兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

ダビング10の意味と使い方をマスターしよう!

ダビング10とは、デジタルテレビ放送における著作権保護のためのコピーガードの一種です。コピーガードとは各種メディアの無断複製を防止するために、著作権者が自ら著作物に対してコピーの制限をかけることです。
 

コピーワンスとダビング10

 

 
コピーガードの種類の一つに「コピーワンス」があります。BSデジタル放送における有料チャンネルや、スカパーなどで適用されています。言葉の響きからして「1回だけコピーができる」というタイプのコピーガードに思えますが、実質的にはディスクへの移動(ムーブ)ができるだけで、コピーをすることはできません。HDDに記録されている番組をDVDやブルーレイディスクに移すと、その時点でHDD上の録画は消去されてしまいます。
 
もともとは地上デジタル放送でも採用されていましたが、1回ムーブするだけでその後は一切編集などができなくなってしまうことから大変不評であり、機器の売り上げは芳しくありませんでした。そんな中で妥協策として提案されたものが、この「ダビング10」です。
 
これに対して「ダビング10」とは、地上デジタル放送やBSデジタル放送で採用されているコピーガードです。コピーワンスにおいては1回ディスクに移動しただけでHDD内のデータは消えてしまいますが、ダビング10では10回ディスクに移動することができます。つまり、実質的には9回コピーすることができます。ただし、コピーしたデータをさらにコピーする(いわゆる孫コピー)はできないので注意が必要です。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)