兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

スキャナの意味と使い方をマスターしよう!

スキャナとは対象となるものを読み取ったり調べたりする装置やソフトウェアのことです。ITの世界においては、光学センサーで紙面を読み取って、その情報を画像データとして読み込むイメージスキャナをスキャナということが多いようです。スキャナで読み取る行為をスキャンといいます。また、コンピュータやシステムの保安上の弱点を発見するためのソフトウェアをセキュリティスキャナということがあります。

 

イメージスキャナとは

イメージスキャナ

イメージスキャナとは、紙媒体などの情報を画像データとして読み込む装置のことです。取り込みたい原稿に光を当てて反射光の強さを計測し、そのデータから画像データを作成します。取り込まれたデータは画像ファイルとしてハードディスク内に保存されるので、ペイントなどの画像編集ソフトで加工したり、ファイルに添付したりすることができます。

 

イメージスキャナの方式

現在一般家庭に最も普及しているのは、画像を平面に固定して読み取り装置を動かすフラットヘッドスキャナです。原稿をガラス台に固定して、その下から光を当てることによって原稿を読み込みます。原稿を動かさないので読み取りの制度は非常に高くなりますが、反面躯体が大きくなりやすく、場所を取るという欠点もあります。

また、読み取る対象となるスキャナをドラムという円筒に巻き付けるタイプのスキャナドラムスキャナといいます。フラットヘッドスキャナでは原稿が固定され、読み取り装置が動くのに対して、ドラムスキャナでは読み取り装置が固定されており、原稿が動くという特徴があります。

ドラムスキャナは一般的にフラットヘッドスキャナと比べて高性能であり、高画質化しやすい反面、ドラム上になっているため原稿が固くて折り曲げにくい素材でできていた割り、凹凸があったりする場合には使いづらいという欠点があります。

片手で使える程度のサイズのスキャナハンディスキャナといいます。ドラムスキャナと同じように、読み取り装置が固定されていて原稿を動かします。フラットヘッドスキャナでは読み取りが難しいとされている厚い本や大きな本なども比較的綺麗に読み込める反面、読み取り範囲が狭くなりやすいという欠点もあります。

 

イメージスキャナの選び方

イメージスキャナにもいろいろなものがあるので自分の用途に合ったものを選ぶのが最も大切です。たとえば、持ち運びを優先したい場合はサイズの小さいハンディスキャナがいいですし、普段から固定しておきたいという場合はフラットヘッドスキャナがいいでしょう。

また、スキャナの重要なスペックにはセンサー、解像度、原稿サイズなどがあります。

センサー

センサーの方式にはCISやCCDなどがあります。CISは赤・青・緑の3色のLEDを使ったスキャナで、原稿に密着させたロッドアイレンズを通してセンサーで光を読み取ります。本体のサイズが小さく、省電力で本体価格も安いですが、印刷にやや時間がかかる、開いた本のように読み取り面に密着できないもののスキャンには向かないという欠点があります。

一方、CCD方式は蛍光灯を使ったスキャナです。本体サイズが高くなりやすく、消費電力は多く、本体価格は高くなりやすいですが、読み取り時間が早く凹凸のある原稿も読み取れるという長所もあります。価格優先ならばCIS、機能優先ならばCCDを選ぶといいでしょう。

解像度

解像度とは簡単に言えば画質のことです。解像度の単位はdpi(ドット・パー・インチ、1インチ当たりのドットの数)で、数値が大きいほど画像を詳細に、原画に近い形で取り込むことができます。今のスキャナは非常に解像度が高く、安価なものでも2000~4000dpiはあります。これだけあれば日常の書類の取り込みなどで困ることはまずないといえますが、より高画質で読み取りたいのならばもっと解像度がよいスキャナを選ぶ必要があります。

原稿サイズは一般的にA4まで読み取れるものが多いです。もっと大きい原稿を読み取りたい場合は、より大きなサイズのものを選ぶことになりますが、当然価格も高くなるため注意が必要です。

 

OCR(光学文字認識)とは

OCR(光学文字認識)とは、スキャナで読み込んだ画像情報の文字を識別して、コンピュータ上で扱える文字データに変える仕組みのことです。

たとえば、スキャナで本を読み取る場合について考えます。普通にスキャナで本を読み取った場合、データはグラフィックとして画像形式で保存されます。しかし、OCRで読み取れば、データをテキスト形式で保存することができます。電子書籍の作成には欠かせない技術です。

OCRはあらかじめ登録された文字の情報と読み取ったデータの情報を比較し、類似した形を返す技術なので、複雑な文字や手書きの文字などは正常に読み取れないことがあります。

 

3Dスキャナとは

スキャナは通常書類や本などの2Dのものを取り込むための装置ですが、最近は3Dの立体物を取り込むための3Dスキャナも徐々に普及してきています。物体を3Dのオブジェクトにレーザーやセンサーを当てたりして座標データを採取し、そのデータを立体物に変換してオブジェクトを作成します。

スキャンの方式には対象物にセンサーを当てる接触式と、レーザー光などを当てて対象物との距離を測り、そこからオブジェクトを作り出す非接触式があります。接触式のほうが制度は高くなりやすいですが、測定に時間がかかるという欠点もあります。

3Dスキャナはかつては非常に高額であり、100万円を超えるのが当たり前でしたが、最近は低価格化が進んでおり、10万円を割っている商品も少なくありません。もちろん、安いものは価格もそれなりですが、以前よりはるかに身近な存在になったことは間違いないようです。

 

セキュリティスキャナとは

セキュリティスキャナとは

セキュリティスキャナとは、コンピュータセキュリティ上の脅威に対する安全性を試すプログラムのことです。コンピュータに対して疑似的に攻撃を仕掛け、プログラムの弱点や危険性などを探し出します。あくまでも疑似的な攻撃なのでセキュリティスキャナを使っても実際にコンピュータが危険にさらされることはありません。

セキュリティスキャナの性能はまちまちですが、一般的に広く知られている危険は相当な確率で認知することができます。一方で未知の弱点などに対しては大した抵抗力を持ちません。セキュリティスキャナを使うだけでは不十分であり、セキュリティソフトなどと併用するのが望ましいでしょう。

主なセキュリティスキャナ

ここでは無料で使える代表的なセキュリティスキャナをいくつかご紹介したいと思います。

OpenVAS

オープンソースのセキュリティスキャナです。インストールされているソフトウェア、それらの設定や構成にセキュリティ上のリスクがあるかどうかを調べることができます。テスト設定はNVTという単位で管理されており、またNVTは日々更新されているので最新の危険に対しても対応することができます。

Microsoft Safety Scanner (MSS)

ウイルスやスパイウェア、トロイの木馬などを検出・駆除することができるセキュリティスキャナです。常時監視機能などは備わっておらず、ウイルス定義データの更新もできませんが、緊急時のセキュリティスキャナとしては優秀です。

ノートンセキュリティスキャン

パソコンを毎週自動的にスキャンしてくれるソフトです。ハードディスク上の空き容量を浪費せず、しかも無料で使うことができます。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)