兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

ダウングレードの意味と使い方をマスターしよう!

ダウングレードとは、最新版のソフトウェアをそれよりも古いバージョンのソフトウェアに入れ変える手続きのことをいいます。たとえば、一部のWindows Vistaにはひとつ前のバージョンであるWindows XPを利用する権利が組み込まれていました。このようなダウングレードを行える権利をダウングレード権といいます。
 

なぜダウングレードが必要なのか

 

 
一般的にソフトウェアは最新版のバージョンを利用することが多いです。新しいバージョンの方が機能も優れていることが多いですし、最新版の発売に伴い古いバージョンのサポートが終了することもあるからです。サポートが終わったソフトウェアを使い続けるのはセキュリティ上の危険もあります。
 
しかし、だからと言って常に新しいバージョンを使うのが最善というわけではありません。
 
たとえば、古いパソコンを使っていて新しいバージョンは使えないという場合は、新しいパソコンを購入するまでの間は古いバージョンでつなぐしかありません。もちろん最新のパソコンをすぐに購入するという手もあるのですが、費用のことなど考えますとなかなかそうもいきません。とりあえずパソコンが壊れるまでは古いバージョンを使って、新しいパソコンを買ったら再びアップグレードする、というのは現実的な選択肢といえます。
 
また、新しいバージョンに重大な不具合が発生していた場合も、当然古いバージョンを使うことになります。新しいバージョンだけに不具合があるということはあまりありませんが、新しい機能を搭載している場合などには深刻なバグやセキュリティホールが発生することが十分あり得ます。そのようなときは新しいバージョンを削除し、古いバージョンに戻します。
 
また、もっと単純に古いバージョンのほうが使いやすいという場合も、古いバージョンを利用することになります。たとえば、Windows Vistaが発売されて以降も、windows XPを使い続けたがる顧客は大勢いました。そのため、各メーカーは一部のWindows Vistaの一部の製品に、Windows XPを同梱して販売していました。どちらを使うかはユーザーの手にゆだねられていたわけです。
 

Windows10からWindows 7/8/8.1に戻す方法

 
Windows10の評判は、ネットを見渡す限りではあまりよろしくないようです。ポップアップが表示されたので何となくインストールしてみたけど、やっぱり前のバージョンのほうが使いやすかった……と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
実はWindows10にアップグレードしてから31日以内の場合は、元のバージョンにダウングレードすることができます。ここではその方法を説明いたします。
 
まず、OSをダウングレードするまえに準備をしましょう。正しい方法でダウングレードしても、一部のアプリケーションソフトが失われる可能性があるので、あらかじめバックアップを取っておきましょう。アップグレードの際にUSBメモリを使った場合は、そのUSBメモリを指しながらダウングレードをしてください。
 

ダウングレードの具体的な手順

 

  1. 準備が終わったら、デスクトップ左下の「スタートボタン」を選択し「設定」メニューを選んでください。
  2. 「設定」メニューが開かれたら、その中にある「更新とセキュリティ」をクリックしてください。
  3. 「更新とセキュリティ」が開かれたら、左側のリストから「回復」を選んで、次に右側のメニューからWindows7/8/8.1に戻すのすぐ下の「開始する」を選んでください。
  4. ダウングレードのための準備が始まります。しばらくお待ちください。
  5. 「以前のバージョンに戻す理由をお聞かせ下さい」と表示されたら、適切なものにチェックを入れて「次へ」をクリックしてください。
  6. 「知っておくべきこと」が表示されます。これは簡単に言えば注意事項のようなものです。内容に納得したら「次へ」をクリックします。
  7. 「ロックアウトされないようにご注意ください」が表示されます。元のパスワードを用意して、「次へ」をクリックしてください。
  8. 「Windows10をお試しいただきありがとうございます」が表示されます。「Windows7/8.1に戻す」のボタンをクリックしてください。
  9. ダウングレードが開始します。ダウングレードにかかる時間は、アップグレードの半分よりも少し長い程度と考えてください。

 

ダウングレードが失敗する原因

 
上記の手順を丁寧になぞっても、必ずしもダウングレードが成功するとは限りません。ダウングレードが失敗する原因としては、以下のような理由が考えられます。
 

  1. 「システムファイルのクリーンアップ」を使った
  2. 「このPCを初期状態に戻す」を使った
  3. Cドライブの容量が非常に小さい
  4. ドライブ構成に何らかの変更を加えた

 
このような変更を加えていた場合、正常にダウングレードができません。とりあえずWindows10にアップグレードしたものの、あとで戻す可能性があるという人は、31日間は余計なシステムの変更をしないように心がけてください。
 
もしダウングレードの途中で何らかのエラーが発生し、ダウングレードに失敗した場合、OSが起動不能になってしまうことがあります。こうなった場合は、リカバリーディスクを使って元に戻してやらなければなりません。気を付けましょう。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)