兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

データの意味と使い方をマスターしよう!

データとは、ITの分野においては、プログラムの処理対象となる情報のことです。コンピュータ内に存在するか、もしくはコンピュータに取り込める形式になったデータを電子データといいます。データを集めたものをファイルといいます。
 

 

データ量の単位

 
データ量の基本となる単位が「ビット」です。デジタルデータというものは、1と0の2進数から成り立っています。従ってデータ量の最小値は1桁になります。この1桁の最小単位が「ビット」です。しかし、ビットはサイズが小さすぎて実務上扱いにくいため、通常は「バイト」という単位が使われます。1バイトは8ビットです。
 
8ビット、つまり8桁の2進数は2の8乗=256通りを表現することができます。半角文字は1文字は8ビットであらわされます。アルファベットの数は大文字と小文字合わせて52文字、ここに数字や記号などを加えても256文字には達しないので、1バイト(8ビット)あれば英語圏で使われている文字はすべて表現することができます。
 
一方、日本語圏や中国語圏で使われている漢字(日本の場合はひらがな、カタカナなども含む)は1バイト(8ビット)ではすべて表現することができません。常用漢字だけでも1800個以上はあるからです。そのため、全角文字を表す場合は2バイト(16ビット)を使います。これならば256×256=65536文字を表現することができます。
 

データ量の接頭語

 
バイトの前には接頭語が付きます。接頭語とは単位の前に着けられる、10のn乗を示す文字のことです。たとえば、日常生活でもよくつかわれる「K(キロ)」は、単位の1000倍を表す接頭語です。1Kgは1000g、1Kmは1000mといった感じです。これと同じように、1KBは1000Bとなります。
 
接頭語はキロ(K)、メガ(M)、ギガ(G)、テラ(T)、ペタ(P)と増えていきます。1000倍になるごとに、新しい接頭語に切り替わります。最新の家庭用ハードディスクの容量はおおむね数TB程度です。1TBのハードディスクには、300ページ、10万文字の文庫本約500万冊分のテキストを収録することが可能です。
 

ビッグデータとは

 
ビッグデータとは巨大なデータのことです。明確な定義はありませんが、大体1000TB=1PBを超えるようなサイズのデータについて、ビッグデータということが多いようです。ビッグデータの明確な定義はなく、マーケティング用語として使用されることが多いようです。ビッグデータを使ってマーケティングなどを行うのが今のトレンドです。たとえば、Amazonは膨大な顧客データをビッグデータとして活用し、そこから利用者に対しておすすめ商品を表示するなどしています。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)