兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

タグの意味と使い方をマスターしよう!

タグとは、荷札、付箋といった意味を持つ英単語です。ITの世界においては以下のような意味を持ちます。
 

  1. HTMLファイルに書かれている、装飾やリンクを行うための記号や文字列のこと
  2. ブログサイトや動画サイト、SNSなどで見られる機能の一つ

 

1の意味について

 

 
ウェブサイトはHTMLという言語を使って作られています。HTMLとはHyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップランゲージ)の略です。HTMLでウェブサイトを構築する際には、HTMLタグを使ってコンテンツを表示させる必要があります。HTMLタグを適切に使えば、文字を太字にしたり、下線を引いたり、見出しを付けたり、リンクを貼ったりすることができます。
 
HTMLタグは例えば「xxxx」のように記述します。装飾したり、リンクを貼ったりする文字列を二つのタグで囲むというイメージですね。左側のタグを開始タグ、右側のタグを終了タグといい、終了タグの先頭には「/」を付けるというのがルールです(一部終了タグが存在しないタグもあります)。
 

代表的なHTMLタグの種類

<html> </html>
この文書はHTML文書ですよ、と宣言するためのタグです。ウェブサイトを構成するHTMLファイルには通常、必ずこのHTMLタグが入っています。
<head> </head>
ヘッダー部分を定義するためのタグです。ヘッダーにはHTML文書の種類、言語、スタイルシートの種類などを記載します。ヘッダー部分が画面に表示されることはありません。
<title> </title>
タイトルを定義するためのタグです。各ウェブページにはタイトルを設定することができます。たとえば、「http://www.yahoo.co.jp/」には「YAHOO!JAPAN」というタイトルが設定されています。タイトルは何を付けてもかまいませんが、SEO的な観点からみればタイトルは極力ウェブページの内容と関連付ける必要があります。
<body> </body>
ホームページの内容を記載するためのタグです。この<body></body>タグに挟まれた部分が実際に表示されます。
<h1~h6> </h1~/h6>
見出しを設定するためのタグです。
<h1></h1>タグが最も大きく、
<h6></h6>タグが最も小さくなります。
見出しの中に見出しを付けることによって、文書を階層構造にすることもできます。
<img>
画像を表示するためのタグです。<img>タグには終了タグがありません。
<a></a>
リンクを設定するためのタグです。
 
HTMLタグにおける属性とは
 
HTMLタグには、属性を追加することができます。属性とはHTMLタグに対する細かい指定をするためのものです。ここではタグを例に、属性について解説したいと思います。
<img border="1" src="../images/img001.jpg" width="256" height="128" alt="イラスト2" title="野球">

border属性

 
画像にボーダー、つまり枠線を付けるための属性です。上記の例ではborder=”1”となっていますが、個々の数値を変えれば枠線を補足したり、太くしたりすることができます。
 

src属性

 
表示する画像ファイルを指定するための属性です。imgタグを使用する場合は、必ずsrc属性を指定する必要があります。
 

width属性

 
画像の横幅をピクセル、若しくはパーセンテージで指定するための属性です。数値が大きくなるほど、画像が大きく表示されます。
 

height属性

 
画像の高さをピクセル、若しくはパーセンテージで指定するための属性です。数値が大きくなるほど、画像が大きく表示されます。
 

alt属性

 
画像の代わりに表示される文字列を指定する属性です。画像が表示できないブラウザ(現代にはほとんどありませんが)を考慮したものです。
 

title属性

 
タイトルを指定するための属性です。
 
このように、HTMLではタグと属性を活用することによって、様々な表現を行うことができます。タグの種類は何百とあるためすべてを覚えることは不可能でしょうが、特に使用頻度が高いものについては暗記しておいたほうが便利です。
 

2の意味について

 

 
ブログサイト、SNSサイト、動画サイトなどでもタグが使われることがあります。この場合のタグとは、ブログやSNSにした投稿、動画の内容などを大まかに分類するための文字列と言い換えることができます。
 
ニコニコ動画においては、動画を投稿する際に付随情報である「タグ」を設定することができます。たとえば、動画の内容がプロ野球の名場面集だった場合は「野球」「プロ野球」「好プレー」などのタグを設定して投稿します。ニコニコ動画にはタグを検索する機能があるので、「野球」というタグで検索した人の目に動画を見てもらうことが可能になります。
 
タグは動画投稿者だけでなく、視聴者も設定することができます。また、タグはクリックすることができます。野球タグをクリックすると、野球タグが張られた動画が一覧形式で表示されます。
 
また、ブログを投稿する際にもタグを設定することができます(できないブログもあります)。たとえば、新宿で食事をした際には「新宿」「ランチ」などのタグをつけて投稿します。読者がそのタグをクリックすれば、同じタグが付けられた記事が一覧形式で表示されます。
 
こうしたタグの機能は一見フォルダと似ていますが、フォルダは1つの動画や記事に1つしか設定することができません。しかし、タグは1つの動画に複数指定することができるので、より細かい分類が可能になります。
 

ハッシュタグとは

 
Twitterには「ハッシュタグ」という機能があります。ハッシュタグとは、ツイートをカテゴリ分けするための機能です。Twitterでは「#横浜アリーナ」のように、ある文字列の前に「#」を付けて投稿すると、その記号付きの発言が一覧形式で閲覧できるようになります。同じイベントに参加している人、同じ番組を見ている人、同じ趣味を持っている人などを検索するうえで非常に便利な機能です。実際にイベントに参加できなくてもイベントの臨場感を楽しめるという利点もあります。
 
ハッシュタグはツイッター独自の機能であり、ユーザーは申請や登録なしでだれでも利用することができます。
 

ハッシュタグの注意点

 
ハッシュタグはすべての日本語(平仮名、カタカナ、漢字)、およびアルファベットが利用できます。ただし、記号や句読点、スペースなどは使用できません。使えない文字を使おうとすると、そこでハッシュタグが途切れてしまうので注意が必要です。記号は省略するなどして文字列をつなげるようにしましょう。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)