスモデルの中でも最も基本的な方式であり、同様の商品を大量に販売するのに向いています。反面、取り扱う商品があまりにも多い場合には向きません。

 

特売品モデル

本来の商品に何か付加価値のある商品を極めて安い価格、もしくは無料で添付することで収益を上げるビジネスモデルです。通販番組などでよく見かけますね。「いまなら○○がついて特別価格××円!」となどと言われてしまうと、わかっていてもついつい釣られてしまうものです。

 

フリーミアム

フリーミアムとは、フリーとプレミアムをくっつけた造語です。基本的なサービスは製品などを無料で提供し、さらに高度なサービスや機能については有料とするビジネスモデルです。ニコニコ動画やPixivなどの有料会員が該当します。これらのサイトは無料でも問題なく使えますが、お金を払うことによってさらに便利になります。

 

広告収入

サービスの利用者に対して広告を表示し、広告主から収益をもらうビジネスモデルです。コンテンツ課金や前述のモデルと違い、コンテンツの利用者からはお金をもらいません。Googleなどの検索サービスや、Twitterなどのソーシャルメディアが該当します。

 

寄付

利用者から寄付を募るビジネスモデルです。Wikipediaや、カーン・アカデミーなどが該当します。

繰り返しになりますが、世の中には様々なビジネスモデルがあり、コンテンツ課金はその中の一つにすぎません。コンテンツを提供する際には、どのビジネスモデルが最も収益を上げやすいのかよく考える必要があります。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)