兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

ナムロックキーの意味と使い方をマスターしよう!

ナムロックキーとは、多くのキーボードに設置されているキーの一つです。押すたびにオンオフが切り替わり、キーの端にはその状態を示すためのランプがついていることが多いです。設置場所は通常はテンキーの上です。
 

 

ナムロックキーの役割

 
ナムロックキーはテンキーを使って数字を入力する際に使うキーです。ナムロックキーがオンになっている状態でテンキーを打つと数字を打つことができ、オフになっている状態でテンキーを打つと「1」がEndキー、「2」が↓、「3」がPageDownキー、「4」が←、「6」が→、「7」がHomeキー、「8」が↑、「9」がPageDownキー、「.」がDeleteキーにそれぞれ切り替わるという、ちょっと変わったキーです。
 
昔のキーボードは今より小さく、独立したカーソルキーがありませんでした。そのためユーザーはナムロックキーを使って、数字の入力とカーソルの移動を行っていました。独立したカーソルキーがあるキーボードが普及した現在においてはあまり意味がないどころか、スムーズな数字の入力を妨げる厄介な機能として認識されていることが多いようです。テンキーをいくら売っても数字が打てないという時は、ナムロックキーを確認してみましょう。オフになっている可能性が高いです。
 

ナムロックキーを常時オンにする方法

 
前述のとおり、現代においてはナムロックキーはあまり意味がないどころか、厄介な機能として認識されています。知らないうちにナムロックキーをオフにしてしまい、そのことに気が付かないまま数字を入力しようとしたらカーソルが動いてしまいイライラする、という経験をしたことがある人も少なくないのではないでしょうか。
 
そんな時に便利なのが「NumLockLock」です。これはナムロックキーを常時オン/オフにしたまま固定することができるフリーソフトです。これを使えば、間違ってナムロックキーを押してしまってもオン/オフが切り替わらないので、数字入力にイライラすることがなくなります。機能が絞られているのでフリーソフトの扱いに慣れていない人でも簡単に設定をすることができます。なお、ナムロックキーのほか、キャップスロックキーやスクロールロックキーも固定することができます。
 
なお、ナムロックキーの固定はレジストリの変更からもできますが、設定が難しいうえに間違えてしまうとOSそのものが起動しなくなることもあるため、上級者以外の方にはお勧めできません。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)