兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

データ圧縮の意味と使い方をマスターしよう!

データ圧縮とは、データを一定の手順に従って容量を削減し小さくする作業のことです。データ圧縮されたファイルを元に戻すことを解凍、もしくは伸長といいます。
 

 

データ圧縮の法則

 
データ圧縮は一定の手順に基づいて行われます。たとえば、「AAAAAAAAAAACCCCCCCCCXXXXXXXSSSSSSSSFFF」を「A11C9X7S8F3」という文字列に置き換えれば、大幅に文字数を少なくすることができます。圧縮の方法にはいろいろありますが、大別すると「可逆圧縮」と「不可逆圧縮」の二つに分類することができます。
 
可逆圧縮とは、解凍すれば全く前と同じ状態に戻すことができる圧縮形式のことです。一方、不可逆圧縮とは、解凍しても前と全く同じ状態には戻すことができない圧縮形式のことです。可逆圧縮は数学的な方法を使ってファイルサイズを小さくしているのに対して、日可逆圧縮ではいらない部分を削ることによってファイルを小さくしています。
 
これだけみれば可逆圧縮のほうが不可逆圧縮よりも優れているように見えますが、非可逆圧縮は可逆圧縮よりも圧縮率が高い(よりファイルサイズを小さくすることができる)という特徴があります。オンラインでデータをやり取りする場合などは、非可逆圧縮を選択したほうがいいことも多々あります。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)