兵庫県西宮市のWEBサービスソリューションならHeartsN|全国対応
0798-78-2212 営業時間10:00~17:00(土日祝休)

テンキーの意味と使い方をマスターしよう!

テンキーとは、キーボードの右側にある数字が並んだキーのことです。「0」「1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」「9」の10個のキーがメインの構成になっているので、テンキーと呼ばれています。
 

 

テンキーの構成と意義

 
テンキーは上記のとおり、「0」から「9」までのキーと、いくつかの記号(「+」「-」「/」「*」「.」など)から構成されています。多くの場合は、右下に少し大きいEnterキーが配列されていることが多いです。
 
テンキーは、数字や計算式が片手でも効率よく入力できるようにと設定されたものです。数字はキーボードのメイン部分の1番上の列からも入力することができますが、「1」から「5」までは左手、「6」から「0」までは右手で入力することになるため、長い数列を打つのには向いていません。テンキーはすべて右手だけで入力できるため、長い数列も効率的に入力することができます。
 

Num Lockキーとは

 
Num Lockキーはテンキー部分の中にあるキーの一つです。もともとはユーザーが数字を入力しやすいようにと配置されたものですが、間違って押してしまいやすい位置にあるうえ、これがオンの時とオフの時では全く挙動が変わってしまうという厄介なキーとして扱われています。
 
Num Lockキーを押すと、Num Lockのオン/オフの切り替えができます。Num Lockがオンになっているときは、テンキーを数字を打つためのキーとして使用することができます。一方、Num Lockがオフになっているときは、テンキーをカーソル移動のためのキーとして使用することができます。キーボード上にはNum Lockがオンになっているかオフになっているかを示すランプがあります。
 
このことを知っていないと、数字を打つつもりでテンキーを使ったのにカーソルが動いてしまうということもあり得るので注意しましょう。テンキーで数字が打てなくなったら、まずはNum Lockキーを確認するようにしてください。
 

テンキーがないキーボード

 
キーボードの中には、テンキーが省略されているキーボードもあります。特に小型のノートパソコンの場合は、省スペース化のためにテンキーは省略されるのが普通です(大画面のノートパソコンの場合はテンキーが付いてくることもあります)。テンキーがない場合はキーボードの1列目で数字を入力していくことになりますが、あとから外付けのテンキーを追加することも可能です。外付けのテンキーはUSBなどで接続が可能で、価格は安いものならば1000円を切っています。

あなたのお悩み聞かせて下さい! WEBマーケティングならHeartsNへ
ご相談、お見積りは無料! まずは気軽にご相談下さい。
0798-78-2212 受付時間:平日10:00~17:00(土日祝休)