兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

ダウンロードの意味と使い方をマスターしよう!

ダウンロードとは、インターネット上に存在するファイルを、手元のコンピュータのハードディスク内に転送する作業のことをいいます。CD-やDVDなどに保存されているデータをコンピュータに取り込む行為はダウンロードには含まれない(これは単なるコピー)ので注意が必要です。ダウンロードは日本語で「落とす」ということもあります。
 
たとえば、あなたがウェブブラウザでこのウェブサイトを閲覧できているのは、あなたが正常にダウンロードを行えた証といえます。ブラウザソフトは自動的にHTMLファイルや画像ファイルのダウンロードを行ってくれるので、普段われわれがダウンロードを意識することはあまりありませんが……
 

ダウンロードとアップロード

 

 
ダウンロードと対になる概念にアップロードがあります。アップロードとは、手元のコンピュータのハードディスク内にあるファイルを、インターネット上のサーバーにアップロードする行為のことをいいます。たとえば、手元にあるウェブサイトのデータを更新し、それをサーバーに転送することはアップロードに含まれます。
 
一方、そのウェブサイトを自身のパソコンに転送することはダウンロードに含まれます。ダウンロードは、誰かが何らかのファイルをアップロードすることによって初めて成り立つものであるといえます。
 

ダウンロードとインストール

 
ダウンロードと似た概念にインストールがあります。両者の違いは少しわかりにくいので、具体例を交えて説明します。
 
ダウンロードとは前述の通り、インターネット上に存在するファイルを、手元のコンピュータのハードディスクに転送する作業のことです。たとえば、インターネット上に存在しているフリーソフトを自分のパソコンのハードディスクに転送することはダウンロードに含まれます。
 
しかし、ダウンロードしてきたアプリケーションソフトは通常、そのままでは使うことができません。そこで必要になってくるのがインストールです。インストールとは簡単に言えば、ダウンロードしてきたアプリケーションソフトを自身のパソコンで使えるようにする作業のことです。インストールは自動で行われることもありますが、手動で行わなければならないケースの方が多いです。
 
なお、画像や音楽、動画などのファイルは既にインストールされたソフトを使ってみたり聞いたりすることができるので、インストールという作業は必要ありません。
 

いろいろなファイルをダウンロードする方法

 

 

画像の場合

 
オンライン上にある画像をダウンロードする方法はとても簡単です。どんなウェブブラウザを使ってもできますが、ここではFirefoxを使った場合について説明します。
 

  1. お目当ての画像を検索して、ウェブブラウザで表示させます。
  2. その画像にポインタを合わせて、右クリックします。
  3. 様々なメニューが表示されるので、その中から「名前を付けて画像を保存」をクリックします。
  4. 画像を保存する場所を指定して、ファイルのダウンロードを行います。どこを指定すればいいのかわからないという場合は、とりあえずデスクトップに保存することをお勧めします。

 
以上の手順で画像をダウンロードすることができます。今回はFirefoxの場合について説明しましたが、主要なブラウザはほとんど同じ流れでダウンロードが可能です。お目当ての画像があったら、まずは右クリックすることから始めてみましょう。
 

ウェブページ(HTML)の場合

 
HTMLとは、Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略で、Webページを作るための最も基本的な言語といえます。ほぼすべてのウェブページは、HTMLで構成されているといっても過言ではありません。
 
ウェブページ‘(HTML)を保存する方法はとても簡単です。どんなウェブブラウザを使ってもできますが、ここではFirefoxを使った場合について説明します。
 

  1. まず、保存したいウェブページを開きます。
  2. ウェブサイト内の適当なところで右クリックします。
  3. 様々なメニューが表示されるので、その中から「名前を付けてページを保存」をクリックします。
  4. 画像を保存する場所を指定して、ファイルのダウンロードを行います。どこを指定すればいいのかわからないという場合は、とりあえずデスクトップに保存することをお勧めします。

 
以上の手順で画像をダウンロードすることができます。今回はFirefoxの場合について説明しましたが、主要なブラウザはほとんど同じ流れでダウンロードが可能です。お目当てのウェブページ(HTML)があったら、まずは右クリックすることから始めてみましょう。
 

アプリケーションの場合

 
アプリケーションもほとんど画像やHTMLと同じようにダウンロードできますが、前述の通りアプリケーションはダウンロード後にインストールする必要があります。ダウンロードしたアプリケーションソフトをインストールするための一般的な手順は以下の通りです。
 

  1. まず、アプリケーションソフトをダウンロードします。
  2. ダウンロードした、拡張子が「exe」のファイルをダブルクリックして実行します。exeファイルはインストーラ(インストールを行うためのアプリケーションソフト)の一つです。
  3. インストーラが起動されるので、ウィザードに従って使用する機能の選択、インストール先のハードディスクの場所などを選択していきます。
  4. インストール作業が終了すると、フォルダが作成されます。それと同時にほとんどの場合デスクトップにショートカットアイコンが作成されるので、それをクリックしてアプリケーションを起動します。

 
以上の方法で、アプリケーションをインストールすることができます。
 

フリーソフトとシェアウェア、市販ウェアの違い

 
インターネット上からダウンロードできるアプリケーションソフトはおおむね
 

  1. フリーソフト
  2. シェアウェア
  3. 市販ウェア

 
の3つに分類することができます。
 
フリーソフトとはその名の通りフリー、つまり無償で利用することができるアプリケーションソフトです。無償で配布されている理由は様々です。単なる趣味で作っているので無償で配っているというケースもあれば、やがて配布される有償ソフトの布石としてフリーソフトをいわば「撒き餌」にしているケースもあります。どんな理由があるにせよ、無償でソフトが利用できるというのは我々にとってはありがたいことです。
 
無償でフリーソフトをダウンロード/インストールして一通り使ってもしそれがよいものだった場合は、作者に積極的に感想やお礼の連絡をするようにしましょう。作者としても連絡が来ればうれしいですし、新たなフリーソフトを作るモチベーションにもつながります。
 
ちなみに、無償で使うことができるもののいつでも寄付を受け付けているタイプのフリーソフトは「ドネーションウェア」と呼ばれることがあります。
 
シェアウェアとは、無償でダウンロード/インストールができ、一定の期間は利用することができるものの、その後も継続して使用したい場合は代金を支払う必要があるソフトです。試用期間中は機能に制限がかけられていることも珍しくありません。
 
シェアウェアはフリーソフトよりも市販ウェアに近いものですが、価格自体は非常に安価なものが多いです。その分サポートまでは手が回っていないことが多く、利用は基本的に自己責任となります。送金方法はヘルプ画面や付属のテキストファイルなどから確認ができる場合が多いです。
 
市販ウェアは企業や個人などが市販しているソフトウェアの総称です。
 

ダウンロードの速度について

 
何らかのファイルをダウンロードするには通常、ある程度の時間を要します。最近のパソコンは非常に高性能であり、回線も早いものが多いのでウェブページをダウンロードするくらいならばほとんど時間はかかりませんが、サイズの大きなアプリケーションソフトや動画などをダウンロードする場合はダウンロード時間に注意する必要があります。
 
ダウンロードは一般的にそのファイルのサイズが大きく、回線が遅い(重い)ほど時間がかかります。ダウンロードの速度は「bps」という単位で示します。
 
bpsとは「bits per second」の略であり、1秒間に何bitのデータをダウンロードできるかを表したものです。たとえば、100Mbpsの場合は、1秒間に100メガbitを転送することが可能です。8bitは1Byteなので、100Mbpsは100÷8=12.5MB/sと置き換えることができます。この通信速度で10GB(1万MB)のファイルをダウンロードする場合は、1万÷12.5=800秒の時間がかかります。通信速度はbit、ファイルのサイズはByteで表示されることが多いので注意が必要です。
 

回線速度の目安

 
現在多く使われているインターネット回線はADSL、光回線、CATV、3G、4Gの5種類です。
 
ADSLは人口カバー率がほぼ100%という強みがあるものの、回線速度は5~50Mbpsとあまり早くありません。また、ADSLは基地局からの距離に速度が左右されやすいため、理論値通りの速度が出ることはほぼありえないと考えておいたほうがいいでしょう。
 
CATVはケーブルテレビを見られるというメリットがあり、回線速度も最大で160Mbps程度でます。環境にもよりますが、ADSLよりは高速なダウンロードが期待できます。
 
光回線は現在普及している回線の中では最も早く、また人口カバー率も95%とそれなりに高めです。環境によっては1Gbps程度の速度が出ることもあります。
 
3G回線はモバイル回線の一つで、ひとつ前の世代の携帯電話に搭載されていたものです。回線速度は数Mbps~14Mbps程度とADSLにも及びませんが、ウェブページの閲覧くらいならこの程度でも十分快適に行えます。
 
4Gは次世代タイプのモバイル回線で、スマートフォンなどに搭載されています。回線速度は75Mbps~100Mbps程度は出すことができ、従来のモバイル機器では難しかった動画の閲覧などもスムーズに行うことができます。
 

ダウンロードが正常に行えなかった場合の対処法

 
十分な回線速度が確保されているからと言って、必ずダウンロードが成功するとは限りません。コンピュータとはかくも不安定なものなのです。その場合は、以下の手段を試してみてください。
 

ダウンロードの履歴を消去する

 
ダウンロードの履歴がたまっていると、新たなダウンロードが正常に行われないことがあります。その場合はダウンロード履歴を一度全部消去してみてください。消去の方法はウェブブラウザによって異なるので、わからないという場合は検索してみましょう。
 

ダウンロード先を変更する

 
ダウンロード先のフォルダに何らかのトラブルがある場合、正常にダウンロードが行われないことがあります。そのような場合はダウンロード先を変更してみてください。
 

セキュリティソフトを見直す

 
セキュリティソフトの設定を高度なものにしている場合、ダウンロードが自動で妨げられることがあります。そのような場合は、ダウンロードしようとしているファイルが安全なものであると確かめたうえで、セキュリティソフトを一時的に無効にしてみてください。無効にし続けるのは非常に危険なので、ダウンロードが終わったらすぐに有効にしましょう。
 

ダウンロードしたファイルが見つからない場合

 
ダウンロードには成功したものの、保存場所をよく確認していなかったせいでどこにファイルがあるのかわからなくなってしまった……という経験がある方は少なくないかと思います。
 
ファイルの場所がわからないという場合は、検索機能で探し出すのが一般的です。Windows8/8.1の場合はチャームを表示して「検索」を選び、ファイル名を入力して検索します。Windows7の場合は「スタート」をクリックし、検索ボックスに探しているファイルのファイル名を入力します。
 
正しいファイル名がわからなくなってしまったときは、ワイルドカードを使ってください。ワイルドカードとは「?」(クエスチョンマーク)および「*」(アスタリスク)のことです。
 
「?」は任意の一文字を表すワイルドカードです。たとえば、「???.txt」と指定して検索すると、「000.txt」、「abc.txt」などのテキストを探すことができます。
 
「*」は任意の一文字以上の文字列を表すワイルドカードです。たとえば、「*.txt」と指定して検索すると、「000.txt」、「abcde.txt」、「0123456789.txt」などのテキストを探すことができます。
 
ファイルの保存場所がたびたびわからなくなってしまうという場合は、vファイルを保存する場所が不適切な可能性があります。たいていのウェブブラウザにはファイルの保存場所を指定する機能がありますので、忘れづらい場所を指定しておくといいでしょう。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)