兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

ナンバーポータビリティの意味と使い方をマスターしよう!

ナンバーポータビリティとは、携帯電話の加入者がキャリアを乗り換えたときに、前使っていた携帯電話番号をそのまま使えるようにする制度のことです。日本では2006年10月に同制度が立ち上げられました。
 
たとえばauからドコモに乗り換える場合、通常はauで使っていた番号は破棄し、新しい番号に変えなければいけません。しかし、ナンバーポータビリティ制度を利用すれば、ドコモでもauと同じ携帯電話番号を使うことができます。
 
携帯電話普及率が頭打ちとなり、大幅な利用者数の増加が望めない先進国では次々とナンバーポータビリティ制度が導入されています。ちなみに、世界で初めてナンバーポータビリティ制度が導入された国はシンガポールです。
 

 

ナンバーポータビリティのメリット

 
以前の携帯電話番号がそのまま使える
 
ナンバーポータビリティ制度を利用すれば、以前使っていた携帯電話番号をそのまま利用することができるので、キャリアを乗り換えた後に友達などにいちいち連絡する必要がなく、手間を省くことができます。
 

端末代金が安くなる

 
各通信事業者は一人でも多くのユーザーを囲い込むためにあの手この手で新規加入者を獲得しようとしています。ナンバーポータビリティ制度を利用してキャリアの乗り換えを行応答すると、端末代金が安くなるケースが大半です。中には端末の実質負担金が0円というようなケースもあります。また、ナンバーポータビリティを利用するだけで月額料金が割引になるケースもあります。
 

ナンバーポータビリティのデメリット

 

各種手数料がかかる

 

 
ナンバーポータビリティを利用すると、転出手数料(2000円程度)と新規契約手数料(3000円程度)が必ずかかります。また、解約月以外に解約をする場合は、それに加えて契約解除手数料(1万円程度)がかかります。うまく解約月に解約することができればいいのですが、なかなかそうもいきません。
 
ただし、ナンバーポータビリティでは前述のとおり端末価格が無料になることがあります。手数料を1万5000円程度払っても、5万円の端末を無料で手に入れることができれば差し引き3万5000円のプラスになります。経済的なデメリットはそこまで気にする必要もないでしょう。
 

キャリアメールのメールアドレスは変更になってしまう

 
キャリアが変わってしまえば、当然メールアドレスも変更になってしまいます。こればかりはどうしようもないことなので、きちんと連絡を行いましょう。
 

家族間無料サービスがなくなる

 
同一キャリア間での無料通話サービスが無料になるサービスはどこのキャリアでも見られるサービスですが、ナンバーポータビリティ制度を利用して一人だけキャリアを乗り換えてしまうと、当然このサービスの対象からは外れることになります。家族全員でキャリアを乗り換えるのが最も簡単な解決方法です。
 

ナンバーポータビリティ利用の手順

 
ナンバーポータビリティを利用するのはとても簡単です。まず、現在契約しているキャリアから、MNP予約番号を取得します。MNP予約番号はナンバーポータビリティを利用する際には必ず必要になる申し込み番号のようなものです。いずれのキャリアでもウェブ上からの申請が最も楽でしょう。細かい手続きの方法などは、各キャリアのウェブサイトから確認してみてください。
 
MNP予約番号が取得できたら、新たに契約するキャリアの店舗まで行って手続きを行いましょう。先ほど取得してMNP予約番号のほか、クレジットカードや代金、本人確認書類などをもっていってください。スムーズに手続きを行えば、1時間もかかりません。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)