兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

サブネットマスクの意味と使い方をマスターしよう!

サブネットマスク

サブネットマスクとは、IPアドレスのうち、ネットワークアドレスとホストアドレスを識別するための数値のことです。同じLAN(ローカルエリアネットワーク)の中に相手がいるのかどうかを判断するために使うものです。

 

IPアドレスとは?

IPアドレスとは、ネットワークに接続されている機器を識別するために割り振られる番号のことです。世界中のインターネットやLANには多数の機器が接続されています。すべてのネットワークに接続された機器には、それぞれ固有の番号が割り振られています。この番号をIPアドレスと言います。

IPアドレスは大きく分けて、グローバルIPアドレスと、ローカルIPアドレス(プライベートIPアドレス)に分類することができます。

グローバルIPアドレス

グローバルIPアドレスは、インターネットに直接接続されている機器に割り当てられるIPアドレスのことです。グローバルIPアドレスは固有のものであり、決して重複することはありません。逆に言えば、グローバルIPアドレスを持たない機器は、インターネットに接続することができません。

ローカルIPアドレス

一方、ローカルIPアドレスとは、LANやWANなどの狭い世界で割り当てられるIPアドレスです。自宅や会社でプロバイダ契約は1つしか結んでないけれど、ルーターを使って複数台のパソコンをインターネットに接続しているというのはよくあることです。この場合、グローバルIPアドレスが割り当てられるのは、インターネットに直接つながっているルーターだけです。

一方、パソコンはインターネットには直接つながっていないので、グローバルIPアドレスはありません。このように「インターネットに接続している機器」と接続している機器に割り当てられるのが、プライベートIPアドレスです。プライベートIPアドレスは、ルーターなどがパソコンを区別するのに使います。

IPアドレスは2進数、32ケタで記入されます。たとえば、11000000.10101000.00000000.00000001といった感じです。実際にはこれを8けたごとに区切り、10進数に直して「192.168.0.2」のように表記されることが多いようです。

 

サブネットマスクとは

さて、サブネットマスクとは、前述の通り、IPアドレスのうち、ネットワークアドレスとホストアドレスを識別するための数値のことです。もう少し細かく言うと、IPアドレスのスチの先頭から何ビットをネットワークアドレスに割り当て、何ビットをホストアドレスに割り当てるか定義する数値ともいえます。

インターネットでは全体を小さなネットワークに分割したうえで管理しています。この分割された小さなネットワークのことをサブネットといいます。

IPアドレスのうち、上位にあるビットはネットワークの所在を表すネットワークアドレスに、下位にあるビットはサブネット内でのホストを表すホストアドレスになります。たとえば前述のIPアドレス「11000000.10101000.00000000.00000001=192.168.0.2」も、上位のビットはネットワークアドレス、下位のビットはホストアドレスになります。では、いったいどこまでがネットワークアドレスで、どこからがホストアドレスなのでしょうか。これを決めるのがサブネットマスクです。

サブネットマスクはIPアドレスと同じように、32ケタの2進数から成り立っています。たとえば、「11111111.11111111.11111111.00000000」のような感じです。このサブネットマスクの1の部分がネットワークアドレス、0の部分がホストアドレスを表しています。この場合、上位の24桁までネットワークアドレス、下位の8桁がホストアドレスということになります。

この説明だとちょっとわかりづらいかもしれませんので、実際にIPアドレスを使って説明します。

11000000.10101000.00000000.00000010

というIPアドレスがあるとします。このIPアドレスのサブネットマスクが11111111.11111111.11111111.00000000である場合、上位24桁、つまり11000000.10101000.00000000の部分がネットワークアドレスということになります。余った00000010はホストアドレスです。

サブネットマスクは上記の通り2進数の32ケタであらわしますが、これだと長いので省略して書くことができます。たとえば、上記の場合は上位24桁までがネットワークアドレスなので、「/24」という表記にすることができます。

なお、一つの大きなネットワークを、複数の小さなネットワークに細分化することをサブネット化といいます。サブネット化する場合は、たとえばサブネットマスクを「11111111.11111111.11111111.00000000」から「11111111.11111111.11111111.11110000」に変更するなどして、ネットワークアドレスを長くしていきます。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)