兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

オンラインバンキングの意味と使い方をマスターしよう!

オンラインバンキング

オンラインバンキングとは、インターネットを通じて銀行などの金融機関のサービスを利用することです。自宅や会社のパソコンから金融機関のホームページにアクセスするだけで、振り込みや残高照会、口座振替などの指示を行うことができます。

オンラインバンキングの仕組み

オンラインバンキングの仕組み

オンラインバンキングでは、ATMや窓口での取引と違って、カードや通帳を通じて本人を確認することができません。

そのため、利用者を識別するのに、IDやパスワードを使います。オンラインバンキングを使用するための契約を結ぶと、金融機関からIDとパスワードが送られてきます。そのIDとパスワードを使ってオンラインバンキングにログインします。

考え方を変えると、オンラインバンキングに必要なIDやパスワードが流出してしまった場合、他の人に勝手にログインされる危険性があるということです。

そのようなリスクを防ぐため、多くのオンラインバンキングは複数のパスワードを採用したり、トークン(一定時間ごとに異なるパスワードを表示する端末)を利用したワンタイムパスワード制を採用しています。

オンラインバンキングでできること

オンラインバンキングでできること

オンラインバンキングでできることには以下のようなものがあります。

残高照会

オンラインバンキングの最も基本的な機能は残高照会です。ログインするだけで残高照会できるのが一般的です。

明細の確認

入出金の履歴を確認することができます。いついくら引き出したのか、あるいは入金があったのかをオンライン上で確認できます。ネット専業銀行は預金通帳を発行しないのが普通なので、これが預金通帳代わりになります。

振込

自宅や会社から振り込みの指示を出すことも可能です。ただし、その場合は当然その額だけ口座にお金が入っている必要があります。

各種金融商品の購入と解約

投資信託、外貨預金、定期預金などの契約、あるいは解約をすることができます。

オンラインバンキングが使える金融機関の種類

現在はほとんどの大手金融機関がオンラインバンキングを用意しています。たとえば、みずほ銀行は「みずほダイレクト」、三菱東京UFJ銀行は「三菱東京UFJダイレクト」という名前のオンラインバンキングを用意しています。

大手金融機関だけでなく、地方銀行もインターネット上に店舗を開設していることがあります。そのほか、楽天銀行やジャパンネット銀行などのネット専業の金融機関もオンラインバンキングを用意しています。

ネット専業の銀行のメリットとデメリット

オンラインバンキングとは相性のいいネット専業銀行ですが、当然メリットとデメリットがあります。メリットのみならずデメリットもよく理解したうえで利用する必要があります。

ネット専業銀行の有利な点は、金利が一般的な都市銀行や地方銀行などよりも高めに設定されていることです。特に定期預金の金利は一般的な銀行と比べるとかなり高めに設定されているので、多くの金額を預け入れる時には優先的に検討する必要があります。

ネット専業の銀行の金利が高い理由は、無駄な経費をカットしているためです。通常の銀行経営で必要になる店舗や人件費にお金を賭けていないため、その分を金利に回せるのです。金利が高いだけでなく、振込手数料が低いというメリットもあります。

一方、ネット専業銀行のデメリットはログインできない可能性があることです。IDやパスワードを紛失してしまった場合、再発行には時間がかかります。その間にどうしてもお金が必要になってしまえば、おのずと困ることになります。

オンラインバンキングの始め方

オンラインバンキングの始め方は金融機関によって多少異なります。ネット専業銀行の場合は、口座を開設するだけで自動的にオンラインバンキングが使えるようになります。口座を開設するにあたっては身分証明書のコピーを郵送したり、金融機関のホームページからフォームに必要事項を入力したりする可能性があります。

一方、地方銀行や都市銀行ですでに口座を開設している場合は、別途オンラインバンキングに申し込む必要があります。この場合、手続きはネット上だけで完了することが多いです。すでに口座は開かれているため、身分証明書なども必要ないことが多いです。

オンラインバンキングのメリットとデメリット

オンラインバンキングのメリット

オンラインバンキングの一番のメリットは、時間が節約できることです。通常、お金を振り込む際にはATMや銀行の店舗まで出向く必要があります。暑い時期や寒い時期、あるいは雨が降っている日などは銀行に行くだけで手間がかかりますが、オンラインバンキングならばそのような心配はありません。快適な部屋の中ですべての操作を終えることができるのでとっても楽ちんです。待ち時間といったものも存在しないので、時間を有効活用することができます。

二つ目のメリットは時間にとらわれずに利用できること。通常、銀行の窓口が開いている時間は9時~15時までの間だけです。会社員や公務員など、昼間働いている人はなかなかこの時間に窓口に行くことができません。銀行のATMはもうちょっと長い時間稼動していますが、それでも24時間いつでも稼働しているというわけではありません。

その点、オンラインバンキングは24時間365日、いつでも利用することができます。休みの日でも、真夜中でも、大型連休のど真ん中でも、いつでも残高照会や振り込みを行うことができます。たまにホームページのメンテナンスが行われることがありますが、実店舗と比べると明らかに便利です。

三つめのメリットは時間がかからないということ。通常、銀行でお金を振り込む際に、実際に相手の口座にお金が振り込まれるまでには多少のタイムラグがあります。しかし、オンラインバンキングにはリアルタイム決済というものがあるため、すぐに口座に入金が可能です。ただし、リアルタイム決済はすべての口座で適用されるわけではありません。同じ銀行の口座同士でないとできないなどの条件があるので、よく確認しましょう。

オンラインバンキングのデメリット

 一番のデメリットは、オンラインバンキングにアクセスできないとどうしようもないということです。オンラインバンキングに常にアクセスできるとは限りません。

オンラインバンキング側のサーバーがダウンしたり、自宅が停電になったり、無線LANの調子が悪くなったりした場合、それだけでオンラインバンキングが使えなくなってしまいます。

地方銀行や都市銀行のオンラインバンキングの場合は、たとえオンラインがだめでもオフラインの店舗を使えばいいという逃げ道がありますが、ネット専業銀行にはそれもありません。

また、システムが無事でも、IDやパスワードを紛失してしまうとログインできなくなります。多くのオンラインバンキングでは、IDやパスワードを一定回数間違えてしまうと安全のためにロックがかかる仕組みを採用しています。

IDやパスワードは、手続きさえ踏めば再発行してもらえますが、それまでの時間使えなくなってしまうことには変わりありません。

二つめのデメリットは、利用可能なATMが限られているという点です。ネット専業銀行の場合は通常、自前のATMがありません。そのため、既存のATMと連携することにより、そこを利用できるようにしています。

つまり、提携ATMがなければ、どんなに口座にお金がたくさん入っていてもそれを下ろせないというわけですね。

三つめのデメリットは、オンラインバンキングによっては口座維持手数料がかかる可能性があるということです。現在はほぼすべての個人向けオンラインバンキングで口座維持手数料の無料化を達成していますので、個人の場合はそれほど気にする必要はないかも知れません。

しかし、法人向けの口座については口座維持手数料が発生するのは一般的です。口座維持手数料はせいぜい年間1000円~2000円程度でそれほど大変なものではありませんが、一応注意しておきましょう。なお、最近は「○○円以上入金がある場合は口座維持手数料無料」としている銀行もあります。詳しくは各銀行に問い合わせてください。

オンラインバンキングのセキュリティについて

オンラインバンキングのセキュリティについて

心配なのはセキュリティです。インターネットを通じた犯罪は漠然と怖いというイメージがあります。では、万が一犯罪にあった時はどうすればいいのでしょうか。

全国銀行協会は、オンラインバンキングを通じて不正な引き出しにあった場合、銀行に過失がなかったとしても銀行側は全額補償をするという申し合わせを発表しています。

つまり、オンラインバンキングで不正な引き出しにあっても基本的に困るのは銀行側であり、預金者側ではないということです。

ただし、補償の対象となるのは個人の預金者のみです。法人の場合は対象外なので気を付けましょう。また、補償を受けるにあたっては、銀行に速やかにその事実を通達し、十分な説明を行ったうえで捜査当局にも協力する必要があります。

30日以内に通達しなかった場合は補償の対象外となるので気を付けましょう。

自分でできるセキュリティ対策は?

基本的にオンラインバンキングでの犯罪には保証がついてくることがわかりましたが、それでもやはり犯罪には気を付けるべきです。被害にあわないためには、ウイルス対策ソフトを利用する公式サイトからログインするなどの工夫が必要になります。

特に最近は公式サイトを装った偽のサイトが跋扈しています。そのサイトは本当に公式サイトなのか、ログインする前によく確認してみてください。

また、パスワードは他人に教えてはいけません。生年月日や年齢などの推測されやすそうなものは避けて、ランダムな数字と文字列の組み合わせにしましょう。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)