兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

タワー型パソコンの意味と使い方をマスターしよう!

タワー型パソコンとは、その名の通り背が高くて奥行きがあるタイプのパソコンのことです。デスクトップパソコンの一種であり、その中でも特に躯体が大きいことが特徴です。
 

タワー型パソコンの特徴

 

 
タワー型パソコンは前述の通り、デスクトップパソコンの中でも特に躯体が大きいことが特徴です。そのため、本体の外側はもちろん、内側のCPUやハードディスクなども自由に組み合わせることが可能です。あとからディスクドライブを差し替えたり、グラフィックボードを差し替えたりすることもできるなど、拡張性はかなり高いです。状況に応じていろいろといじれるため、機能にこだわりたい方にはお勧めです。それでいてノートパソコンや省スペース型パソコンと比べると価格も安いので、初心者向けでもあります。
 
欠点はサイズが大きい故に置き場所に困ること。駆動時のファン音も大きく、狭いスペースでは持て余すことになりかねません。
 
また、国内のメーカーはほとんどタワー型パソコンを生産していないため、買う場合は基本的に海外ショップもしくはBTOで購入することになります。
 

タワー型以外のタイプと特徴

 

省スペース型パソコンの特徴

 
省スペース型パソコンとは、その名の通りスペースを取らないことを念頭に置いて作られたパソコンです。拡張性はタワー型パソコンと比べると劣っていますが、ノートパソコンよりは上です。設置するスペースもあまりとらないため、タワー型パソコンを置く場所がないという場合にはこちらがおすすめです。
 
性能、機能、価格のいずれにもとがった部分はありませんが、全体的に高水準でまとまっているので総じて使いやすいタイプといえます。
 
ただし、こちらも国内メーカーではあまり見られない方式でもあります。
 

一体型パソコンの特徴

 
一体型パソコンはノートパソコンに近いタイプのデスクトップパソコンです。パソコンとディスプレイ、キーボードなどがすべて一体になっているので、設置スペースを取らず、接続ケーブルも少なくなるので狭い机の上などにも置きやすいです。デザイン的にも武骨なタワー型パソコンや無難な省スペース型パソコンとは一線を画しており、インテリアとしても優秀です。
 
一方で小さい分拡張性には非常に乏しく、あとから機能を追加するのは難しいです。また、多くの機器が一体化しているため、いずれか一部分化が壊れてしまった場合は全体を修理に出さなければならないのも欠点といえます。
 
現在の国内メーカーでは最も多くみられる形式であり、海外メーカーも最近は一体型パソコンの販売に力を入れてきています。BTOなどではあまり見られない形式です。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)