兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

グーグルの概要をマスターしよう!

グーグルは世界で最も有名な検索エンジン

グーグルは世界で最も有名な検索エンジン

グーグルは、世界で最も有名な検索エンジン、もしくはそのサービスを提供する企業です。ほとんどの国で検索エンジンシェア率のナンバーワンを堅持しており、インターネットに日常的に触れる人ならば誰でも知っているサイトと言えるでしょう。

 

グーグルの歴史

グーグルの歴史

グーグルは1998年9月に、スタンフォード大学の大学院生だったLarry Page氏とSergey Brin氏によって設立されました。もともとはウェブページへのリンクの多さなどからランク付けを行い、既存の検索エンジンよりも有用な結果を返す方法を研究するために設立されたものです。

当初はお金がなく、ガレージをオフィスとしていました。従業員も1998年9月に初めて雇うまでは一人もおらず、Larry Page氏とSergey Brin氏だけで運営がなされていました。その後社員が徐々に増えてきたため、1999年2月をもってオフィスを移転。当時の社員数は8名でした。

その後グーグルは1999年11月に、チャーリーエアーズ氏を初のシェフとして雇います。2000年9月には中国語、日本語、韓国語での検索を提供開始し、同年10月にはグーグルアドワーズを開始します。このころから検索エンジンのみならず、多角的なサービスを提供するようになります。同年12月にはグーグルツールバーを提供開始。

2001年にはグーグル画像検索のサービスが開始。2003年2月にはBloggerを作成したPyra Labsを買収するなどして、徐々に会社の規模も大きくなっていきます。2005年にはグーグルマップを提供開始し、同年4月にはスマートフォンにも対応。2007年4月にはグーグルマップでアメリカの都市のストリートビューが初公開されます。

2010年には自動で運転できる自動車の技術を開発。2011年11月からはグーグル+を提供開始します。今では誰もが知っている、押しも押されもせぬ大企業になりました。

 

グーグル社データ(2012年12月期)

  • 資本金:約717億ドル
  • 売上高:約502億ドル
  • 営業利益:約128億ドル
  • 純利益:約107億ドル
  • 従業員数;5万7148人(2015年)
  • 本社所在地:アメリカ・カリフォルニア州マウンテンビューアンフィシアター パークウェイ 1600番

 

グーグルのシェア率

グーグルはほぼすべての国でシェア率1位を獲得しています。2015年現在、世界におけるグーグルの検索エンジンシェア率は89.26%です。世界の約9割の人がグーグルを使っているということになります。

日本の場合、グーグルのシェア率は61.12%、ヤフーが32.57%、Bingが5.67%となっています。これだけ見るとヤフーも結構検討しているように見えますが、実は今のヤフーの検索アルゴリズムはグーグルのものを採用しています。つまり事実上はグーグルが約93.69%を占めていることになります。

そのほか、アメリカでのグーグルのシェア率は79.06%、欧州諸国では90.78%、南米では94.64%、アジアでは90.77%となっています。

グーグルのシェア率が低いのはロシア、韓国、中国などです。ロシアでもグーグルがシェア率1位ですが、その割合は46.32%。ロシア製の検索エンジンであるYANDEX RUが44.09%と拮抗しています。韓国ではグーグルが52.33%、韓国に本社を構えるNAVERが39.98%となっています。しかし、近年は両国でもグーグルのシェア率が上がりつつあります。

中国はBaiduという検索エンジンのシェア率が72.43%と圧倒的多数を占めています。2番目はHaosouの13.79%で、グーグルはわずか2.53%にしかすぎません。中国でグーグルのシェア率が極端に低いのは中国政府による言論統制が行われているためと推察されています。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)