兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

データカードの意味と使い方をマスターしよう!

データカードとは、インターネット接続を実現するためのカード型の機器のことです。ノートパソコンの専用スロットに装着して利用するのが一般的ですが、最近はUSB接続型のデータカードも増えてきています。USB接続型のデータカードは一見USBメモリと形状が似ていますが(データカードのほうが少し大きいです)、その機能は全く異なるものなので注意が必要です。
 

 

なぜデータカードが必要なのか

 
インターネットを行うためには通常、インターネット回線と無線LANや有線LANが必要です。自宅やオフィスなど、回線がある場所でインターネットをする場合はそれでもいいのですが、時にはインターネット回線がない外出先でインターネットに接続したくなることもあるはずです。そんな時に役立つのがこのデータカードです。データカードを使うと、インターネット回線がない場所でも、インターネットに接続することができます。
 
データカードによる通信は、いわゆる公衆無線LANと違って利用にあたり通信キャリア(携帯電話会社)との契約が必要になります。利用料金がかかる分、信頼性やセキュリティに関してはこちらのほうが上です。通信キャリアの人口カバー率はどこも99%前後と非常に高いので、データカードさえ持っていれば、人がいる地域なら日本全国ほぼどこでもインターネットに接続できるといえます。
 

データカードによるインターネット接続の速度

 
以前はデータカードによる通信にPHSの回線を利用していました。この回線速度はせいぜい128kbpsといったところで、テキストしかない電子メールやウェブサイトの表示には便利だったものの、画像や音声、動画などのサイズの大きなデータをやり取りするのには力不足でした。
 
最近は携帯電話やスマートフォン用の回線を利用しているため、通信速度も数十Mbpsにまで上昇しており、ADSLと同レベルの速さでインターネットに接続することができます。
 

ポケットWi-Fiとは

 
ポケットWi-Fiは、ノートパソコンやタブレット端末でデータ通信を行うための機器です。基本的にはデータカードと同じですが、データカードを利用する際にはドライバをインストールする必要があるのに対して、ポケットWi-Fiはそのような作業をする必要がありません。また、データカードはパソコンがないと使えないのに対して、ポケットWi-Fiはゲーム機などでもOKという違いもあります。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)